人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 04日

観心本尊抄文段 終  唯(ただ)仏力・法力を仰ぎ、応(まさ)に信力・行力を励むべし。一生空しく過(すご)して万劫悔ゆること莫(なか)れ。


 第十一段 総括

一 一念三千を()らざる等

此の下は大段の第三、(けつ)(もん)なり。

文意に謂く、末法今時の理即但妄(たんもう)の凡夫は自受(じじゅ)(ゆう)(しん)念三千を()らず。故に久遠元初の自受用身、大慈悲を(おこ)して妙法五字の本尊に自受用身即念三千の相貌(そうみょう)図顕(ずけん)し、末代幼稚(ようち)(くび)()けしむ等となり。

(あるい)は云く、妙法五字の袋の内に理の念三千の(たま)(つつ)むと云云。或は云く、妙法五字の袋の内に本果(ほんが)修得の事の念三千の珠を裹むと云云。

(いわ)く、妙法五字の袋の内に久遠元初の自受用身即念三千の珠を裹むなり。当に知るべし、久遠元初の自受用とは(れん)()聖人の御事なり。久末(くまつ)一同(いちどう)之を思い合すべし。

問う、妙法五字の()(たい)何物ぞや。

(いわ)く、念三千の本尊是れなり。

一念三千の本尊、其の(たい)何物ぞや。

謂く、(れん)()聖人是れなり。

問う、若し(しか)らば()()如何(いかん)

答う、(しばら)く能所に(わか)つも実は是れ同じきなり。例せば「()心に十法界を()す乃至(ただ)心は是れ切法、切法は是れ心」等の如し云云。

我等()本尊を信受し、南無妙法蓮華経と唱え奉れば、我が身即ち念三千の本尊、蓮祖聖人なり。「幼稚(ようち)(くび)()けさしめ」の意、(まさ)しく(ここ)に在り。故に(ただ)仏力・法力を仰ぎ、(まさ)に信力・行力を励むべし。(むな)しく(すご)して万劫(ばんこう)()ゆること(なか)れ云云。



()れ時享保(きょうほう)(かのと)(うし)霜月(しもつき)上旬

          
                 富士山大石寺二十六世 日寛 在判



文段下 目次




by johsei1129 | 2015-10-04 13:08 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24536814
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 法華証明抄一 The Proo...      観心本尊抄文段 下三九  「天... >>