人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 09月 23日

大聖人が佐渡に出立する前日に、投獄された日郎等を再度励ました書【土籠御書】

【土籠御書】
■出筆時期:文永八年(西暦1271年)十月九日 五十歳御作。
■出筆場所:相模依智、佐渡国守護代・本間重連邸にて。
■出筆の経緯:大聖人は竜の口の法難の後、佐渡国の守護代・相模依智の本間邸に留められる。本書は佐渡への出立日十月十日の前日に、土牢に投獄されていた日郎ら五人の弟子に送った書です。
日郎等は竜の口法難の翌日、九月十三日に投獄されるが、大聖人は翌々日の九月十五日「五人土籠御書」を送り励まされております。いよいよ佐渡に立つことになり改めて本書をしたため、佐渡に出立することを伝えるとともに、法華経安楽行品を引いて「天諸童子 以為給使 刀杖不加 毒不能害(天の諸童子が給仕し、刀杖を加えることもできず、毒で害することもできない」と励まし「出でさせ給ひ候はば・とくとくきたり給。見たてまつり」と記し、土籠を出られたら直ぐに佐渡に来なさい。会いたいものですと、慈愛の言葉をかけられておられます。尚土牢は、後に日蓮に帰依した鎌倉幕府の重鎮、宿屋入道の裏山の敷地にあったと言われております。
■ご真筆: 現存していない。

[土籠御書 本文]

 日蓮は明日佐渡の国へまかるなり。今夜のさむ(寒)きに付けても・ろう(牢)のうちのありさま・思ひやられていた(痛)わしくこそ候へ。

 あわれ殿は法華経一部を色身二法共にあそばしたる御身なれば、父母・六親・一切衆生をもたすけ給ふべき御身なり。

 法華経を余人のよみ候は、口ばかり・ことば(言葉)ばかりはよめども心はよまず。心はよめども身によまず。色心二法共にあそばされたるこそ貴く候へ。

 「天の諸の童子、以て給使(きゅうじ)を為さん。刀杖(とうじょう)も加えず・毒も害すること能はじ」と説かれて候へば、別の事はあるべからず。
 籠(ろう)をばし出でさせ給ひ候はば・とくとくきたり給へ。見たてまつり・見えたてまつらん。恐恐謹言。

 文永八年辛未十月九日    日 蓮 花押
 
 筑後殿

【妙法蓮華経 安楽行品第十四】
 今正是時 為汝等説 我滅度後 求仏道者
 欲得安穏 演説斯経 応当親近 如是四法
 読是経者 常無憂悩 又無病痛 顔色鮮白
 不生貧窮 卑賎醜陋 衆生楽見 如慕賢聖
 天諸童子 以為給使 刀杖不加 毒不能害

 [和訳]
 今正にこの時なれば、汝に説くなり。我(釈尊)が滅度の後、仏道を求む者
 安穏に此の経を演説せんと欲せば、まさにかくの如き、四法に親近すべし。
 此の経を読まん者は、常に憂悩(うのう)なく、又病痛もなく、顔色は鮮白にして、
 貧窮・卑賎・醜陋(しゅうる)に生まれざらん。衆生はまみえんと願うこと、賢聖を思が如くにして、
 天の諸の童子が、以て給使を為さん。刀杖も加えられず、毒も害すること能わず。




by johsei1129 | 2019-09-23 19:15 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)


<< 日蓮は八十万億那由他の諸の菩薩...      仏になる道は、必ず身命をすつる... >>