人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 21日

我弟子等の中にも信心薄淡き者は臨終の時阿鼻獄の相を現ず可しと説いた【顕立正意抄】

【顕立正意抄】
■出筆時期:文永十一年(西暦1274)十二月十五日 五十三歳御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本抄を著した約二か月前の十月五日、大聖人が「立正安国論」で記した予言通り蒙古が壱岐・対馬に来襲、いわゆる「文永の役」が勃発する。この事態を受け大聖人は、あらためて立正安国論の意義を門下の弟子信徒を諭すために本抄をしたためたと思われる。本抄の題号の「顕立正意」とは「立正安国論」の意を顕わす事を意味し、大聖人自らこの題号をつけられておられる。
■ご真筆: 現存していない。古写本:日春筆(沼津市 光長寺所蔵)


[顕立正意抄 本文]

日蓮去る正嘉元年太歳丁巳八月二十三日、大地震を見て之を勘え定めて書ける立正安国論に云く「薬師経の七難の内五難忽ちに起つて二難猶残れり、所以(いわゆる)他国侵逼の難・自界叛逆の難なり。大集経の三災の内二災早く顕れ一災未だ起らず、所以兵革の災なり。金光明経の内の種種の災過一一起ると雖も他方の怨賊国内を侵掠する此の災、未だ露われず此の難未だ来らず。
 仁王経の七難の内六難今盛にして一難未だ現ぜず、所以(いわゆる)四方より賊来つて国を侵すの難なり。しかのみならず国土乱れん時は先ず鬼神乱る、鬼神乱るる故に万民乱ると、今此の文に就て具さに事の情を案ずるに、百鬼早く乱れ万民多く亡びぬ、先難是れ明なり後災何ぞ疑わん、若し残る所の難悪法の科に依つて並び起り競い来らば其の時何為(いかんせん)や。

 帝王は国家を基として天下を治む、人臣は田園を領して世上を保つ、而るに他方より賊来つて此の国を侵逼し自界叛逆して此の地を掠領せば、豈驚かざらんや豈騒がざらんや。国を失い家を滅せば何れの所にか世を遁れん」等云云、已上立正安国論の言なり。

今日蓮重ねて記して云く、大覚世尊記して云く「苦得外道・七日有つて死す可し死して後食吐鬼に生れん、苦得外道の言く七日の内には死す可からず、我羅漢を得て餓鬼道に生れじと」等云云。瞻婆城(せんばじょう)の長者の婦懐姙す六師外道の云く「女子を生まん」、仏記して云く「男子を生まん」等云云。仏記して云く「卻(さっ)て後三月あつて我当に般涅般すべし」等云云。一切の外道云く「是れ妄語なり」等云云。仏の記の如く二月十五日に般涅槃し給う。法華経の第二に云く「舎利弗・汝未来世に於て無量無辺・不可思議劫を過て乃至当に作仏するを得べし、号をば華光如来と曰わん」等云云。又第三の巻に云く「我が此の弟子摩訶迦葉未来世に於て当に三百万億に奉覲(ぶごん)することを得べし、乃至最後身に於て仏と成ることを得ん名をば光明如来と曰わん」等云云。又第四の巻に云く「又如来滅度の後に、若し人有つて妙法華経の乃至一偈一句を聞いて一念も随喜せん者には、我亦阿耨多羅三藐三菩提の記を与え授く」等云云。
 
 此等の経文は仏未来世の事を記し給う。上に挙ぐる所の苦得外道等の三事、符合せずんば誰か仏語を信ぜん。設い多宝仏・証明を加え分身の諸仏長舌を梵天に付くとも信用し難きか。今亦以て是くの如し、設い日蓮富楼那の弁を得て目連の通を現ずとも勘うる所当らずんば誰か之を信ぜん。

 去ぬる文永五年に蒙古国の牒状渡来する所をば朝に賢人有らば之を怪む可し。設い其れを信ぜずとも去る文永八年九月十二日御勘気を蒙りしの時吐く所の強言、次の年二月十一日に符合せしむ。情(こころ)有らん者は之を信ず可し、何に況や今年既に彼の国災兵(さいひょう)の上二箇国を奪い取る、設い木石(ぼくせき)為りと雖も設い禽獣為りと雖も感ず可く、驚く可きに、偏えに只事に非ず、天魔の国に入つて酔えるが如く、狂えるが如く歎く可し哀む可し恐る可し厭う可し。

 又立正安国論に云く「若し執心飜えらずして亦曲意(ごくい)猶存せば早く有為の郷(さと)を辞して必ず無間の獄に堕せん」等云云。今符合するを以て未来を案ずるに、日本国の上下・万人阿鼻大城に堕ちんこと大地を的と為すが如し。此等は且らく之を置く日蓮が弟子等又此の大難脱れ難きか。

 彼の不軽軽毀の衆は現身に信伏随従の四字を加れども、猶先謗の強きに依つて先ず阿鼻大城に堕して千劫を経歴して大苦悩を受く。今日蓮が弟子等も亦是くの如し、或は信じ或は伏し或は随い或は従う、但だ名のみ之を仮りて心中に染まざる、信心薄き者は設い千劫をば経ずとも、或は一無間或は二無間乃至十百無間疑無からん者か。是を免れんと欲せば、各薬王楽法の如く臂を焼き皮を剥ぎ、雪山国王等の如く身を投げ心を仕えよ。若し爾らずんば五体を地に投げ、遍身に汗を流せ。若し爾らずんば珍宝を以て仏前に積め、若し爾らずんば奴婢と為つて持者に奉えよ、若し爾らずんば、等云云。四悉檀を以て時に適うのみ。我弟子等の中にも信心薄淡(うす)き者は臨終の時阿鼻獄の相を現ず可し其の時我を恨む可からず等云云。

文永十一年太歳甲戌十二月十五日  日蓮之を記す

by johsei1129 | 2019-10-21 17:57 | 重要法門(十大部除く) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24094162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 能く法華を持つ者は亦衆生の中の...      日蓮は「一閻浮提第(全世界)一... >>