人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 15日

観心本尊抄文段 下 目次

日寛上人 御書講義


観心本尊抄文段 下


第七段 略して本尊を明かす
      文底下種の本尊を明かす
      寿量品の儀式を以て「雖脱在現・具騰本種」を思い合わすべし

      本門戒壇の大御本尊は応に是れ総体の本尊なり
      正像には「造り画く」と云い、末法には「出現」と云う
      
人法一箇は文底下種 人法勝劣は文上熟脱 天地の隔たりあり


第八段 広く本尊を釈す

      本迹の不同は天地の如しと雖も、文底独一の本門に望んで見れば殆ど竹膜を隔つ


第九段 文底下種三段の流通を明かす

     本因妙の教主釈尊とは是れ蓮祖聖人の御事なり

     文殊等は兼ねて末法の弘経は下方に限るの勅命を得たり、故に発誓無きなり
     称歎・結要付嘱とは、正しく是れ本門の本尊の称歎・結要付嘱なり


第十段 地涌出現の時節を明かす

     拙き者は約束せし事を忘る、高貴の人は約束を差えず


第十一段 総括

      一生空しく過して万劫悔ゆること莫れ



 文段上 にもどる

  御書本文       文段 総目次



by johsei1129 | 2015-08-15 23:03 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24367896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Gosho 百六箇抄 One ...      開目抄愚記 下 目次 >>