人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 30日

聖人出現して仏の如く法華経を談ぜん時、一国も騒ぎ在世に過ぎたる大難起こるべしと説いた【上野殿御返事】

【上野殿御返事】
■出筆時期:建治三年(西暦1277年)五月十五日 五十六歳御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本抄は南条時光(上野殿)が、法華経信仰を止めさせようと言う動きがあることを報告したことへの返書となっております。本書は比較的長文のご消息文となっており、大聖人も当時の信徒の要でもあった時光の置かれている状況を重要視し本書でご指南されたものと思われます。

 大聖人は法華経法師品の「而も此の経は如来の現在にすら猶怨嫉多し況や滅度の後をや」を引いて、「聖人出現して仏のごとく法華経を談ぜん時・一国もさわぎ在世にすぎたる大難をこるべしとみえて候」と自身が末法に出現した聖人(本仏)であることを示唆するとともに、提婆達多にそそのかされて釈尊に敵対した阿闍世王の事例、また当時退転したで弟子信徒のせう房・のと房・なごえの尼等の事例を引いて「よくふかく、心をくびやう(臆病)に、愚癡にして、而も智者となのりし、やつばらなりしかば、事のをこりし時たよりをえておほくの人をおとせしなり」と断じておられます。

 さらに文末では「かまへておほきならん人申しいだしたるらんは、あはれ法華経のよきかたきよ。優曇華か盲亀の浮木かとおぼしめして、したたかに御返事あるべし」と記し「一日二日が内にこれへきこへ候べし、事おほければ申さず又又申すべし」と、直ぐに大聖人の元に見参するよう指導されておられます。
■ご真筆: 富士大石寺所蔵ほか四箇所にて所蔵。古写本:日興上人筆(富士大石寺所蔵)
f0301354_21353498.jpg


[上野殿御返事 本文]

 五月十四日にいものかしら一駄、わざ(態)とおくりたびて候。当時のいもは人のいとま(暇)と申し珠のごとし、くすりのごとし、さてはおほ(仰)せつかはされて候事うけ給わり候いぬ。

 尹吉甫と申せし人は、ただ一人子あり伯奇と申す、をや(親)も賢なり。子もかしこし、いかなる人か、この中をば申したがふ(違う)べきと、おもひしかども、継母(継母)より、よりよりうた(訴)へしに用いざりしほどに、継母すねんが間・やうやうのたばかり(謀)を、なせし中に、蜂と申すむしを我がふところに入れて、いそぎいそぎ伯奇にとらせて、しかも父にみせ、われをけそう(懸想)すると申しなして、うしなはんとせしなり。

 びんばさら王と申せし王は賢王なる上、仏の御だんなの中に閻浮第一なり。しかもこの王は摩竭提国の王なり、仏は又此の国にして法華経を・とかんとおぼししに・王と仏と一同なれば一定法華経と(説)かれなんとみ(見)へて候しに、提婆達多と申せし人・いかんがして此の事をやぶらんと・おもひしに・すべて・たよりなかりしかば・とかうはかりしほどに・頻婆沙羅王の太子阿闍世王をとしごろとかくかたらひて・やうやく心をとり・をやと子とのなかを申したがへて・阿闍世王をすかし父の頻婆沙羅王をころさせ・阿闍世王と心を一にし提婆と阿闍世王と一味となりしかば・五天竺の外道・悪人・雲かすみ(霞)のごとくあつまり・国をた(給)び・たからをほどこし・心をやわらげすかししかば・一国の王すでに仏の大怨敵となる。
 欲界・第六天の魔王・無量の眷属を具足してうち下り、摩竭提国の提婆・阿闍世・六大臣等の身に入りかはりしかば・形は人なれども力は第六天の力なり、大風の草木をなびかすよりも・大風の大海の波をたつるよりも・大地震の大地をうごかすよりも・大火の連宅をやくよりも・さはがしくを(畏)ぢわななきし事なり。

 さればはるり(波瑠璃)王と申せし王は阿闍世王にかたらはれ釈迦仏の御身したしき人数百人切りころす、阿闍世王は酔象を放ちて弟子を無量無辺ふみころさせつ、或は道に兵士をすへ・或は井に糞を入れ・或は女人をかたらひて・そら(虚)事いひつけて仏弟子をころす、舎利弗・目連が事にあひ・かるだい(加留陀夷)が馬のくそにうづ(埋)まれし、仏はせめられて一夏(いちげ)九十日・馬のむぎをまいりしこれなり、世間の人のおもはく・悪人には仏の御力もかな(及)はざりけるにやと思ひて信じたりし人人も音(こえ)をのみて・もの申さず眼をとぢてものを・みる事なし、ただ舌をふり手をかきし計りなり、結句は提婆達多・釈迦如来の養母・蓮華比丘尼を打ちころし・仏の御身より血を出せし上・誰の人か・かたうどになるべき、かくやうやうになりての上・いかがしたりけん法華経をと(説)かせ給いぬ。

 此の法華経に云く「而も此の経は如来の現在にすら猶怨嫉多し況や滅度の後をや」と云云、文の心は我が現在して候だにも此の経の御かたき(敵)かくのごとし、いかにいわうや末代に法華経を一字一点もとき信ぜん人をやと説かれて候なり。

 此れをもつておもひ候へば仏・法華経をと(説)かせ給いて今にいたるまでは二千二百二十余年になり候へども・いまだ法華経を仏のごとく・よ(読)みたる人は候はぬか、大難をもちてこそ・法華経しりたる人とは申すべきに、天台大師・伝教大師こそ法華経の行者とは・みへて候しかども在世のごとくの大難なし、ただ南三・北七・南都・七大寺の小難なり、いまだ国主かたきとならず・万民つるぎをにぎらず・一国悪口をはかず、滅後に法華経を信ぜん人は在世の大難よりもすぐべく候なるに・同じほどの難だにも来らず・何に況やすぐれたる大難・多難をや。

 虎うそ(嘯)ぶけば大風ふく・竜ぎん(吟)ずれば雲をこる・野兎のうそぶき驢馬のいはうるに・風ふかず雲をこる事なし、愚者が法華経をよみ賢者が義を談ずる時は国もさわ(騒)かず事もをこらず、聖人出現して仏のごとく法華経を談ぜん時・一国もさわぎ在世にすぎたる大難をこるべしとみえて候、今日蓮は賢人にもあらず・まして聖人は・おもひもよらず天下第一の僻人にて候が・但(ただ)経文計りにはあひて候やうなれば大難来り候へば父母のいきかへらせ給いて候よりもにくきもののことにあ(会)ふよりも・うれしく候なり。愚者にて而も仏に聖人とおもはれまいらせて候はん事こそ・うれしき事にて候へ。
 智者たる上・二百五十戒かたくたもちて万民には諸天の帝釈をうやまふよりも・うやまはれて・釈迦仏・法華経に不思議なり提婆がごとしと・おもはれまいらせなば・人目はよきやうなれども後生はおそろし・おそろし。

さるにては殿は法華経の行者にに(似)させ給へりと・うけ給はれば・もつてのほかに・人のしたしきも・うときも日蓮房を信じては・よもまどいなん・上(かみ)の御気色もあしかりなんと・かたうどなるやうにて御けうくむ候なれば・賢人までも人のたばかりは・おそろしき事なれば・一定法華経すて給いなん、なかなか色みへでありせば・よ(宜)かりなん、大魔のつきたる者どもは一人をけうくんしをとしつれば・それをひつかけにして多くの人をせめをとすなり。

日蓮が弟子にせう(小輔)房と申し・のと房といゐ・なごえの尼なんど申せし物どもは・よくふかく・心をくびやうに・愚癡にして・而も智者となのりし・やつばらなりしかば・事のをこりし時・たよりをえて・おほくの人を・おとせしなり、殿もせめをとされさせ給うならば・するがにせうせう信ずるやうなる者も・又信ぜんと・おもふらん人人も皆法華経をすつべし、さればこの甲斐の国にも少少信ぜんと申す人人候へども・おぼろげならでは入れまいらせ候はぬにて候、なかなかしき人の信ずるやうにて・なめり(乱語)て候へば人の信心をも・やぶりて候なり。
ただをかせ給へ・梵天・帝釈等の御計(はからい)として日本国・一時に信ずる事あるべし、爾(その)時我も本より信じたり信じたりと申す人こそおほくをはせずらんめとおぼえ候。

御信用あつくをはするならば・人ためにあらず我が故父の御ため・人は我がをやの後世には・かはるべからず・子なれば我こそ故をやの後世をばとぶらふべけれ、郷(ごう)一郷・知るならば半郷は父のため・半郷は妻子・眷属をやしなふべし、我が命(いのち)は事出できたらば上(かみ)に・まいらせ候べしと・ひとへにおもひきりて何事につけても・言をやわ(和)らげて法華経の信を・うすくなさんずる・やうを・たばかる人出来せば我が信心を・こころむるかと・おぼ(思)して各各これを御けうくんあるは・うれしき事なり、ただし御身のけうくんせさせ給へ、上の御信用なき事は・これにもしりて候を上をもつて・おどさせ給うこそをかしく候へ、参りてけうくん申さんとおもひ候つるに・うわてうたれまいらせて候、閻魔王に我が身と・いとをしとおぼす御め(妻)と・子とを・ひつぱられん時は・時光に手をやす(摺)らせ給い候はんずらんと・にく(憎)げに・うちいひて・おはすべし。

にいた(新田)殿の事まことにてや候らん、をきつ(沖津)の事きこへて候、殿もびんぎ候はば其の義にて候べし、かまへておほきならん人申しいだしたるらんは・あはれ法華経のよきかたきよ、優曇華か盲亀の浮木かと・おぼしめして・し(確)たたかに御返事あるべし。
千丁・万丁しる人もわづかの事にたちまちに命をすて所領をめさるる人もあり、今度法華経のために命をすつる事ならば・なにはをしかるべき、薬王菩薩は身を千二百歳が間・や(焼)きつくして仏になり給い・檀王は千歳が間・身をゆか(牀)となして今の釈迦仏といはれさせ給うぞかし、されば・ひが事をすべきにはあらず、今はすてなば・かへりて人わらはれになるべし、かたうどなるやうにて・つくりおとして、我もわらひ人にもわらはせんとするがきくわい(奇怪)なるに・よくよくけうくんせさせて人のおほくきかんところにて・人をけうくんせんよりも我が身をけうくんあるべしとて・かつぱとたたせ給へ、一日二日が内にこれへきこへ候べし、事おほければ申さず又又申すべし、恐恐謹言。


建治三年五月十五日  日 蓮 花押
上野殿御返事



by johsei1129 | 2019-10-30 21:52 | 南条時光(上野殿) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24338266
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 此の人の帷子は法華経の六万九千...      此の妙の文字は月なり日なり星な... >>