人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 12日

日蓮一期の弘法を付属された日興上人が取りまとめた【宗祖御遷化記録】

【宗祖御遷化記録】
■出筆時期:弘安五年(西暦1282年)十月十六日 日興上人三十七歳 御作。
■出筆場所:池上宗仲邸と思われる。
■出筆の経緯:大聖人が池上宗仲邸で弘安五年十月十三日に御遷化され、その時の「御葬送次第」その他を、日興上人が取りまとめた記録である。弟子の他四条金吾、南条時光、大田乗明らも御葬送の列に参加されていることが記されておられます。
この書は、「日蓮一期弘法附属書」で「日蓮一期の弘法、白蓮阿闍梨日興に之を附属す、本門弘通の大導師たるべきなり」とされた日興上人の、最初の仕事となりました。
ご真筆が残っており、本書を束ねた冊子の合わせ目の裏に四老僧(日昭・日朗・日興・日持)の花押が記されている※日向・日頂は不在だったと思われる。
■ご真筆:西山本門寺 所蔵(国重要文化財)
f0301354_20124990.jpg


[宗祖御遷化記録 本文]


一、弘長元年辛酉伊豆國被流。御年四十
  預伊東八郎左衛門尉。造立正安国論一巻
            奉最明寺入道故也。
  同三年二月二十二日赦免(しゃめん)。

一、文永八年辛未九月十二日被流れ佐土嶋。御年五十
  預武州前司。依極楽寺長老
        良観房訴状也。訴状在別紙。
  同十一年甲戌二月十四日赦免。
  同五月十六日甲斐國(かいのくに)波木井身延山隠居(いんきょ)。地頭南部
                    六郎入道


一、弘安五年丙午九月十八日武州池上入御。地頭衛門
                    太夫宗仲
  同十月十八日本弟子六人被定置。此状六人面々
                 可帯云々日興一筆也。

   

 一、弟子六人事 不次第

 一、蓮花阿闍梨 日持

 一、伊予公   日頂

-----(四老僧の花押)---------

 一、佐渡公 日持

 一、白蓮阿闍梨 日興

 一、大國阿闍梨 日朗

 一、弁阿闍梨  日昭

右六人者本弟子也。仍為向後(こうご)所定如件(くだんのごとし)。
  弘安五年十月八日
  同十三日辰時御滅。御年
           六十一即時大地震動。

  同十四日戌時御入棺日朗
           日昭、子(ね)時御葬也。

一、御葬送次第

  先火     二郎三郎鎌倉住人

  次大寶花   四郎次郎駿河國富士
             上野住人

  次幡(はた)  左 四条左衛門尉
         右 衛門太夫

  次鐘     大田左衛門入道

  次散花(さんげ) 南条七郎次郎

  次御経    大学亮


-----(四老僧の花押)---------

  次文机    富田四郎太郎

  次佛     大学三郎

  次御はきもの 源内三郎御所御中間

  次御棺 御輿(みこし)也

             侍従公
             治部公
           左
             下野公
             蓮花阿闍梨

  前陣大國阿闍梨

             出羽公
             和泉公
           右
             但馬公
             卿公


             信乃公
             伊賀公
           左
             摂津公
             白蓮阿闍梨

  後陣弁阿闍梨

             丹波公
             大夫公
           右
             筑前公
             帥公

  次天蓋(てんがい) 大田三郎左衛門

  次御大刀   兵衛志

  次御腹巻   椎地四郎

  次御馬    亀王童
         瀧王童

-----(四老僧の花押)---------

一、御所持佛教事

   御遺言云
   佛者釈迦
     立像墓所傍(かたわら)可立置云々。
   経者私集最要文
     名注法花経
   同籠置(こめおき)墓所寺六人香花當番時
   可被見之。自餘聖教者非沙汰之限云々。
   仍(よって)任御遺言所記如件(くだんのごとし)。

     弘安五年十月十六日    執筆 日興花押





by johsei1129 | 2019-10-12 09:06 | 日興上人 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24341342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 日蓮の名号は富士山の実名・大日...      日蓮大聖人が日興上人に日蓮法門... >>