人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 25日

真言僧・強仁上人の法論要求に「書は言を尽さず言は心を尽さず悉悉公場を期す」と応じた【強仁状御返事】

【強仁状御返事】
■出筆時期:建治元年(1275)十二月廿六日 五十四歳 御作
■出筆場所:鎌倉 草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は真言僧・強仁が、大聖人に法論を求めた勘状を送られた事への返書となっている。
大聖人は強仁の求めに対し「田舎に於て邪正を決せば、暗中に錦を服して遊行し澗底の長松・匠を知らざるか。兼ねて又定めて喧嘩出来の基なり」と記し
片田舎で二人だけで論争しても、暗闇の中で錦の衣を見ているようなもので結局判定がつかず。後々の喧嘩の元になる」と婉曲的に断り、「貴坊本意を遂げんと欲せば公家と関東とに奏聞を経て露点を申し下し、是非を糾明せば、上一人咲を含み下万民疑を散ぜんか」と、公場での対決を提案されておられます。

さらにこれまで一切経を開き見て「自他叛逼の両難」を予言、「身命を仏神の宝前に捨棄して刀剣・武家の責を恐れず、昼は国主に奏し、夜は弟子等に語る」と説き、文末では「書は言を尽さず言は心を尽さず悉悉公場を期す」と大聖人の意図を念押しされておられます。

■ご真筆:京都市 妙顕寺所蔵。
f0301354_2049678.jpg

[真筆箇所(7紙8紙)本文:誠又御勘文為体以非為先。~文末迄]
[強仁状御返事 本文]

強仁上人・十月二十五日の御勘状・同十二月二十六日に到来す。

此の事余も年来欝訴(うっそ)する所なり忽に返状を書いて自他の疑冰(ぎひょう)を釈(ひら)かんと欲す。但し歎ずるは田舎に於て邪正を決せば暗中に錦を服して遊行し澗底の長松・匠を知らざるか。兼ねて又定めて喧嘩出来の基なり。貴坊本意を遂げんと欲せば公家と関東とに奏聞を経て露点を申し下し、是非を糾明せば、上一人咲(えみ)を含み下万民疑を散ぜんか。

其の上大覚世尊は仏法を以て王臣に付属せり、世・出世の邪正を決断せんこと必ず公場なる可きなり。就中当時我が朝の体為る二難を盛んにす、所謂自界叛逆難と他国侵逼難となり。此の大難を以て大蔵経に引き向えて之を見るに、定めて国家と仏法との中に大禍有るか。

仍つて予正嘉・文永二箇年の大地震と大長星とに驚いて一切経を開き見るに、此の国の中に前代未起の二難有る可し、所謂自他叛逼(ほんぴつ)の両難なり。

 是れ併ながら、真言・禅門・念仏・持斎等・権小の邪法を以て法華真実の正法を滅失する故に招き出す所の大災なり。只今他国より我が国を逼(せ)む可き由・兼ねて之を知る故、身命を仏神の宝前に捨棄して刀剣・武家の責を恐れず昼は国主に奏し、夜は弟子等に語る。

 然りと雖も真言・禅門・念仏者・律僧等・種種の誑言(おうげん)を構え重重の讒訴を企つるが故に、叙用せられざるの間・処処に於て刀杖を加えられ、両度まで御勘気を蒙る。剰え頭を刎ねんと擬する是の事なり。

 夫れ以れば月支・漢土の仏法の邪正は且らく之を置く、大日本国・亡国と為る可き由来之を勘うるに、真言宗の元祖たる東寺の弘法・天台山第三の座主慈覚・此の両大師法華経と、大日経との勝劣に迷惑し日本第一の聖人なる伝教大師の正義を隠没してより已来、叡山の諸寺は慈覚の邪義に付き神護七大寺は弘法の僻見に随う其れより已来王臣邪師を仰ぎ万民僻見に帰す、是くの如き諂曲既に久しく四百余年を経歴し国漸く衰え王法も亦尽きんとす彼の月支の弗沙弥多羅王の八万四千の寺塔を焚焼し、無量仏子の頚を刎ねし。

 此の漢土の会昌天子の寺院四千六百余所を滅失し、九国の僧尼還俗せしめたる此等大悪人為りと雖も、我が朝の大謗法には過ぎず。故に青天は眼を瞋らして我が国を睨み、黄地は憤を含んで動(やや)もすれば夭孼(ようげつ)を発す。国主聖主に非れば謂れ之を知らず諸臣儒家に非れば事之を勘えず。剰え此の災夭(さいよう)を消さんが為に真言師を渇仰し大難を郤(しりぞ)けんが為に、持斎等を供養す。

 譬えば火に薪を加え冰に水を増すが如く、悪法は弥貴まれ大難は益々来る只今此の国滅亡せんとす。
予粗先ず此の子細を勘うるの間・身命を捨棄し国恩を報ぜんとす、而るに愚人の習い遠きを尊び近きを蔑るか将又多人を信じて一人を捨つるかの故に終に空しく年月を送る。今幸に強仁上人・御勘状を以て日蓮を暁諭(ぎょうゆ)す然る可くは此の次でに天聴を驚かし奉つて決せん。誠に又御勘文の体為(ていたらく)非を以て先と為し若し上人黙止して空しく一生を過せば、定めて師檀共に泥梨(ないり)の大苦を招かん。一期の大慢を以て永劫の迷因を殖ること勿れ、速速(はやばや)天奏を経て疾疾対面を遂げ邪見を翻えし給え。書は言を尽さず言は心を尽さず悉悉(ことごとく)公場を期す、恐恐謹言。

十二月廿六日  日 蓮 花 押
強仁上人座下

by johsei1129 | 2019-10-25 21:20 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24361229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 大聖人が『三大秘法禀承事』を送...      法華経は釈尊一代聖教の大綱であ... >>