人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 30日

開目抄愚記 下二九 「み(見)ん人いかに・をぢぬらむ」とは「不愛身命」の志の決定(けつじょう)せざる人なり。


一 
(かえる)(とし)の二月・雪中にしるして有縁(うえん)の弟子へをくれば等

  (すで)(たつの)(くち)を御(のが)れ、十三日(うま)の時に()()()きたまい、本間六郎が家に入りて二十余日御逗留(とうりゅう)、十月十日に依智を御立ち、同じき二十八日に佐渡に著き給い、十一月(つい)(たち)より塚原に移りたまい、()(ころ)より御(かんが)え、翌年二月御述作し、即ち中務(なかつかさ)三郎(さぶろう)()()(もん)(たま)うなり。佐渡抄十四・九、往いて見よ。

  問う、弟子は定めて是れ有縁(うえん)なり。(あに)弟子の無縁なるものあるべけんや。

  答う、弟子は皆是れ有縁なり。就中(なかんずく)此の三郎左衛門兄弟四人は、(たつの)(くち)の御難の時、一度に腹を切らんと思い定めし人々なり。故に有縁の中の有縁の弟子なり。(まさ)に知るべし「有縁の弟子」とは本仏有縁の弟子なるのみ。

一 ()そろしくて・()そろしからず

  啓蒙(けいもう)に云く「(すで)に幽霊の書なるが故に恐ろしき義なり。年来(としごろ)有縁の師なる故にをそろしからず。常の他人(これ)を見ば、幽霊の書なるが故にいかにをぢぬらん」と云云。

  今(いわ)く、経に云く「濁劫(じょっこう)悪世の中には、多く(もろもろ)恐怖(くふ)有らん乃至(ないし)身命(しんみょう)を愛せず、(ただ)無上道を惜しむ」と云云。此の文の意なり。所謂(いわゆる)、当世の諸人を経文に引き会せ、(まのあ)たり法華の怨敵(おんてき)無間(むけん)罪人(ざいにん)なりと書したまえば、(まこと)に濁劫悪世の中に多く諸の恐怖(くふ)あらん故に、一往は(おそろ)しきに()たり。(しか)りと(いえど)も、日蓮は「不愛身命(しんみょう)但惜(たんじゃく)無上道」の法華経の行者(ぎょうじゃ)なり、何の恐怖(おそろ)しきことか有らん。故に「をそろしくて・をそろしからず」と云云。略して(さき)に之を示す云云。啓蒙の義、笑うべし、笑うべし。「ん人いかに・をぢぬらむ」とは「不愛身命」の志の決定けつじょうせざる人なり。

一 ()れは釈迦・多宝等

  問う、所述付嘱(ふぞく)の意、如何(いかん)

  答う、今(まさ)に引く所の勧持品の経文は、釈迦・多宝・十方の諸仏の、未来日本国の当世に(まさ)に禅・律等の三類の強敵(ごうてき)あって法華の行者日蓮を(あだ)むべきの為体(ていたらく)を写したもう明鏡なり。(しか)れば(すなわ)ち勧持品の経文は、全体が日蓮が身の上の事なり。故に()の経文を日蓮が形見と見るべしとなり。亦復(まさ)に知るべし、勧持品の経文を形見と見るは、(すなわ)ち当抄を形見と見るの義なり。是れ則ち当抄に勧持品の経文を引いて之を(しゃく)する故なり。

一 勧持(かんじ)品に云く等

此の下は次に(まさ)しく経を引いて之を(しゃく)す、文(また)二と()す。初めに経を引き、次に「鷲峯」の下は之を釈す。初めの経を引く、亦二あり。初めに当品(とうほん)を引き、次に「涅槃」の下は助証(じょしょう)。初めの当品を引く、亦二あり。初めに経を引き、次に釈を引く。

一 (ただ)願はくは(うらおも)したもうべからず等

  初めに経を引く、文(また)三と為す。初めの一行は総じて時節を論じ、次に「諸の乃至有らん」の下は別して三類を明かし、三に「濁劫」の下は誹謗(ひぼう)所以(ゆえん)を明かす。

一 (もろもろ)の無智の人(乃至)有らん等

  此の下は別して三類を明かす、(おのずか)ら三あり。初めの一行は俗衆(ぞくしゅ)増上慢(ぞうじょうまん)、次に「悪世」の下の一行は道門増上慢、三に「或は乃至有らん」の下の五行は僣聖(せんしょう)増上慢なり。

一 濁劫(じょっこう)悪世の中等

  此の下は三に誹謗(ひぼう)所以(ゆえん)を明かす、亦二あり。初めに外魔の身に入るが故に、次に「濁世」の下は内心愚癡(ぐち)なるが故なり。三十五・四十五十六・五已下

一 涅槃(ねはん)経の九に云く等

  会疏(えしょ)九・二十一。「(また)云く、()の時」は同巻三十八。

一 世間の荘厳(しょうごん)文飾(もんじき)無義(むぎ)の語を安置す

  啓蒙(けいもう)に点ずるなり。

一 六巻の般泥洹(はつないおん)

  第六巻五の「我如来と」とは、本経に「我(なん)(だち)と」と云うなり。「如来」の二字、伝写の(あやま)りなり。

一 涅槃経に云く、(われ)涅槃の(のち)

  会疏(えしょ)第四十三。

一 袈裟(けさ)()ると雖も(なお)猟師の如く細かく()(おもむ)ろに行くこと猫の(ねずみ)(うかが)うが如し

  点ずるが如し。

           
つづく


開目抄愚記下 目次



by johsei1129 | 2015-08-30 17:28 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)


<< 立正安国論一  On secu...      開目抄愚記 下二八 「魂魄(こ... >>