人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 12日

皆の御心は水の如し、信の弱気は濁る如し、信心の潔き良きは澄めるが如し、と説いた【日厳尼御前御返事】

【日厳尼御前御返事】
■出筆時期:弘安三年(1280)十一月二十九日 五十九歳 御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本抄を送られた日厳尼は日興上人の叔母の夫である強信徒、高橋六郎兵衛入道と縁ある信徒と思われるます。
 本抄は、日厳尼が銭一貫文を供養して願い事の書を大聖人に送られたことへの返書となっております。大聖人は願書は法華経の御宝前及び日月天に確かに申し上げたことを報告するとともに、「叶ひ叶はぬは御信心により候べし全く日蓮がとがにあらず」と諭され人任せの信心を厳しく戒められております。また仏法は呪いではなく「水すめば月うつる風ふけば木ゆるぐごとく」の様にあくまで道理であることをわかりやすい譬えで説明し、極めて短い文の中に仏法の本質を示す書となっております。
■ご真筆: 現存しておりません。

[日厳尼御前御返事 本文]

 尼日厳の立て申す立願の願書並びに御布施の銭一貫文、又たふかたびら(太布帷子)一つ、法華経の御宝前並びに日月天に申し上げ候い畢んぬ。
 其の上は私に計(ばか)り申すに及ばず候。叶ひ叶はぬは御信心により候べし、全く日蓮がとがにあらず。
 水すめば月うつる、風ふけば木ゆるぐごとく、みなの御心は水のごとし、信のよはきはにごるがごとし。信心のいさぎよきは、すめるがごとし。
 木は道理のごとし、風のゆるがすは経文をよむがごとし、とをぼしめせ。恐恐。
      
 十一月二十九日       日 蓮  花 押
  日厳尼御前御返事





by johsei1129 | 2015-05-12 22:44 | 弟子・信徒その他への消息 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/24001923
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 開目抄愚記 上十      開目抄愚記 上九 >>