人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 22日

観心本尊抄文段 下四  文底下種の本尊を明かす

次に()文底下種の本尊を明かすとは、

問う、此の御本尊の為体(ていたらく)は今日の寿量品の儀式を移すとせんや。久遠(くおん)元初(がんじょ)の本仏の相貌(そうみょう)(あらわ)すとせんや。()今日(こんにち)寿量品の儀式と云わば、即ち是れ在世脱益(だっちゃく)の本尊にして末法下種の本尊に非ず。若し久遠元初の本仏の相貌と云わば、二仏並座(びょうざ)、本化・迹化、身子(しんし)目連(もくれん)等、(あに)今日の寿量品の儀式に非ずや。

答う、此の御本尊は(まさ)しく是れ文底下種の本仏、本地(ほんち)難思(なんし)の境智冥合、久遠元初の自受用(じじゅゆう)身の相貌なり。(まさ)此の義を明かさんとするに、初めに文証を引き、次に外難を(しゃ)す。

一には経に云く「如来秘密(にょらいひみつ)神通之力(じんつうしりき)」云云。

御義口伝に云く「此の本尊の()(もん)とは如来秘密神通之力の文なり、(かい)定慧(じょうえ)の三学、寿量品の事の三大秘法是れなり、日蓮(たし)かに霊山(りょうぜん)に於て面授(めんじゅ)()(けつ)せしなり、本尊とは法華経の行者(ぎょうじゃ)身の当体なり」等云云。

諸法実相抄に云く「()れば釈迦・多宝の二仏と云うも(ゆう)の仏なり、妙法蓮華経こそ本仏にては御座(おわ)し候へ、経に云く『如来(4にょらい)秘密(ひみつ)神通(じんつう)之力(しりき)』是なり、如来秘密は(たい)の三身にして本仏なり、神通之力は用の三身にして迹仏(しゃくぶつ)ぞかし」等云云。

二には経に云く「()(こう)良薬今留(こんる)(ざい)()」等云云。

下の文に云く「是好良薬とは寿量品の肝要(かんよう)たる名体(みょうたい)宗用(しゅうよう)(きょう)の南無妙法蓮華経是なり乃至仏(なお)迹化(しゃっけ)に授与し給わず(いか)(いわん)や他方をや」と云云。

三には経に云く「時我及衆僧倶(じがぎゅうしゅそうく)(しゅつ)(りょう)鷲山(じゅせん)」等云云。

御義口伝に云く「本門事の念三千の明文なり。御本尊は此の文を顕し()だし給うなり乃至()の故は、時とは末法第五時の時なり、我とは釈尊・及は菩薩・衆僧は二乗・()とは六道なり・出とは霊山(りょうぜん)浄土に列出するなり。霊山とは御本尊並びに日蓮等の(たぐ)い南無妙法蓮華経と唱え奉る者の住所を説くなり」等云云。(さき)此の文を引くは文上の意なり。今()文を引くは文底の意なり。

四には下の文に云く「所詮(しょせん)迹化・他方の大菩薩等に我が内証の寿量品を以て授与(じゅよ)すべからず。末法の初は謗法(ほうぼう)の国にして悪機なる故に(これ)(とど)めて地涌(じゆ)千界(せんがい)の大菩薩を召して寿量品の肝心(かんじん)たる妙法蓮華経の五字を以て(えん)()の衆生に授与せしめ給う」と。

五には撰時抄に云く「寿量品の肝要(かんよう)、南無妙法蓮華経の末法に流布せんずるゆえに、此の菩薩を召出(めしいだ)されたり」(取意)等云云。

六には下山抄に云く「(じつ)には釈迦・多宝、十方の諸仏・寿量品の肝要たる南無妙法蓮華経の五字を信ぜしめんが為なりと出し給う(こう)長舌(ちょうぜつ)なり」と云云。

七には又云く地涌(じゆ)の大菩薩・末法の初めに出現せさせ給いて本寿量品の肝心たる南無妙法蓮華経の五字を一閻(いちえん)浮提(ぶだい)切衆生に唱えさせ給うべき」等云云。次上(つぎかみ)の文に云く「此の本門の肝心南無妙法蓮華経」と云云。

此等の諸抄に「本門寿量の肝要」とは、熟益(じゅくやき)の迹門を(えら)び、脱益の本門を取る。故に「本門寿量」と云うなり。(なお)文上の脱益(だっちゃく)を簡び、(ただ)文底の下種を取る。故に「肝要(かんよう)」と云うなり。此の故に開目抄に「本門寿量品の文の底」と云い、諸抄の中には「本門寿量の肝要」と云うなり。(まさ)に知るべし、肝要とは文底・眼目(げんもく)の異名なり。

(およ)そ肝要とは、(ただ)法を()げて切を(おさ)むるの義なり。文底(また)(また)()くの如し。故に文底大事の口決(くけつ)に云く「所詮(しょせん)、文底とは久遠下種の法華経・名字(みょうじ)の妙法に、今日(じゅく)(だつ)の法華経の帰入(きにゅう)する処を志し給うなり。妙楽云く『(すい)(だつ)在現(ざいげん)()騰本(とうほん)(しゅ)』とは()れなり」と云云。


       つづく


文段下 目次



by johsei1129 | 2015-08-22 08:33 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24389542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 観心本尊抄文段 下五  寿量品...      観心本尊抄文段 下三 >>