人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 31日

Gosho 種種御振舞御書 The Actions of the Votary of the Lotus Sutra


 一丈のほり()を・こへぬもの十丈・二十丈のほりを・こうべきか。

 If a person cannot manage to cross a moat ten feet wide, how can he cross one that is a hundred or two hundred feet?

 日蓮に()りて日本国の有無(うむ)はあるべし、

 The destiny of Japan depends solely upon Nichiren.

(たと)へば(いえ)に柱なければ・たもたず人に(たましい)なければ死人なり、


 A house without pillars collapses, and a person without a soul is dead.


 日蓮は日本の人の魂なり。


 Nichiren is the soul of the people of this country


 かかる日蓮を用いぬるとも()しく()やまはば国亡ぶべし。

 Even if my counsel is heeded, if I am not given due respect as the votary of the Lotus Sutra, then the country will perish.

 日蓮は南無妙法蓮華経と唱うる故に、二十余年所を追はれ二度まで御勘気(ごかんき)(こうむ)り最後には此の山にこもる  

 Because I chant Nam-myoho-renge-kyo, I have for over twenty years been driven from place to place. Twice I have incurred the wrath of the authorities, and in the end I have retired to this mountain.

      Original Text 本文 全巻目次 Table of Contents



by johsei1129 | 2015-05-31 19:10 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24082448
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Gosho 異体同心事 Man...      Gosho 生死一大事血脈抄 >>