人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 12日

開目抄愚記 下三八  竜の口の法難、興師は佐州まで御伴(おとも)なり。


  第四十七段  不求自得の大利益を明かす

一 涅槃(ねはん)経に云く等

  此の下は不求(ふぐ)自得(じとく)利益(りやく)を明かす、(また)三あり。初めに経を引き、次に「此の経文」の下は釈、三に「我並びに」の下は(けっ)(かん)。初めの経を引くに、亦二と為す。初めに(たとえ)、次に「文殊」の下は法に合す。

一 此の経文は章安(しょうあん)

  此の下は釈、亦二あり。初めに譬の文を釈して以て身に()て、次に「引業」の下は法に合する中の文を(しゃく)す。

一 引業(いんごう)と申すは等

  此の下は法に合する中の文を釈す、亦二あり。初めに「梵天(ぼんてん)を求めざれども梵天(おのずか)ら至る」の文を釈し、次に「又仏」の下は「解脱(げだつ)を求めずと雖も解脱自ら至る」の文を(しゃく)す。

  問う、「引業(いんごう)」とは其の義、如何。

  答う、倶舎(くしゃ)等に引業・満業という事あり。引業は(また)総報業と名づけ、満業は(また)別報業と名づく。(いわ)く、殺生(せっしょう)の業に()って(とう)(かつ)()し、五逆等に依って無間(むけん)に堕し、戒善に()って人天に生まるる等、是れを引業というなり。(おのおの)其の果報を受けると(いえど)も、亦(おのおの)其の中に果報の勝劣(しょうれつ)同じからず、是れ満業に依るなり。

又此の「梵天(ぼんてん)(おのずか)ら至る」の釈中にも亦二あり。初めに(じょう)()通因(つういん)()げ、「今此の貧女」の下に相似(そうじ)の別因を明かす。

一 (また)仏になる道は等

  此の下は「解脱を求めずと雖も」等を(しゃく)す、亦二あり。初めに諸宗を(えら)び、次に「而れども一代」の下は直ちに経説に()る。

一 石女(うまずめ)に子のなきがごとし

  「うまずめ」とよむなり。補註(ふちゅう)十一・二十一に云く「男女の(こん)無きが故に石女と云うなり」と。

一 不求(ふぐ)解脱(げだつ)

  此の文は証前(しょうぜん)起後(きご)なり。

一 我(なら)びに我が弟子

  此の下は第三結勧の中に、初めに弟子、次に檀那(だんな)なり。

一 皆()てけん等

  佐州より鎌倉辺の御弟子等を御推察(すいさつ)の御文章ならんか。興師は佐州まで御伴(おとも)なり。自筆日記に云云。

        
                 つづく
開目抄愚記下 目次



by johsei1129 | 2015-09-12 21:18 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24462454
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 女人の成仏は法華経により候べき...      開目抄愚記 下三七 >>