人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 12日

開目抄愚記 上七 

第四段 内外(ないげ)相対して判ず

一 三には大覚(だいかく)()(そん)文。

 第三に内典(ないてん)を釈す、中にまた二あり。初めに一代の(せん)(じん)を判じ、(じゅく)(だつ)(さん)(とく)の大恩を(あらわ)す。二には「(ここ)に日蓮案じて云く世すでに」の下は、蓮祖はこれ法華経の行者(ぎょうじゃ)なることを明かし、末法下種の三徳の深恩を顕す。初めにまた二あり。初めに能説(のうせつ)の教主を()げ、以て三徳を歎釈(たんしゃく)す。次に「此の仏陀(ぶつだ)」の下は、所説の教法を挙げ、以て浅深を判釈す。初めにまた二あり。初めに標、次に「外典(げてん)」の下は儒外(じゅげ)に対して釈す。

  釈の文意に云く、彼は(すで)三惑(さんなく)未断の凡夫なり。何ぞ彼を船と()して生死(しょうじ)の大海を渡るべけんや。何ぞ彼を橋と為して六道の(ちまた)を越ゆべけんや。()が釈迦大師は二死(にし)究竟(くきょう)の極意、三惑(さんなく)頓断(とんだん)の大聖なり。(あに)これを船と為して生死の大海を渡らざらんや。(あに)これを橋と為して六道の(ちまた)を越えざらんや。故にこれ「大橋梁(きょうりょう)・大船師(せんし)」なり。またこれ「大導師(どうし)・大眼目(げんもく)・大福田(ふくでん)」なり云云。

 問う、この中には(ただ)師徳を明かす。何ぞ(さん)(とく)(たん)ずというや。

 答う、これは儒外内(じゅげない)の釈にして影略(ようりゃく)()(けん)なり。(いわ)く、儒の中には但主君を()げ、()の二徳を略す、故に但諸臣の頭目、万民の棟梁(とうりょう)というなり。()し外道の中には主親の二徳を挙げ、師徳を略するなり。故に一切衆生の慈父(じふ)・慈母・天尊・主君というなり。

 今、内典の中には、主親の二徳を略して但師徳を挙ぐるなり。これ(すなわ)ち影略互現して以て(おのおの)三徳を(あらわ)すなり。故に(ただ)師徳を挙ぐと(いえど)も、今、意を取って三徳を歎ずというなり。学者これを思え。「大覚(だいかく)()(そん)」の名義は弘一上十八に、「大導師」等は北本、涅槃(ねはん)経三十三・四、その外は末抄に云云。

一 此の仏陀(ぶつだ)

  この下は所説(しょせつ)の教法を挙げ、以て(せん)(じん)を判ずるなり。(まさ)にこの文の起尽(きじん)を知らんとするに、(すべから)く五種の三段を(りょう)すべし。本尊抄にこれを明かす。今、意を取ってこれを示すなり。

  第一には一代一経の三段。文に云く「一代の諸経(そう)じて之を(くく)るに(ただ)一経なり始め寂滅(じゃくめつ)道場より終り般若(はんにゃ)経に至るまでは序分(じょぶん)なり無量義経・法華経・()(げん)経の十巻は正宗(しょうしゅう)なり涅槃(ねはん)経等は流通(るつう)分なり」と。

  第二には法華一経の三段、第三には迹門熟益(じゅくやく)の三段、第四には本門脱益(だっちゃく)の三段なり。

  第二、第三、第四の分文は(すなわ)ち天台の一経三段、二経六段の分文に同じ。故に今これを略す。

 第五には文底下種の三段。文に云く「又本門に於て(じょ)(しょう)流通(るつう)有り過去大通仏の法華経より乃至現在の華厳経乃至迹門十四品涅槃経等の一代五十余年の諸経・十方(じっぽう)三世諸仏の微塵(みじん)の経経は皆寿量の序分(じょぶん)なり」と文。

  この中に「(また)本門に於て」とは、文底下種独一の本門なり。また「皆寿量」とは即ちこれ内証の寿量品・文底下種の本因(ほんにん)(みょう)の事なり。当に知るべし、過去の大通仏の法華経、乃至今日一代五十余年の諸経、十方三世の微塵の経々は皆久遠(くおん)下種の妙法を(あらわ)さんが為に(もう)くる所の経々なり。故に彼々(かれがれ)の経々は皆これ文底下種の妙法の序分なり。(しか)れば(すなわ)ち蓮祖大聖は末法に出現して即ち彼の文底下種の妙法を()(せん)す。故に知んぬ、過去の大通乃至今日一代五十余年の経々、十方三世の微塵(みじん)の経々は、皆これ末法弘通(ぐつう)法体(ほったい)・文底下種の妙法の序分なることを云云。重々の相伝云云。

 今、正しく文を分たば、次に所説の教法を()げて以て(せん)(じん)を判ず。また分ちて五段と為す。

  第一内外(ないげ)相対。「此の仏陀()」等の下の文は、即ち一代一経三段の意を用ゆるなり。

 第二(ごん)(じつ)相対。「但し仏教」等の下の文は、即ち法華一経三段の意を用ゆるなり。

 第三(しゅ)(だつ)相対。「但し此の経」等の下の文は、即ち文底下種の三段の意を用ゆるなり。

 第四権迹相対。「此に余愚見」の下の文は、即ち迹門熟益の三段の意を用ゆるなり。

 第五本迹(ほんじゃく)相対。「二には教主釈尊」の下の文は、即ち本門脱益(だっちゃく)の三段の意を用ゆるなり。

一 此の仏陀(ぶつだ)は三十成道(じょうどう)文。

第一内外相対の一代真実の文、分ちて三と()す。初めに標、次に「外典」の下は釈、三に「(しょ)成道」の下は結なり。釈中また二あり。初めに(きょう)(けん)、次に正釈(しょうしゃく)。見るべし云云。

第五段 権実相対して判ず

一 (ただ)し仏教に等

 第二権実相対の法華真実の文、分ちて三と()す。初めに種々の法相(ほっそう)を示し、次に「但し法華」の下は正釈、三に「此の(ことば)」の下は(けっ)(かん)なり。

                      つづく


開目抄愚記 上 目次



by johsei1129 | 2015-05-12 10:19 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23999494
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 開目抄愚記 上八      開目抄愚記 上六 >>