人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 11月 07日

佐渡から身延の大聖人の元へ度々見参した国府入道を支えた妻、是日尼を称えた【是日尼御書】

【是日尼御書】
■出筆時期:弘安元年(1278)四月十二日 五十七歳御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:是日尼は国府入道の妻で、阿仏房・千日尼夫妻同様、佐渡流罪中に夫婦ともども念仏を捨て大聖人に帰依した。佐渡流罪中は監視の目を盗んで大聖人に食料などを供養、外護に励んだ強信徒であった。本書は佐渡ご赦免後、阿仏房とともに身延の草庵に見参、「(菜)つみ、水くみ、たきぎ(薪)こり」と一ヶ月も滞在し、大聖人の身の回りを世話した事は、「これひとへに又尼ぎみの御功徳なるべし」と夫・国府入道を身延の大聖人のもとへ送り出した是日尼の志を高く称えられるとともに、「御本尊一ぷくかきてまいらせ候」と、夫妻の強い信仰に答え御本尊を授与することを記しておられます。

■ご真筆: 京都市 本満寺所蔵。
f0301354_1654527.jpg


[是日尼御書 本文]

 さどの国より此の甲州まで入道の来たりしかば、あらふしぎやとをもひしに、
又今年来てなつ(菜摘)み、水くみ、たきぎ(薪)こり、だん(檀)王の阿志仙人につかへしがごとくして一月に及びぬる不思議さよ。

 ふでをもちてつくしがたし。これひとへに又尼ぎみの御功徳なるべし。
又御本尊一ぷく(幅)かきてまいらせ候。霊山浄土にては、かならず、かならずゆきあひたてまつるべし。
恐々謹言。

卯月十二日  日 蓮 花押
尼是日




by johsei1129 | 2019-11-07 06:57 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24239837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 法華経如来寿量品は一代聖教の肝...      願くは法華経のゆへに国主にあだ... >>