人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 23日

観心本尊抄文段 下二五  本因妙の教主釈尊とは是れ蓮祖聖人の御事なり。


 問う、下の文に云く「事行の一念三千の南無妙法蓮華経の五字七字並びに本門の本尊」等云云。()る人「本門本尊」の四字を以て色相(しきそう)荘厳(しょうごん)の仏と為す。此の如何(いかん)

答う、是れ当抄の大意に迷う故なり。(いわ)く、下の文の意は、南岳(なんがく)天台(てんだい)(ただ)()()を論じて(いま)(かん)(じんの)本尊(ほんぞん)を行ぜざるなり。「事行の南無妙法蓮華経」とは(すなわ)ち観心なり。「本門本尊」は即ち是れ本尊なり。故に「本門本尊」の四字は即ち(さき)に明かす所の遺付(いふ)の本尊の御事なり。(なん)是れ色相荘厳の仏ならんや。

問う、佐渡抄に云く「天台・伝教(でんぎょう)は之を()べて本門の本尊と四菩薩と戒壇(かいだん)と南無妙法蓮華経の五字と之を残したもう乃至今(すで)に時来れり、四菩薩出現したまわんか」等云云。此の文は如何(いかん)

答う、此れは是れ三大秘法の中に本尊に(おい)て人法に開す。故に「本門の本尊と四菩薩」と云うなり。「本門の本尊」とは人(そく)法の本尊なり。「四菩薩」とは法(そく)人の本尊なり。故に「今既に時来れり、四菩薩出現」等と云うなり。当に知るべし本地(ほんち)自受(じじゅ)(ゆう)(ほう)(しん)垂迹(すいじゃく)上行の再誕日蓮」なり。或る人、名異(みょうい)(たい)(どう)の相伝を知らざるが故に法を(そし)り人を(そし)る。(あわ)れむべし、愍れむべし云云。

問う、三大秘法抄に云く「寿量品に建立(こんりゅう)する所の本尊は五百塵点(じんてん)当初(そのかみ)より已来(このかた)此土(しど)有縁(うえん)深厚(じんこう)本有(ほんぬ)無作(むさ)(さん)(じん)の教主釈尊是れなり」と云云。此の如何(いかん)

答う、此の文の意に(いわ)く、我が内証の寿量品に建立する所の本尊は即ち是れ久遠元初の自受(じじゅ)(ゆう)(しん)、本因妙の教主釈尊是れなりと云うなり。故に「五百塵点の当初(そのかみ)」と云う。即ち勧文抄の「五百塵点劫の当初、凡夫にて御坐(おわ)せし時」等の文と同じきなり。或る人、人法体(じん)()を知らざるが故に(びゅう)()少なからず云云。

問う、報恩抄に云く「日本・乃至(ないし)(いち)閻浮提(えんぶだい)同に本門の教主釈尊を本尊とすべし、所謂(いわゆる)宝塔の内の釈迦・多宝、(そのほか)の諸仏・(ならび)に上行等の四菩薩脇士(きょうじ)となるべし」等云云。此の文は如何。

答う、(また)是れ人法体の深旨を(あらわ)す明文なり。其の故は、此の文は人に約して之を(ひょう)し、法に約して之を(しゃく)する故なり。(いわ)く「本門の教主釈尊を本尊とすべし」とは、是れ人に約して之を(ひょう)するなり。「所謂(いわゆる)宝塔(ほうとう)の内の釈迦・多宝」等とは、是れ法に約して之を釈するなり。是れ(すなわ)ち「所謂」已下(いか)の釈の文は、全く当抄の十界()()念三千の本尊に同じきが故なり。(ただ)文は少しく略すれども其の意は全く同じきなり。

(まさ)に知るべし「本門の教主釈尊」とは、即ち是れ久遠元初の自受用身、本因(ほんにん)(みょう)の教主釈尊なり。此の本因妙の教主釈尊の当体は、全く是れ十界()()念三千の妙法五字なるが故に本尊と為すべしと釈し給う文意なり。(あに)人法体(じん)()(あら)ずや。

問う、()(しか)らば本因妙の教主釈尊を本尊と為すべし、何ぞ(れん)()を本尊と為すべけんや。

答う、本因(ほんにん)(みょう)の教主釈尊とは是れ蓮祖聖人の御事なり。

故に血脈抄に云く「我等が内証(ないしょう)の寿量品とは脱益寿量の文底の本因妙の事なり、其の教主は(それがし)なり」云云。

故に次下に三徳有縁を明かして云く「日蓮が慈悲(じひ)(こう)(だい)ならば南無妙法蓮華経は万年の(ほか)、未来までもなが()()べし(親徳)日本国の一切衆生の盲目をひら()ける功徳あり(師徳)無間地獄の道をふさ()ぎぬ(主徳)()の功徳は伝教・天台にも超へ竜樹・迦葉にもすぐれたり」云云。(あに)(さん)(とく)分明(ふんみょう)に非ずや。故に本尊と(あが)め奉るなり。

当に知るべし、「教主釈尊」の名は一代に通ずれども、()(たい)に六種の不同あり。謂く、蔵・通・別・迹・本・文底なり。名同(みょうどう)(たい)()の相伝、之を思え。第六の文底の教主釈尊は即ち是れ(れん)()聖人なり。名異体同の口伝(くでん)之を思え云云。


つづく


文段下 目次



by johsei1129 | 2015-09-23 22:39 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24500693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 観心本尊抄文段 下二六  「法...      観心本尊抄文段 下二四 >>