人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 11日

開目抄愚記 上三四  「留難」とは大法の流布せんを障(さわ)り留(とど)むるが故なり。

一 南三(なんさん)(ほく)(しち)等文。

 この下は経文の(たが)わざるを引くなり。

一 得一(とくいち)云く、(つたな)いかな智公文。

  「得一」は法相宗なり。註に釈書を引くが如し。「智公」は即ちこれ智者大師なり。守護(しゅご)(しょう)上の上三十、撰時抄下三、値難抄十七初の如し。

一 覆面(ふめん)(ぜつ)の所説の(諸説)(を謗)(ずる)

  ()(じん)(みつ)(きょう)中に()空中(くうちゅう)の三時の教を明かし、法相(ほっそう)宗は此の文に依憑(えひょう)して一代聖教(しょうぎょう)を三時に(わか)つなり。阿含(あごん)等は有相(うそう)教、(ほう)(どう)般若(はんにゃ)無相(むそう)教、華厳(けごん)・法華・涅槃(ねはん)経は中道教なり。此れは是れ(まさ)しく仏説に()る。(しか)るに天台(てんだい)はこれを用いず五時八教を以て一代を判ず、故に「覆面(ふめん)(ぜつ)の所説の教時を(ぼう)ず」という。(しか)るに天台宗の意は、(およ)そ解深密経は大師の滅後五十一年に当って之れを翻訳す。大師何ぞこの説を謗ぜんや。(いわん)()の経は方等部の経なり、何ぞ此の文を引いて一代を判ずべけんや。況や()の経の有空中は方等の中の前三教なるのみ。何ぞ一代に(かか)わらん云云。下巻二十一に彼の経の第二十六紙の文を引く。玄私の十・三十五。

一 東春等文。

  第五・二十四の文なり。滅後留難(るなん)所以(ゆえん)(あらわ)すなり。「良薬口に(にが)し」とは、孔子(こうし)家語(けご)の中巻に云云。「(こう)」はこれ怯弱(こうにゃく)の義なり。即ち退転の念を生ずるが故なり。「留難」とは大法の流布(るふ)せんを(さわ)(とど)むるが故なり。

一 (けん)戒論(かいろん)に云く等文。

  下巻三十七の文なり。

一 (そう)()(そう)して云く文。

  「僧統」とは(なお)僧録の如し。事物(じぶつ)()(げん)に云く「()()の大祖、沙門法果を以て統と()し、僧徒を(えい)(しょう)す。文帝、師賢を以て僧統と為す。唐には統を()めて両録司を立つ。これを僧統と()う」略抄。

一 西夏(せいか)()(べん)婆羅門有り文。

  「西夏」は西天の都なり。弁は鬼の(さず)くるに()るが故に「鬼弁」という。(つぶさ)に註中に弁ずるが如し。

一 物()冥召して文。

  (まさ)に「物類(もつるい)」に作るべし。(えき)に云く「同声は(あい)応じ、同気は相求む。水は湿(うるおい)に流れ、火は(かわき)()き、雲は竜に従い、風は虎に従う」等云云。

一 昔は(せい)(ちょう)(こう)()に聞き等文。

  「(こう)()」は仏陀三蔵の弟子の恵光法師なり。後、恵光を以て即ち(そう)()()す、故に光統という。(しか)るに光統法師は(しばしば)毒薬を以て禅祖の達磨(だるま)に害を為す。故に光統の怨嫉(おんしつ)を引いて今、「(ろく)(とう)」に例す。六統は即ちこれ六宗の僧統なり。

一 秀句に云く等文。

  此の文所引の意は末法に約す。「末ノ()」の二字は所引の宗轄(そうかつ)なり。

一 ()小児(しょうに)(やい)()等文。

   此の下は文旨を(しゃく)す、亦二あり。初めに経旨を釈し、次に「像法」の下は清代に望んで弁ず。並びに末法の難化を(あらわ)すなり。

  初めの経旨を釈する中に、「小児に灸治」「重病の者に良薬(ろうやく)」とは、これ東春の意に(もと)づくか。此の二句は是れ「如来現在、猶多怨嫉」の文旨を顕すなり。「在世」の下は「況滅(きょうめつ)度後(どご)」の文旨なり。(ほっ)()を合して見るべし。(ただ)れ文を略するのみ。

一 山に山をかさね等文。

一義に云く「山」は人心の嶮岨(けんそ)(たと)え「波」は世上の風波に譬う。

楽天(らくてん)云く「(たい)(こう)の路は()く車を(くだ)くも、()し君が心に比すれば是れ(たん)()なり。巫峡(ふきょう)の水は()く船を(くつが)えすも、若し君が心に比すれば是れ安流なり」等云云。

「世の中を渡り(くら)べて今ぞ知る 阿波の鳴戸(なると)は波風も無し」と云云。この義は今文の意に非ざるなり。

今文の意は、末法に至っては山に山を重ぬるが如く、難に難を加え、波に波を(たた)むが如く、非に非を加うるが(ごと)。故に「況滅(きょうめつ)度後(どご)」と云うなり云云。

一 像法の中に等文。

   此の下は清代に対して弁ず云云。「蜂起(ほうき)」は註の中の如し。

一 況滅度後のしるしに闘諍の(ついで)となるべきゆへに非理を(さき)として文。

   「況滅(きょうめつ)度後(どご)」とは末法の始め、闘諍の時なり。秀句の文を見るべし。「非理を前」と()すは即ち「闘諍(とうじょう)の序」なり。文意に云く、況滅度後の(しるし)には闘諍の(ついで)と成すべき故に非理を前と為すなり。濁世(じょくせ)(しるし)には()(あわ)せられずして、流罪(るざい)乃至(ないし)身命(しんみょう)にも及ばんとするなりと云云。啓蒙(けいもう)指南(しなん)(かえ)って不可(ふか)なり。

               つづく
開目抄愚記 上 目次



by johsei1129 | 2015-07-11 22:32 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24237759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 佐渡から身延の大聖人の元へ度々...      妻を法華経に導いた亡き夫は娑婆... >>