人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 19日

法華経を読ませ給はむ人は文字と思食事なかれ、すなわち仏の御意なりと説いた【木絵二像開眼之事】

■出筆時期:文永九年(1272年)五十一歳御作
■出筆場所:佐渡国にて。
■出筆の経緯:大聖人は前年の文永八年九月十二日の「竜ノ口の法難」の後、流罪先の佐渡へ向かうまでの約一ヶ月間、相模依智の本間重連(佐渡守護代)の屋敷に止めおられます。そして十月九日に [唱法華題目抄]で予告した通り、南妙法蓮華経を中央に配した最初の紙幅の御本尊を顕されます。

本書では、当時の弟子・信徒も本尊については釈迦仏の立像と理解していた中、南妙法蓮華経を主題とする紙幅のご本尊を末法の本尊として帰依するよう導くために、下記の御文で草木成仏の原理を説いておられます。
「されば法華経をよませ給はむ人は文字と思食事なかれすなわち仏の御意なり<中略>法華経を心法とさだめて三十一相の木絵の像に印すれば木絵二像の全体生身の仏なり、草木成仏といへるは是なり」

尚、依智の本間重連の屋敷でしたためたご本尊は、消息を書かれる小筆では文字が小さいため、楊の枝を砕いて筆として使われたと伝えられておられます。
■ご真筆:身延久遠寺に存在していたが、明治八年の大火で焼失。

[木絵二像開眼之事 本文]

仏に三十二相有(いま)す皆色法(しきほう)なり、最下の千輻輪(せんぷくりん)より終り無見頂相(むけんちょうそう)に至るまでの三十一相は可見有対色(かけんうたいしき)なれば書きつべし作りつべし、梵音声(ぼんのんじょう)の一相は不可見無対色(ふかけんむたいしき)なれば書く可らず作る可らず。

仏滅後は木画の二像あり、是れ三十一相にして梵音声かけたり故に仏に非ず又心法かけたり、生身(しょうしん)の仏と木画の二像を対するに天地雲泥(うんでい)なり、何ぞ涅槃の後分には生身の仏と滅後の木画(もくえ)の二像と功徳斉等(さいとう)なりといふや、又大瓔珞経(ようらくきょう)には木画の二像は生身の仏には・をとれりととけり、木画の二像の仏の前に経を置けば三十二相具足するなり。

但心なければ三十二相を具すれども必ず仏にあらず、人天も三十二相あるがゆへに、木絵の三十一相の前に五戒経を置けば此の仏は輪王とひとし、十善論と云うを置けば帝釈とひとし、出欲論(しゅつよくろん)と云うを置けば梵王とひとし全く仏にあらず。

又木絵二像の前に阿含経を置けば声聞とひとし、方等般若の一時一会の共般若(ぐはんにゃ)を置けば縁覚とひとし、華厳・方等・般若の別円を置けば菩薩とひとし、全く仏に非らず。大日経・金剛頂(こんごうちょう)経・蘇悉地(そしっち)経等の仏眼・大日の印真言は名は仏眼・大日といへども其の義は仏眼大日に非ず、例せば仏も華厳経は円仏には非ず名にはよらず、三十一相の仏の前に法華経を置きたてまつれば必ず純円の仏なり云云。故に普賢(ふげん)経に法華経の仏を説て云く「仏の三種の身は方等より生ず」文。

是の方等は方等部の方等に非ず法華を方等といふなり。
又云く「此の大乗経は是れ諸仏の眼なり諸仏是に因つて五眼を具することを得る」等云云。

法華経の文字は仏の梵音声の不可見無対色を可見有対色のかたちと・あらはしぬれば、顕形の二色となれるなり。滅せる梵音声(ぼんのんじょう)かへつて形をあらはして文字と成つて衆生を利益するなり。人の声を出すに二つあり、一には自身は存ぜざれども人をたぶらかさむがために声をいだす是は随他意(ずいたい)の声、自身の思を声にあらはす事ありされば意(こころ)が声とあらはる意は心法・声は色法・心より色をあらはす、又声を聞いて心を知る色法が心法を顕すなり、色心不二なるがゆへに而二(にに)とあらはれて仏の御意(みこころ)あらはれて法華の文字となれり、文字変じて又仏の御意となる、されば法華経をよませ給はむ人は文字と思食(おぼしめす)事なかれすなわち仏の御意(みこころ)なり。

故に天台の釈に云く「請を受けて説く時は只是れ教の意を説く教の意は是れ仏意仏意即是れ仏智なり、仏智至て深し是故に三止四請(さんしししょう)す、此の如き艱難あり余経に比するに余経は則易し」文此の釈の中に仏意と申すは色法ををさへて心法といふ釈なり、法華経を心法とさだめて三十一相の木絵の像に印すれば木絵二像の全体生身の仏なり、草木成仏といへるは是なり。


故に天台は「一色一香中道に非ざる無し」と云云、妙楽是をうけて釈に「然るに亦倶(とも)に色香中道を許せども無情仏性は耳を惑わし心を驚かす」云云、華厳の澄観(ちょうかん)が天台の一念三千をぬすみて華厳にさしいれ法華華厳ともに一念三千なり、但し華厳は頓頓・さきなれば法華は漸頓(ぜんとん)のちなれば華厳は根本さき(魁)をしぬれば法華は枝葉等といふて我理をえたりとおもへる意(こころ)山の如し・然りと雖も一念三千の肝心・草木成仏を知らざる事を妙楽のわらひ給へる事なり、今の天台の学者等・我一念三千を得たりと思ふ、然りと雖も法華をもつて或は華厳に同じ或は大日経に同ず其の義を論ずるに澄観の見(けん)を出(い)でず善無畏(ぜんむい)・不空(ふくう)に同ず、

詮を以て之を謂わば今の木絵二像を真言師を以て之を供養すれば実仏に非ずして権仏なり権仏にも非ず形は仏に似たれども意は本の非情の草木なり、又本の非情の草木にも非ず魔なり鬼なり、真言師が邪義・印真言と成つて木絵二像の意と成れるゆへに例せば人の思変じて石と成り倶留(くる)と黄夫石(こうふせき)が如し、法華を心得たる人・木絵二像を開眼供養せざれば家に主のなきに盗人(ぬすびと)が入り人の死するに其の身に鬼神入るが如し、今真言を以て日本の仏を供養すれば鬼入つて人の命をうばふ鬼をば奪命者(だつみょうしゃ)といふ魔入つて功徳をうばふ魔をば奪功徳(だつくどく)者といふ、鬼をあがむるゆへに今生には国をほろぼす魔をたと(尊)むゆへに後生には無間獄に堕す。

人死すれば魂去り其の身に鬼神入り替つて子孫を亡ぼす、餓鬼(がき)といふは我をくらふといふ是なり、智者あつて法華経を讃歎して骨の魂となせば死人の身は人身・心は法身(ほっしん)・生身得忍(しょうしんとくにん)といへる法門是なり。

華厳・方等・般若の円をさとれる智者は死人の骨を生身得忍と成す、涅槃経に身は人身なりと雖も心は仏心に同ずといへるは是なり、生身得忍の現証は純陀なり、法華を悟れる智者・死骨を供養せば生身即法身(しょうしんそくほっしん)・是を即身といふ、さりぬる魂を取り返して死骨に入れて彼の魂を変えて仏意と成す成仏是なり。

即身の二字は色法(しきほう)成仏の二字は心法・死人の色心を変えて無始(むし)の妙境・妙智と成す是れ則ち即身成仏なり、故に法華経に云く「所謂諸法如是相死人の身如是性同く心如是体同く色心等」云云、又云く「深く罪福の相に達して遍く十方を照したまう微妙の浄き法身・相を具せること三十二」等云云。

上の二句は生身得忍・下の二句は即身成仏・即身成仏の手本は竜女是なり・生身得忍の手本は純陀(じゅんだ)是なり。

by johsei1129 | 2019-10-19 11:44 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24563880
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 上行菩薩を上首として娑婆世界の...      日蓮に怨をなせし人人は先ず必ず... >>