人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 11月 09日

いかなる大科ありとも法華経をそむかせ給はず候いし<略>仏にならせ給うべしと説いた【四条金吾殿御返事】

【四条金吾殿御返事(所領書)】
■出筆時期:弘安元年(1278年)十月 五十七歳御作
■出筆場所:身延山中の草庵にて。
■出筆の経緯:四条金吾はこの年の一月頃、主君江馬氏から御勘気を解かれ、さらに十月に入り所領を再び賜ることができたと大聖人に見参し報告したことへの返書となっております。金吾は与えられた所領が、以前与えられた所領ではなく佐渡の辺鄙な場所であったことに不満を感じ愚痴を述べたようです。

それに対し大聖人は「よくよく其の処をしりて候が申し候は・三箇郷の内に・いかだと申すは第一の処なり。田畠はすくなく候へども・とく(徳)ははかりなしと申し候ぞ」と、わざわざ人づてに調べて徳はかなりある所領であると金吾をなだめておられます。さらに「よきところと申し給はば又かさねて給はらせ給うべし。わろき処・徳分なしなむど候はば天にも人にも・すてられ給い候はむずるに候ぞ、御心へあるべし」と記し、主君の計らいであるから、不満を言わないで良い所であると申しておれば更に所領の加増もあるであろうと諭されておられます。実際に大聖人の本書の指導通り、その後金吾は本来の所領も再度賜っておられます。

更に竜の口の法難の時、四条金吾が大聖人が乗った馬の口にとりつき相模依智までお供をしたことを称え「日蓮が御勘気をかほりし時・馬の口にとりつきて鎌倉を出でてさがみのえちに御ともありしが、一閻浮提第一の法華経の御かたうどにて有りしかば<中略>法華経はいのりとはなり候いけるぞ。あなかしこ、あなかしこ、いよいよ道心堅固にして今度・仏になり給へ」と、金吾を励まされておられます。これら大聖人の金吾に対する思いは、単に一人の信徒に対するものを超えた我が子に対する慈愛そのものであり、仏とは人間を超越した存在というより最も人間らしい存在であると感じざる得ません。
■ご真筆:現存しておりません。
[四条金吾殿御返事(所領書) 本文]

鵞目一貫文給い候い畢んぬ、御所領・上(かみ)より給わらせ給いて候なる事まこととも覚へず候、夢かとあまりに不思議に覚へ候。

御返事なんどもいかやうに申すべしとも覚へず候、其の故はとのの御身は日蓮が法門の御ゆへに日本国・並にかまくら中(じゅう)御内の人人きうだち(公達)までうけず・ふしぎにをもはれて候へば其の御内にをはせむだにも不思議に候に御恩をかうほらせ給へば・うちかへし・又うちかへしせさせ給へばいかばかり同れいどもも・ふしぎとをもひ・上(かみ)もあまりなりとをぼすらむ。

さればこのたびは・いかんが有るべかるらんと・うたがひ思い候つる上、御内の数十人の人人うつた(訴)へて候へばさればこそいかにも・かなひがたかるべし。あまりなる事なりと疑候いつる上・兄弟にもすてられてをはするに・かかる御をん(恩)面目申すばかりなし。

かの処は・とのをか(殿岡)の三倍とあそばして候上さどの国のものの・これに候がよくよく其の処をしりて候が申し候は・三箇郷の内に・いかだと申すは第一の処なり。田畠はすくなく候へども・とく(徳)ははか(量)りなしと申し候ぞ、二所はみねんぐ千貫・一所は三百貫と云云、かかる処なりと承はる、なにとなくとも・どうれい(同隷)といひ・したしき人人と申しす(捨)てはてられて・わらひよろこびつるにとのをかに・をとりて候処なりとも御下し文(ぶみ)は給(たび)たく候つるぞかしまして三倍の処なりと候。いかにわろくとも・わろきよし人にも又上(かみ)へも申させ給うべからず候、よきところ・よきところと申し給はば又かさねて給はらせ給うべし。わろき処・徳分なしなむど候はば天にも人にも・すてられ給い候はむずるに候ぞ、御心へあるべし。

阿闍世王は賢人なりしが父を・ころせしかば即時に天にも・すてられ大地も・やぶれて入りぬべかりしかども・殺されし父の王・一日に五百りやう五百りやう(輌)数年が間・仏を供養しまいらせたりし功徳と後に法華経の檀那となるべき功徳によりて天もすてがたし地もわれず・ついに地獄にをちずして仏になり給いき、とのも又かくのごとし・兄弟にもすてられ同れいにも・あだまれ・きうだちにもそば(窄)められ日本国の人にも・にくまれ給いつれども、去ぬる文永八年の九月十二日の子丑の時・日蓮が御勘気をかほりし時・馬の口にとりつきて鎌倉を出でてさがみのえち(依智)に御ともありしが、一閻浮提第一の法華経の御かたうどにて有りしかば梵天・帝釈もすてかねさせ給へるか、仏にならせ給はん事も・かくのごとし。

いかなる大科ありとも法華経をそむかせ給はず候いし、御ともの御ほうこう(奉公)にて仏にならせ給うべし、例せば有徳国王の覚徳比丘の命(いのち)にかはりて釈迦仏とならせ給いしがごとし、法華経はいのり(祈)とはなり候いけるぞ。あなかしこ・あなかしこ、いよいよ道心堅固にして今度・仏になり給へ
御一門の御房たち又俗人等にも・かかるうれしき事候はず、かう申せば今生のよく(欲)とをぼすか、それも凡夫にて候へば・さも候べき上(うえ)慾をも・はなれずして仏になり候ける道の候けるぞ。

普賢経に法華経の肝心を説きて候「煩悩を断ぜず五欲を離れず」等云云、天台大師の摩訶止観に云く「煩悩即菩提・生死即涅槃」等云云、竜樹菩薩の大論に法華経の一代にすぐれて・いみじきやうを釈して云く「譬えば大薬師の能く毒を変じて薬と為すが如し」等云云、「小薬師は薬(くすり)を以て病(やまい)を治す大医は大毒をもつて大重病を治す」等云云。

弘安元戊寅年十月 日    日 蓮 花押
四条金吾殿御返事

by johsei1129 | 2019-11-09 22:16 | 四条金吾・日眼女 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24496653
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 日本国中が飢饉で苦しむ中、絶え...      日蓮が法門は第三の法門なり&l... >>