人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 25日

開目抄愚記 下四  開近顕遠は文底秘沈の三箇の秘法を顕わす

一 虚空(こくう)霊山(りょうぜん)諸菩薩(諸大菩薩)文。

  問う、虚空(こくう)の諸菩薩とは(まさ)に是れ「諸の大衆(だいしゅ)を接して、皆虚空に()きたまう」の諸菩薩なるべし。霊山(りょうぜん)の諸菩薩とは是れ(いか)なる菩薩ぞや。

  答えて云く、応に是れ宝塔(ほうとう)品に来集(らいじゅう)せる分身(ふんじん)侍者(じしゃ)なるべし。

  問う、五百問論の下十八に「分身の侍者は(くう)()す」と云えり。今何ぞ霊山の諸菩薩と云わんや。

  答う、分身(すで)に霊山に在り。侍者(あに)虚空に住せんや。(いわん)(また)下の品に涌出の菩薩を見て(おのおの)()の仏を問うに、(あに)空より地に向かって是れを問うべけんや。故に知んぬ、分身の侍者は(なお)霊山に居するなり。

  (ただ)し五百問論の意は、分身は(すで)に高座有り、侍者は(すなわ)ち高座無し、故に分身の高座の(かず)に等しく()()(じゅん)の空に居すべしとなり。故に空に居すと云うなり。(しか)りと(いえど)も、諸の大衆を接して皆虚空に()かんことを望む。(なお)是れ霊山なり。故に今は霊山の諸菩薩というなり。(まさ)に知るべし、此の一句は総じて比校(ひきょう)なり。

一 十六の大菩薩

  問う、前後(みな)四数を()げて比校す。今何ぞ(しか)らずや。

 答う、今文も亦是れ四数なり。(いわ)く、東方の四菩薩、南方の四菩薩、西方の四菩薩、北方の四菩薩なるが故なり。文は(ただ)是れ略して十六というのみ。

一 海人(あま)が皇帝に(むか)い奉る等

 「海人」は卑賤(ひせん)(ごく)、「皇帝」は(そん)()の極なる故なり。

一 商山(しょうざん)()(こう)文。

  「四皓」の事、(つぶさ)に註(およ)び啓蒙の如し。又啓蒙三十・一六十三。

一 弥勒(みろく)菩薩・心に(ねん)(ごん)

 此の下は疑問、亦二あり、初めに疑念、次に「あまりの不審さに」の下は発問なり。(まさ)に言に発すべき事を、()ず心中に是れを念ず、故に「念言」というか。

一 雨の(たけ)を見て等

  文九五に云く「雨の猛きを見て竜の大なるを知り、(はな)(さか)んなるを見て池の深きを知る。(おう)虚空(こくう)に満つるを見れば、(すなわ)ち真の法界に()つるを知るなり」と文。

  此の本文の意は、菩薩の(まさ)多きを見れば仏の真身の久しく満つることを知るなり。(みょう)(らく)の云う「成仏(すで)に久しければ化迹(けしゃく)必ず多し」云云とは即ち此の意なり。()し当文の意は、諸菩薩の(そん)()なるを見て師の仏の(なお)(まさ)に尊貴なるべきを知るなり。故に転用するに()たり。

一 あまりの不審(いぶかし)さに等

  此の下は次に発問なり。

一 仏力(ぶつりき)にや有りけん等

  問う、経文に仏加の相を見ず、如何(いかん)

  答う、大論五十三・二十六に云く「弥勒(みろく)等の諸菩薩・梵天(ぼんてん)(のう)等、(ぶつ)()()けざれば(なお)(とい)を得る(あた)わず。何ぞ(いわん)(しゅ)菩提(ぼだい)をや」等云云。故に知んぬ、諸の菩薩の発問は通じて皆仏力に()るなり。(いわん)(また)今経は如来出世の大事なり。仏力に由らずして()んぞ問うことを得べけんや。例せば(だい)楽説(ぎょうせつ)の如し。

文の八・三十八に云く「楽説、仏の神力を()くるとは、塔を開かんと欲せば(すべから)く仏を集むべし。仏を集むれば即ち付属せんとす。付属するには即ち下方を召す。下方()ずる(とき)(まさ)(ごん)を開して(おん)を顕すべし。此れは是れ大事の由なり、(あに)仏の神力の之を問わしむるに(あら)ずや」と云云。

  楽説(すで)(しか)なり、弥勒(みろく)も亦(しか)なり。遠由(おんゆ)(なお)(しか)なり、況や(ごん)()をや。(いか)に況や(かい)(ごん)(けん)(のん)(すなわ)ち文底秘沈の三箇の秘法、亦(まさ)に之を顕すべし、(あに)大事の中の大事に非ずや。(いずく)んぞ仏力(ぶつりき)に非ずして是れを問うことを得べけんや。故に(いま)「仏力」というなり。

一 無量千万億等

  是れ師主の住処・因縁(いんねん)を問う。其の文見るべし。

一 「智人は()を知る蛇は自ら蛇を()る」等

  記の九本二十の文なり。()し本文に在っては、是れ徴起の文なり。妙楽、此の下に不知の義を答出せり。(しか)りと雖も、宗祖の意は此の徴起の文の裏を以て直ちに迹化の不知の義を(あらわ)すなり。文意に云く、智人は()を知り、蛇は自ら蛇を()る。迹化の愚人(ぐにん)(あに)本化を知らんや等云云。(つぶさ)撰時抄下二十三に今文の意を(しゃく)するが如し。啓蒙(けいもう)の義は不可なり。

                つづく
開目抄愚記下 目次



by johsei1129 | 2015-07-25 16:00 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24286136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 観心本尊抄文段 上一九  但(...      総勘文抄 三 The Unan... >>