人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 11月 10日

但南無妙法蓮華経の七字のみこそ仏になる種には候へ、と説いた【九郎太郎殿御返事】

【九郎太郎殿御返事】
■出筆時期:弘安元年(1278年)十一月一日 五十七歳御作
■出筆場所:身延山中の草庵にて。
■出筆の経緯:本消息を送られた九郎太郎は駿河国富士方面の信徒で、南条時光殿の父(故)南条兵衛七郎の近親、あるいは兄弟ではないかと思われます。

本消息で大聖人は、身延山中ではなかなか手に入らない珍しい芋、栗、はじかみ(生姜)、焼米を供養されたことを「法華経は仏にまさらせ給う法なれば供養せさせ給いて、いかでか今生にも利生にあづかり後生にも仏にならせ給はざるべき」と、九郎太郎の志を讃えられるとともに「念仏は多けれども仏と成る道にはあらず<中略>但南無妙法蓮華経の七字のみこそ仏になる種には候へ」記し、法華経信仰を貫くよう励まされておられます。 
■ご真筆:山梨県 身延山久遠寺所蔵(1紙)。
f0301354_2251276.jpg

真筆本文箇所:冒頭から~かいをたもちなんどする人はををけれど 迄。
[九郎太郎殿御返事 本文]

これにつけても・こうえのどの(故上野殿)の事こそをもひいでられ候へ。

いも一駄.くり・やきごめ・はじかみ(生姜)給び候いぬさてはふかき山にはいもつくる人もなし・くりもならず・はじかみもをひず・ましてやきごめみへ候はず、たとえくりなりたりともさるのこずへ(梢)か(枯)らす、いえのいもはつくる人なし・たとえつくりたりとも・人にく(憎)みてた(給)び候はず、いかにしてか・かかるたか(高)き山へは・きたり候べき。

それ山をみ(見)候へば・たかきよりしだいにしも(下)えくだれり、うみをみ候へば・あそ(浅)きより・しだいにふかし、代をみ候へば三十年・二十年・五年・四三二一・次第にをとろへたり、人の心もかくのごとし、これはよ(世)のすへ(末)になり候へば山には・まがれるきのみとどまり・の(野)には・ひききくさのみをひたり、よには・かしこき人はすくなく・はかなきものはをほし、牛馬のちちをしらず・兎羊(とよう)の母をわきまえざるがごとし。
 仏御入滅ありては二千二百二十余年なり・代すへ(末)になりて智人次第にかくれて山のくだれるがごとく・くさ(草)のひききににたり、念仏を申しかい(戒)をたもちなんどする人は・ををけれども法華経をたの(恃)む人すくなし、星は多けれども大海をてらさず・草は多けれども大内の柱とはならず、念仏は多けれども仏と成る道にはあらず・戒は持てども浄土へまひる種とは成らず、但(ただ)南無妙法蓮華経の七字のみこそ仏になる種には候へ、此れを申せば人はそね(妬)みて用ひざりしを故上野殿信じ給いしによりて仏に成らせ給いぬ、各各は其の末にて此の御志をとげ給うか、竜馬につきぬる・だには千里をと(飛)ぶ、松にかかれる・つた(蘿)は千尋をよづと申すは是か、各各主の御心なり、つちのもちゐ(餅)を仏に供養せし人は王となりき、法華経は仏にまさらせ給う法なれば供養せさせ給いて、いかでか今生にも利生にあづかり後生にも仏にならせ給はざるべき。
その上みひん(身貧)にして・げにん(下人)なし、山河わづら(煩)ひあり、たとひ心ざしありとも・あらはしがたきに・いま(今)いろ(色)をあらわさせ給うにしりぬ、をぼろげならぬ事なり、さだめて法華経の十羅刹まほ(守)らせ給いぬらんと・たのもしくこそ候へ、事つくしがたし、恐恐謹言。
 
弘安元年十一月一日                 日 蓮 花 押
九郎太郎殿御返事

by johsei1129 | 2019-11-10 09:55 | 南条時光(上野殿) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24412095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 池上兄弟の篤信を称えた書【兵衛...      法華経はよきつるぎなれども使う... >>