人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 06日

開目抄愚記 上三十

  
  問う、他宗の
(やから)()が祖の()(じょう)(そし)るは如何(いかん)

  答う、これ無益(むやく)の論なり。(ただ)法の(じゃ)(しょう)、内徳の有無(うむ)のみ、これを論ずべし。涅槃(ねはん)経第二十一徳王品一に云く「若し法を聞き(おわ)りなば(まさ)に敬心を生じ、至心(ししん)聰受(そうじゅ)()(ぎょう)尊重(そんじゅう)すべし。正法の所に(おい)ては法師の種姓の好悪を()ること(なか)れ」と。止観第四に云く「上聖大人は其の法を取って其の人を取らず」等云云。(これ)()の文意は、(ただ)正法を信じて種姓を()ることなかれと云云。

  また止観第四・五十九に云く「雪山(せっせん)は鬼に(したが)って()()い、天帝は畜を拝して師と()す。(ふくろ)(くさ)きを以てその金を()てず」等云云。法蓮抄十五・三に云く「愚人(ぐにん)の正義を(たが)うことは昔も今も(ことな)らず。(しか)れば(すなわ)ち迷者の(ならい)外相(げそう)のみを(とうと)びて内智を貴ばず」(録内十五ー三ヲ)と云云。此等の文意は、(ただ)内徳を尊ぶべしと云云。

(いわん)やまた四河の海に入れば同一鹹味(かんみ)、四姓の出家すれば皆名づけて(しゃく)と為すは増一阿含の(おきて)なり。晋の安公より已来(このかた)沙門(しゃもん)の姓を釈氏と定ること、この文に()えるなり。

  問う、何ぞ今文に於て自身の下賤(げせん)()げたまうや。

  答う、啓蒙(けいもう)に云く「朝抄に論語の『国に道なきに、(すなわ)ち富み(かつ)尊きは恥なり』等を引いて、吾が祖の下賤の規模を(あらわ)し、また下巻に般泥洹(はつないおん)経を引くは、自身の貧賤に合する等の朽木書(くちくがき)と成すべし。又身軽(しんきょう)(ほう)(じゅう)潤色(じゅんしょく)に、捨て易き身の程を(かえり)みたまう意をも含むべきなり」と云云。

  今(いわ)く、()(ただ)文の如くんば、(まさ)しく末法下種の教主の出世の時・(ところ)・種姓を明かすなり。例せば在世脱益(だっちゃく)経主を明かす中に「教主釈尊は住劫(じゅうこう)・第九の減・人寿百歳の時・師子(しし)(きょう)(おう)には孫・(じょう)(ぼん)王には嫡子(ちゃくし)」等というが如し。若し元意(がんい)()れば、内証の(そん)()を顕さんが(ため)に、まず御身の下賤(げせん)()ぐるなり。()ず余文を引いて後、当文を(しょう)せん。

  佐渡抄十七・二十に云く「日蓮今生(こんじょう)には貧窮(びんぐ)下賤(げせん)の者と生まれ旃陀(せんだ)()が家より(いで)たり。身は人身に似て畜身なり。心は法華経を信ずる故に梵天(ぼんてん)帝釈(たいしゃく)をも(なお)(おそ)しと思はず」と云云。

中興(なかおき)十八十七に云く「日蓮は中国(なかつくに)・都の者にもあらず・辺国の将軍等の子息にもあらず・遠国(おんごく)の者・民が子にて候が・日本国・七百余年に一人も・いま()だ唱へまいらせ候はぬ南無妙法蓮華経と唱え候」と云云。

文意に云く、日本国七百余年に一人も(いま)だ唱えざる妙法を唱うる故に、日本第一の法華経の行者(ぎょうじゃ)にして一閻浮提(いちえんぶだい)に肩を並ぶる者、之有るべからざるなり云云。撰時抄上二十三下二十三()いて見よ。

此等の文意(もんい)は内証の尊貴を顕さんが為に()ず御身の下賤を()ぐるなり。今また(かく)の如し。文意に云く、身はこれ下賤(げせん)の者なれども、内証はこれ尊極(そんごく)なり。通じてこれを論ずれば日本第一なり。(あに)尊極に(あら)ずや。別してこれを論ずれば、(しばら)く六意を明かさん。

一には(いわ)く、智慧尊貴なり。()流転(るてん)所以(ゆえん)を知りたもうが故なり。

二には謂く、慈悲尊貴なり。能く大悲を以て折伏(しゃくぶく)の心地を決定(けつじょう)したもうが故なり。

三には謂く、誓願()尊貴なり。能く不愛(ふあい)身命(しんみょう)の誓願を立てたもうが故なり。

四には謂く、行者尊貴なり。能く三類の強敵(ごうてき)(しの)びたもうが故なり。

五には謂く、本地(ほんち)尊貴なり云云。

六には謂く、三徳尊貴なり。

(しばら)く当抄の意によって略して六意を示す。何ぞ(ただ)六意のみならん。実に無量の徳を備えたまえり。誰か尊重讃歎(さんたん)せざらんや。


             つづく
開目抄愚記 上 目次



by johsei1129 | 2015-07-06 21:19 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24219888
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 開目抄愚記 上三一      観心本尊抄文段 上六  吾が大... >>