人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 15日

末代悪世に入れば須臾の間も法華経は信じがたき事にて候ぞ、と説いた【上野殿御返事(法華経難信事)】

【上野殿御返事(法華経難信事)】
■出筆時期:弘安四年(1281年)三月十八日 六十歳御作
■出筆場所:身延山中の草庵にて。
■出筆の経緯:本書は上野殿(南条時光)に、四ヶ月前に亡くなられた末の弟・故五郎のことに触れられて与えられた消息ですが、本書を著した五日前にも、時光の母上野尼御前に故五郎のことに触れられて慰めの消息を送られておられます。七ヶ月前に時光は五郎を伴って身延の草庵に見参しており、その時大聖人にお目通りされておられます。
大聖人はその時の五郎の印象が強かったのか、五郎の思い出に触れられた消息は本書を含め八通も残されておられます。

本書で大聖人は「火に入りてやけぬ者はありとも<略>末代悪世に入れば須臾の間も法華経は信じがたき事にて候ぞ<略>法華経の御ゆへに、あやしのとが(尖)にあたらんとおもふ人は候はぬぞ。身にて心みさせ給い候いぬらん。たうとし・たうとし」と記し、熱原の法難以降、時光が幕府の圧力に怯むことなく、農民信徒の外護にあたった功績を最大限に讃えられておられます。
尚、冒頭の神主は法華経に帰依したことで非難され時光が保護した浅間神社の神主と思われます。※参照[上野殿御返事]
■ご真筆:現存しておりません。古写本:日興上人筆(富士大石寺蔵:非一般公開)

[上野殿御返事(法華経難信事) 本文]

蹲鴟(いも)一俵給び了んぬ。
又かうぬし(神主)のもとに候、御乳塩(白馬と思われます)一疋、並びに口付一人候。

さては故五郎殿の事は・そのなげき(嘆き)ふりずとおもへども、(故五郎殿の)御けさんは・はるかなるやうにこ
そ・おぼえ候へ。なをも、なをも法華経をあだむ事は・たえつとも見え候はねば、これよりのちも・いかなる事
か候はんずらめども、いままでこらへさせ給へる事まことしからず候。

仏の説いての給はく、火に入りて・やけぬ者はありとも、大水に入りてぬれぬものはありとも、大山は空へとぶ
とも、大海は天へあがるとも、末代悪世に入れば須臾の間も法華経は信じがたき事にて候ぞ。

徽宗皇帝は漢土の主じ・蒙古国に・からめとられさせ給いぬ。隠岐の法王は日本国のあるじ・右京の権大夫殿に・せめられさせ給いて・島にてはてさせ給いぬ。法華経のゆへにてだにも・あるならば即身に仏にもならせ給いなん。

わづかの事には身をやぶり命をすつれども、法華経の御ゆへに・あやしのとが(尖)にあたらんとおもふ人は候はぬぞ。身にて心みさせ給い候いぬらん。たうとし・たうとし、恐恐謹言。

弘安四年三月十八日       日 蓮 花 押
上野殿御返事

by johsei1129 | 2015-09-15 22:08 | 南条時光(上野殿) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24472893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 僧も俗も尼も女も一句をも人に語...      観心本尊抄文段 下一七 >>