人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 06日

観心本尊抄文段 上二四

次に道理を明かすとは、(およ)(がっ)()の風俗は()尊左卑(そんさひ)なり。その故は君・父・師は(みな)東面なるが故なり。故に甫註(ふちゅう)の四・四十に云く「天竺国は君・父・師(みな)東面なり。則ち左は北、右は南。北は是れ陰方、南は是れ陽方」等云云。是れ陰陽(おんよう)を以て尊卑を表するなり。君・父・師東面の故に(じょう)()(すで)に定めて右尊左卑なり。故に(また)余方に向って坐する時も、亦是れ右尊左卑なり。大論の第四十、文句(もんぐ)の第一、第二に云く「舎利(しゃり)(ほつ)は右面の弟子、目連は仏の左面の弟子」等云云。如来(みゆき)したもう時も、亦復(しか)るべし。(いわ)く、仏、東に向って(みゆき)したまう時は大衆も(また)東に向い、仏の左右に従って行くなり。余方も准例(じゅんれい)せよ。若し(しか)らば行坐の列次は右尊左卑なること分明(ふんみょう)なり。

今既に「(みゆき)の時」と云う(あに)右梵・左帝に(あら)ずや。(さき)の諸文の如き並びに此の意なり。故に知んぬ、伝写(あやま)って左梵・右帝に作るか。(あるい)は漢土の風俗に准じて後人(たやす)是れを改むるか。私志の五・九十一に云く「右面と言うは其の長勝を(あらわ)す。(しか)るに疏本(しょほん)同じからず。或は左面と云う。後人(たやす)改易(かいえき)せるなり。然る所以(ゆえん)は此の方、左を(とうと)ぶを以ての故なり。仏教は右を尚びて先と()す」等云云。若し名疏(みょうしょ)の中には身子(しんし)文殊(もんじゅ)を左面と為す。身延(みのぶ)山抄中に左梵・右帝に作る。是れ(じゅん)じて知るべし。

次に聴法の列次を明かすとは、(およ)そ聴法の列次は行坐の時に異なるなり。(いわ)く、仏、東に向って説法したまう時は大衆は西に向って聴聞(ちょうもん)し、仏、西に向って説法したまう時は大衆は東に向って聴聞するなり。諸経の中に「退坐(たいざ)一面」と云う是れなり。伝教(でんぎょう)大師、無量義経の註釈に云く「退坐一面と言うは(まさ)しく仏面に向って坐して法雨を待つ」等云云。(すで)に正しく仏面に向うと云う(あに)仏、西に向って法を説きたまえば、大衆東に向って是れを聴聞する義に(あら)ずや。正しく今経の宝塔(ほうとう)已後(いご)の儀式の如くんば、仏は西に向って説法し、大衆は東に向って聴聞するなり。

故に報恩抄上終に云く「教主釈尊・宝塔品にして一切の仏をあつ()めさせ給いて大地の上に()せしめ大日如来(ばか)り宝塔の(うち)の南の下座に()へ奉りて教主釈尊は北の上座に()かせ給う」等云云。(まさ)に知るべし、宝塔(すで)是れ西向きなり。故に北は是れ右尊にして上座なり。南は是れ左卑にして下座なり。

阿仏房抄三十一に云く「故阿仏房(あぶつぼう)の聖霊は乃至(りょう)鷲山(じゅせん)の山の中に多宝仏の宝塔の内に、東むき()()はすと日蓮は見まい()らせて候」等云云。

(あに)宝塔品已後(いご)、仏は西に向い、大衆は東に向うに(あら)ずや。仏は西に向うと(いえど)も、(なお)右尊左卑なり。大衆東に向うも亦是れ右尊左卑なり云云。当に知るべし、上行(じょうぎょう)無辺(むへん)(ぎょう)は火大・風大、(とも)虚空(こくう)(たぐい)なり。(じょう)(ぎょう)安立(あんりゅう)(ぎょう)は水大・地大、豈大地の類に非ずや。


        つづく
上巻目次



by johsei1129 | 2015-08-06 22:31 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24338484
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 総勘文抄九 The Unani...      開目抄愚記 下十  彼の輩、御... >>