人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 10日

撰時抄愚記 上五 時鳥(ほととぎす)は「本尊掛けたか」と鳴く


一 
()(ほと)(とぎす)は春ををくり等

此の下は第三、「况や」は(けつ)なり云云。

「時鳥」は時を知る鳥なり。此の鳥の異名多し。(あるい)子規(しき)、或は杜鵑(とけん)、或は杜宇(とう)、或は(しょっ)(こん)、或は蜀魄(しょくはく)等なり。中に於て今、(ほと)(とぎす)の字を用うるは少しく(こころ)るか。

朗詠(ろうえい)並びに(したごう)和名(わみょう)に時鳥を以て郭公(かっこう)と為す。並びに()に非ず。郭公は()()なり。本草(ほんぞう)綱目(こうもく)()()等の意(しか)なり云云。(こっ)(きょう)一に(これ)を弁ずるが(ごと)し云云。又時鳥と書く事は耕作(こうさく)の時を知って教ゆる故に、別して時鳥と云うなり。

問う、この鳥は春()くとせんや。夏鳴くとせんや。

答う、国に()って同じからず。若し漢土(かんど)に於ては多くは春鳴くと見えたり。文選(もんぜん)二十八・二十三の註に云く「時鳥は春鳴く鳥なり」と云云。()(ぶん)後集(ごしゅう)四十四・六には「春至れば(すなわ)ち鳴く」と云云。又春より夏に至って鳴く(ところ)あり。本草(ほんぞう)四十九・十四に()(ちん)云く「春暮れて即ち鳴き、夏に至って(もっと)(はなは)だし」云云。古詩に云く「如かず、口を()じて残春を過さんには」と云云。

()国に於ては(ろう)(げつ)(ころ)より鳴き始めて、三月の時分には鳴き()むなり。「()(さい)の余春に()くこと(ようや)(まれ)なり」と云う是れなり。三体抄絶句(ぜっく)三十一に云云。

(まさ)に日本に於ては夏至れば則ち鳴くなり。故に詩歌(しいか)(とも)に夏の部に入るるなり。今は和国に約する故に「春を送り」と云うなり。是れ(しか)しながら暖国・寒国の異なりのみ。啓蒙(けいもう)の義は恐らく理を(つく)すに非ざるなり。

問う、()鳥の鳴きよう如何(いかん)

答う、本草に時珍が云く「()の鳴くことは不如(ふにょ)帰去(ききょ)()うが(ごと)」云云。古詩の意皆(しか)なり。又(ごん)抄に云く「早作(そうさく)田過(でんか)()()(じゅく)と鳴くなり」云云。和俗に云く「本尊()けたかと鳴くなり」云云。

(いわ)く、又()人に()って之を聞くこと同じからず。旅客の耳には専ら不如(ふにょ)()と聞こゆ、故に古郷を忍ぶなり。或る宮方(みやかた)の田舎に流されて(えい)じたもう。

鳴けば聞く聞けば都の恋しきに 此の里過ぎて鳴け(ほとと)(ぎす) 云云。

其の里には今に至って此の鳥鳴かずとなん申し伝え(はべ)り。又農人の耳には「早作田過時不熟」と聞く、故に()鳥の鳴くを()って農事を(つと)むるなり。事文後集に云く「(おも)うに(でんか)は其の鳴くを(うかが)いて則ち農事を(おこ)す」と云云。

又我等が耳には「本尊()けたか」と聞くなり。

御遺状に云く「日興が身に()て給わるところの弘安二年の大本尊、日目に(これ)を授与す。本門寺に掛け奉るべし」云云。この鳥の(こころ)に云く「最早(もはや)、広宣流布の時も(きた)るべし、本門寺を建立して本尊掛けたか、本尊掛けたか」と鳴くなり。(しか)れば広宣流布の時を待つ鳥なるが故に時の鳥と云うか云云。此れは是れ観心の釈の(こころ)なるのみ。

之に(ちな)んで思い(いだ)せることあり。季吟(きぎん)発句(ほっく)に云く

一声(ひとこえ)に 本迹いかに 時鳥 云云。

()(かつ)て之を伝え聞いて笑って云く

(こえ)は本 (ひびき)は迹よ 時鳥 云云。

古歌に云く「山彦(やまびこ)の答うる山の時鳥 一声(ひとこえ)()けば二声(ふたこえ)ぞきく」。又古詩に云く「雲は老樹を()空山(くうざん)(うち)千声(せんしょう)彷彿(ほうふつ)として一度(ひとたび)飛ぶ」云云。之を思え。此れは是れ本迹(ほんじゃく)の釈の意なるのみ。

一 (にわ)(とり)(あかつき)をまつ

(また)是れ時を知る鳥なり。即ち第五の徳なり。()(ぶん)後集(ごしゅう)に云く「(にわとり)に五徳あり。冠を(いただ)くは文なり。(けづめ)を以て()つは()なり。(いさ)んで(たたか)うは勇なり。食を見て相呼ぶは(じん)なり。夜を守って時を失わざるは(しん)なり」と云云。

問う、この鳥の鳴きよう如何(いかん)

答う、一説に(いわ)く「夜(すで)(あかつき)に近し、我が(すね)即ち(こご)ゆ。里人早く驚きて、夢の世を厭離(おんり)せよと鳴くなり」と。一説に云く「()()()と鳴くなり」と。

故に当山に(おい)ては、鶏鳴(けいめい)に即ち起きて(ほら)を吹き、(かね)()いて勤行を(つと)むるなり。是れ(にわとり)の時を知るが故なり云云。
 彼
(なお)時を失わず、二三子(にさんし)、何ぞ山谷(さんこく)に似たるや。(こく)()に云く「(あさ)(とり)(もよお)せども起きず(ふすま)(よう)して松風(しょうふう)()く」と云云。(つつし)みて(おこた)ること(なか)

 
                    つづく

撰時抄愚記上 目次



by johsei1129 | 2015-10-10 20:35 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24557908
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Gosho 聖人知三世事一 A...      仮字の御書を先師の恥辱として焼... >>