人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 06月 13日

開目抄愚記 上二二  顕本已後も本迹の勝劣は宛然なり

又、啓蒙に云く「(すで)二乗(にじょう)作仏(さぶつ)の下に於て、多宝・分身を引いて真実の(むね)を定めたまえり。故に未だ発迹(ほっしゃく)顕本(けんぽん)せざる時も(まこと)の一念三千にして、二乗作仏も定まれり。(しか)るに今、真の一念三千も顕れず、二乗作仏も定まらずとは、()(じょう)を以て()(じょう)を奪うの辞なり。()くの如くに久成を以て始成を奪う元意は、天台過時の迹を破せんが為なり」と云云。この義は如何(いかん)

  答う、これはこれ曲会(こくえ)私情(しじょう)(びゃっ)(けん)にして、蓮祖違背(いはい)の大罪なり。(およ)そ二乗作仏の下に多(宝)仏分身を引き、真実の旨を定むることは、権迹相対して爾前に望む故なり。故に結文二十一に云く「此の法門は迹門と爾前と相対して」と云云。今「まことの一念三千もあらはれず二乗(にじょう)作仏(さぶつ)も定まらず」とは、本迹相対して本門に望む故なり。故に所対に随ってその義同じからず。妙楽云く「(およ)そ諸法相は所対不同なり」と云云。日講の盲目、この(のり)を知らず。()()いて(しか)らずんば、一代の聖教皆これ真実ならんや。その故は上の内外相対の下六に云く「此の仏陀(ぶつだ)は三十成道より八十御入滅にいたるまで五十年が間・一代の聖教を説き給へり、一字一句・皆真言なり一文(いちもん)一偈(いちげ)・妄語にあらず」等云云
 若しこの文を以て外典外道に対する故なりといわば、何ぞ
()(ぜん)に対して迹門真実といわざらんや。(いわん)やまた、久成を以て始成を奪う(とき)は真の一念三千も(あらわ)れず、二乗作仏も定まらざること、(なんじ)(また)を知れり。若し実に(しか)らずんば、蓮祖何ぞ無実を以て台宗を破すべけんや。

  問う、啓蒙中に諸文の本迹相対の判釈を()する意に云く、それ実に本化の知見に約すれば「如是(にょぜ)我聞(がもん)」の初めより元来一致の妙法なり。(しか)るに諸文の中に本迹の起尽(きじん)を明かすことは、これ機情の移転に約する一往(いちおう)の判釈なり。是れ(なお)開迹顕本すれば一部皆本門なり。故に再往(さいおう)は本迹一致なり。得意抄の意は即ちこれなり等云云。この義は如何(いかん)

  答う、(およ)本化(ほんげ)の知見とは(みょう)(らく)の釈に分明(ふんみょう)なり。故に記九本二に云く「(しか)れども本の弟子は(もと)より近迹(ごんしゃく)を知れり。今の弟子は(なお)遠本に迷えり」と文。意に云く、本化の菩薩は(ただ)遠本を知るのみに(あら)ず、元よりまた近迹をも知れり。(たと)えば「本より迹を()れ、月の水に現るるが如し」というが如し。今の弟子は近迹を知らざるのみに非ず、(なお)(また)遠本にも迷えり。故に「天月を()らず、但池月を観ず」というが如し等云云。故に知んぬ、今日の弟子は遠近(とも)に迷い、本化(ほんげ)の菩薩は本迹倶に(あき)らかなり。何ぞ本化の知見、元来一致といわんや是一。

  (およ)そ吾が祖の一代諸経の浅深(せんじん)勝劣(しょうれつ)を判ずることは、(もっぱ)ら如来の金言を守り、(ひとえ)に今経の明文に()れり。何ぞ機情昇進に約すといわんや是二。

  宗祖の云く、二十三・三十一に云く「日本国中の諸人・一同に如説修行の人と申し候は諸乗一仏乗と開会しぬれば(いず)れの法も皆法華経にして勝劣浅深ある事なし(乃至)()が云く(しか)らず所詮・仏法を修行せんには人の言を用う可らず(ただ)(あお)いで仏の金言をまほるべきなり(乃至)此の経の序分無量義経に(乃至)四十(しじゅう)()(ねん)未顕(みけん)真実」と已上。

 宗祖の本意分明(ふんみょう)なり。権実相対既に(しか)なり。本迹相対も例して爾なり。寿量品に云く「誠諦(じょうたい)()()」と。また云く「楽於(ぎょうお)小法(しょうぼう)」と。また云く「()(じつ)成仏(じょうぶつ)」と云云。故に知んぬ、爾前・迹門は(ずい)他意(たい)なり、小法なり、未顕真実なることを。本門は随自意なり、大法なり、已顕真実なり。如来の金言、勝劣(しょうれつ)分明なり。何ぞ機情の移転といわんや是三。

 仮令(たとい)開会(かいえ)の迹門なりとも(なお)れ体内の迹なり。体内の本に及ばず。例せば十章抄に「(たと)い開会をさとれる念仏なりとも(なお)体内の(ごん)なり体内の(じつ)に及ばず」というが如し。故に十法界抄に云く「本門(あらわ)(おわ)りぬれば迹門の仏因は即ち本門の仏果なるが故に天月水月本有(ほんぬ)の法と成りて本迹(とも)に三世常住と顕るるなり」と云云。(まさ)に知るべし、三世常住の水月は三世常住の天月に及ばざるなり。別に義章あり、故に略してこれを示す。()し爾らば顕本已後も本迹の勝劣は宛然(おんねん)なり。何ぞ顕本已後(いご)は本迹一致といわんや是四。

 得意抄の意は、方便品の読誦(どくじゅ)心地の中に示すが如し。

               つづく
開目抄愚記 上 目次



by johsei1129 | 2015-06-13 14:24 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24131227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 開目抄愚記 上二三      Gosho 四条金吾殿御返事(... >>