人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 04日

開目抄愚記 上二八


第十九段 滅後の難信を結す

一 ()れば八箇年。

 この下は難信を結す、二あり。初めに在滅を()て正しく難信を結し、次に「かう法華」の下は末法辺国、謬誤(びゅうご)多端(たたん)なるを()(たん)す、また二あり。初めに正しく悲歎す、三あり。初めに略示、二に「世間」の下は(きょう)(けん)、三に「誰れの()()」の下は結。況顕の文に二あり。初めに世間を以て出世を況し、「犢子(とくし)」の下は利等を以て鈍等を況す。次に「仏、涅槃(ねはん)経」の下は証前起後なり。

一 世間の浅き事

  大論一・十紙。「犢子(とくし)」は大論一・十三に「(びん)(そう)なり。(しつ)なり」と。

一 無垢(むく)

  西域(さいいき)四・十四に「大乗の人法を謗じ、現に狂乱を(おこ)し、五舌重出し、無間に入るなり」と。

一 摩沓(まとう)

  これは外道(げどう)なり。西域八・十二に「(とく)()菩薩に責められて血を()いて死す」と。

一 誰れの()()か直かるべき

  一には国隔(こっきゃく)、二には(どん)(こん)、三には短命(たんめい)、四には三毒倍増、五には(ぎょう)()、六には仏経皆謬(かいみょう)云云。六重に道理を(たたみ)()げて「誰れの()()」等と結するなり云云。(注 澆季:世の道徳人情の腐敗したること。末の世。末世。澆は薄)

一 仏涅槃(ねはん)経。

  三十一巻。「(ほう)滅尽(めつじん)経」は二紙(ほど)の小経なり。

一 俗よりも僧等文

  二十八巻、本尊供養抄六に云云。啓運(けいうん)六・六十、啓蒙(けいもう)五・七十六に、法滅尽経を引いて男女を相対す云云。

 

 若し向来の意を得ば、一代諸経の浅深(せんじん)勝劣(しょうれつ)、晴天の日輪の如く明々赫赫(かくかく)たり。能くこの旨を(さと)れば(すなわ)(また)(まさ)に種脱の三徳の大恩を了すべし。学者、()く思熟し之を案すべし、之を(ゆるがせ)にする()かれ云云。



    
                            つづく
開目抄愚記 上 目次



by johsei1129 | 2015-07-04 16:52 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24212004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 心の病所謂三毒乃至八万四千の病...      観心本尊抄文段 上四 >>