人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 21日

日本国の第一の不思議には釈迦如来の国に生れて此の仏を捨<略>阿弥陀仏につけりと断じた【四条金吾許御文】

【四条金吾許御文】
■出筆時期:弘安三年(1280年)十二月十六日 五十九歳御作
■出筆場所:身延山中の草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は四条金吾夫妻が、新年に大聖人に着てもらいとして「白小袖一つ綿十両」をご供養されたことへの返書となっております。

大聖人は、鎌倉武士で信徒の椎地四郎から「金吾が主君の江馬氏に大聖人の法門」説いていたと聞かされ「よにすずしく覚え候へ」と喜ばれ、「此の御引出物に大事の法門一つかき付けてまいらせ候」と記し、「八幡大菩薩をば世間の智者愚者大体は阿弥陀仏の化身と申し候ぞ<中略>其れ実には釈迦仏にておはしまし候ぞ」と記し、八幡大菩薩は釈迦仏の化身、つまり垂迹であると断じられておられます。さらに「日本国の第一の不思議には釈迦如来の国に生れて此の仏をすてて一切衆生皆一同に阿弥陀仏につけり、有縁の釈迦をばすて奉り無縁の阿弥陀仏をあをぎたてまつりぬ」と記し、阿弥陀仏にすがる当時の衆生の信仰の姿勢を一刀両断に切り捨てておられます。

さらに文末では「濁水は浄けれども月の影を移す事なしと見えて候、されば八幡大菩薩は不正直をにくみて天にのぼり給うとも、法華経の行者を見ては争か其の影をばをしみ給うべき、我が一門は深く此の心を信ぜさせ給うべし、八幡大菩薩は此にわたらせ給うなり、疑い給う事なかれ疑い給う事なかれ」と、法華経信仰を貫くならば、必ず釈迦仏の化身である八幡大菩薩が守るので疑うことなかれと諭されておられます。
■ご真筆:現存しておりません。
[四条金吾許御文 本文]

白小袖一つ綿十両慥に給候い畢んぬ、歳もかたぶき候又処は山の中風はげしく庵室はかごの目の如し、うちしく物は草の葉きたる物はかみぎぬ身のひゆる事は石の如し、食物は冰の如くに候へば此の御小袖給候て頓て身をあたたまらんとをもへども明年の一日とかかれて候へば迦葉尊者の・足山にこもりて慈尊の出世五十六億七千万歳をまたるるもかくやひさしかるらん。
 
これはさてをき候ぬ、しゐぢ(椎地)の四郎がかたり申し候御前の御法門の事うけ給わり候こそよにすずしく覚え候へ、此の御引出物に大事の法門一つかき付けてまいらせ候、八幡大菩薩をば世間の智者愚者大体は阿弥陀仏の化身と申し候ぞ、其れもゆへなきにあらず中古の義に或は八幡の御託宣とて阿弥陀仏と申しける事少少候、此れはをのをの心の念仏者にて候故にあかき石を金と思いくひせをうさぎと見るが如し、其れ実には釈迦仏にておはしまし候ぞ、其の故は大隅の国に石体の銘と申す事あり、一つの石われて二つになる、一
つの石には八幡と申す二字あり、一つの石の銘には「昔霊鷲山に於て妙法蓮華経を説き今正宮の中に在りて大菩薩と示現す」云云、是れ釈迦仏と申す第一の証文なり、此れよりもことにまさしき事候、此の八幡大菩薩は日本国人王第十四代仲哀天皇は父なり、第十五代神功皇后は母なり、第十六代応神天皇は今の八幡大菩薩是なり、父の仲哀天皇は天照太神の仰せにて新羅国を責めんが為に渡り給いしが新羅の大王に調伏せられ給いて仲哀天皇ははかたにて崩御ありしかば、きさきの神功皇后は此の太子を御懐妊ありながらわたらせ給いしが、王の敵をうたんとて数万騎のせいをあい具して新羅国へ渡り給いしに、浪の上船の内にて王子御誕生の気いでき見え給う、其の時神功皇后ははらの内の王子にかたり給ふ、汝は王子か女子か王子ならばたしかに聞き給へ、我は君の父仲哀天皇の敵を打たんが為に新羅国へ渡るなり、我が身は女の身なれば汝を大将とたのむべし、君日本国の主となり給うべきならば今度生れ給はずして軍の間腹の内にて数万騎の大将となりて父の敵を打たせ給へ、是を用ひ給はずして只今生れ給うほどならば海へ入れ奉らんずるなり、我を恨みに思い給うなと有りければ、王子本の如く胎内にをさまり給いけり、其の時石のをびを以て胎をひやし新羅国へ渡り給いて新羅国を打ちしたがへて還つて豊前の国うさの宮につき給いここにて王子誕生あり、懐胎の後三年六月三日と申す甲寅の年四月八日に生れさせ給う是を応神天皇と号し奉る、御年八十と申す壬申の年二月十五日にかくれさせ給ふ、男山の主我が朝の守護神正体めづらしからずして霊験新たにおはします今の八幡大菩薩是なり。

 又釈迦如来は住劫第九の減人寿百歳の時浄飯王を父とし摩耶夫人を母として中天竺伽毘羅衛国らんびに(蘭毘尼)薗と申す処にて甲寅の年四月八日に生れさせ給いぬ、八十年を経て東天竺倶尸那城跛提河の辺にて二月十五日壬申にかくれさせ給いぬ、今の八幡大菩薩も又是くの如し、月氏と日本と父母はかわれども四月八日と甲寅と二月十五日と壬申とはかわる事なし、仏滅度の後二千二百二十余年が間月氏漢土日本一閻浮提の内に聖人賢人と生るる人をば皆釈迦如来の化身とこそ申せどもかかる不思議は未だ見聞せず。
 
かかる不思議の候上八幡大菩薩の御誓いは月氏にては法華経を説いて正直捨方便となのらせ給い、日本国にしては正直の頂にやどらんと誓い給ふ、而るに去ぬる十一月十四日の子の時に御宝殿をやいて天にのぼらせ給いぬる故をかんがへ候に此の神は正直の人の頂にやどらんと誓へるに正直の人の頂の候はねば居処なき故に栖なくして天にのぼり給いけるなり。

日本国の第一の不思議には釈迦如来の国に生れて此の仏をすてて一切衆生皆一同に阿弥陀仏につけり、有縁の釈迦をばすて奉り無縁の阿弥陀仏をあをぎたてまつりぬ、其の上親父釈迦仏の入滅の日をば阿弥陀仏につけ又誕生の日をば薬師になしぬ、八幡大菩薩をば崇るやうなれども又本地を阿弥陀仏になしぬ、本地垂迹を捨つる上に此の事を申す人をばかたきとする故に力及ばせ給はずして此の神は天にのぼり給いぬるか、但し月は影を水にうかぶる濁れる水には栖ことなし、木の上草の葉なれども澄める露には移る事なればかならず国主ならずとも正直の人のかうべにはやどり給うなるべし。

 然れば百王の頂にやどらんと誓い給いしかども人王八十一代安徳天皇二代隠岐の法皇三代阿波四代佐渡五代東一条等の五人の国王の頂にはすみ給はず、諂曲の人の頂なる故なり、頼朝と義時とは臣下なれども其の頂にはやどり給ふ正直なる故か、此れを以て思うに法華経の人人は正直の法につき給ふ故に釈迦仏猶是をまほり給ふ、況や垂迹の八幡大菩薩争か是をまほり給はざるべき、浄き水なれども濁りぬれば月やどる事なし、糞水なれどもすめば影を惜み給はず、濁水は清けれども月やどらず糞水はきたなけれどもすめば影ををしまず、濁水は智者学匠の持戒なるが法華経に背くが如し、糞水は愚人の無戒なるが貪欲ふかく瞋恚強盛なれども法華経計りを無二無三に信じまいらせて有るが如し、涅槃経と申す経には法華経の得道の者を列ねて候に・・蝮蠍と申して糞虫を挙げさせ給ふ、竜樹菩薩は法華経の不思議を書き給うに・虫と申して糞虫を仏になす等云云、又涅槃経に法華経にして仏になるまじき人をあげられて候には「一闡提の人の阿羅漢の如く、大菩薩の如き」等云云。

此等は濁水は浄けれども月の影を移す事なしと見えて候、されば八幡大菩薩は不正直をにくみて天にのぼり給うとも、法華経の行者を見ては争か其の影をばをしみ給うべき、我が一門は深く此の心を信ぜさせ給うべし、八幡大菩薩は此にわたらせ給うなり、疑い給う事なかれ疑い給う事なかれ、恐恐謹言。

十二月十六日                 日 蓮 花押
四条金吾殿女房御返事

by johsei1129 | 2015-09-21 18:37 | 四条金吾・日眼女 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24492901
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< いかなる大科ありとも法華経をそ...      身延入山から七年目の大坊建設の... >>