人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 07日

弘安四年の蒙古襲来(弘安の役)に際し、門下の軽挙妄動を厳しく戒めた書【小蒙古御書】

【小蒙古御書】
■出筆時期:弘安四年(西暦1281年)六月十六日 六十歳 御作。
■出筆場所:身延山中 館にて。
■出筆の経緯:弘安4年5月21日、対馬沖に九千艘ともいわれる蒙古の巨大船団が来襲、その事を6月16日に知った大聖人は、門弟一同に対し予言が当たったなどと蒙古襲来のことを世間の人々に吹聴することを、厳に戒めるために本書を送られた。さらに、もしこの旨に背くならば門弟として破門するとまで強く戒めておられる。大聖人は釈尊の一切経を読み尽くして書き上げた「立正安国論」をもって、生涯三度の国家観業をなした事が、日蓮の法門について理解の浅い門下の軽挙妄動で、その真意が損なわれ、今後の布教が阻害されることを恐れたものと思われる。
■ご真筆: 現存していない。

[小蒙古御書 本文]

小蒙古の人、 大日本国に寄せ来るの事、我が門弟並びに檀那等の中に、若し他人に向い、将又(はたまた)自ら言語に及ぶ可からず。

若(も)し此の旨に違背(いはい)せば門弟を離すべき等の由、存知せる所なり。
此の旨を以て人人に示す可く候なり。
       
弘安四年太歳辛巳六月十六日         花 押
     人 人 御 中

by johsei1129 | 2015-07-07 22:21 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24223837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 観心本尊抄文段 上八  但(た...      観心本尊抄文段 上七  弘安二... >>