人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 28日

立正安国論愚記 二九

(ほっ)(すい)(せん)(じん)斟酌(しんしゃく)

高誘(こうゆう)(りょ)()春秋(しゅんじゅう)の註に云く「斟酌は其の善なる者を取って行う」と云云。故に知んぬ、「斟酌」は思慮(しりょ)分別(ふんべつ)してその善なる者を取って而も行う義なることを。今文の意も(また)(また)(しか)なり。或る師の「思慮の義を破る」は(かえ)って不可なるか。

(まさ)に知るべし「浅」は即ち余経、「深」は即ち法華なり。故に秀句に云く「(あさ)きは(やす)(ふか)きは(かた)し。六難は法華を指し、()()は余経を指す」(取意)と云云。法華はこれ大海なり云云。本地(ほんち)(じん)(じん)等云云。

一 仏家(ぶっけ)棟梁(とうりょう)

末法の「仏家の棟梁」は即ちこれ蓮祖大聖人なり。

故に撰時抄下三十九に云く「()ぬる文永八年九月十二日(さる)の時に平左衛門尉に向って云く日蓮は日本国の棟梁なり()を失なうは日本国の柱橦(はしら)を倒すなり」等云云。

一 (はと)()して(たか)()り等

註の如し。礼記(らいき)月令(がつりょう)に出ず。また(じゅ)(りん)四十三・十二に云く「春分の日、鷹化して鳩と為る。秋分の日、鳩化して鷹と為る。時の()なり」と。また云く「百年の(すずめ)江に入りて(はまぐり)と為り、千歳の(きじ)海に入りて(はまぐり)と為る」と云云。

問う、客(すで)に悪を転じて善と()る、「鳩化して鷹と為る」が如し。何ぞ「雀変じて蛤と為る」というや。

答う、これ勝劣の義を取るに(あら)ず、(ただ)変化(へんげ)の義を取るのみ。

一 ()()(しょう)と成る

「麻畝」の両字は詩経(しきょう)の五に云く「(あさ)()えること(これ)()(かん)せん、その(うね)(こう)(しょう)す。妻を(めと)ること(これ)を如何せん、必ず父母に告ぐ」と云云。史記六十・十二に云く「(よもぎ)麻中(まちゅう)に生ずれば(たす)けざるに(おのずか)(なお)し。白沙の泥中(でいちゅう)に在れば之が(ため)に皆黒し」と文。

友を選ぶべきこと要なり。大論の十四・五に云く「人に三(ごう)あり。諸善を()すに、()し身口の業善あれば意業も自然(じねん)に善に入る。(たと)えば曲草の麻中に生ずれば(たす)けざるに自ら(なお)きが如し」と云云。(注・衡従=平らかにすること)

(まさ)に知るべし、今この意に(じゅん)ずるに、(たと)名聞(みょうもん)の為にもせよ、若しは()(よう)の為にもせよ、身に妙法の行を立て、口に妙法の行を説け。(あるい)は身を仏前に(はこ)び、口に妙名を唱えよ。若し(しか)らば意業は自ら妙法の大善に入るべきなり云云。

一 風(やわ)らぎ(なみ)静かに

緑林の風和らぎ、白浪の浪静かに云云。「五風十雨」等云云。
一 不日(ふじつ)豊年(ぶねん)文。

常には漢音に呼ぶも今は呉音に呼べ。これ或る師の伝なり。「不日」とは詩経の注に云く「日を()ざるなり」と。故に知んぬ、(すみやか)なる義を「不日」ということを。「豊年」とは礼記(らいき)五に云く「祭は豊年にも(おご)らず、凶年にも(つづ)めず」等云云。九年六年三年の(たくわ)えの事云云。

一 (ただ)し人の心は時に随って(うつ)

(せん)()(もん)に云く「真を守れば(こころざし)満ち、物を()えば(こころ)移る」と云云。註に云く「中人の性は習いに随って則ち改まる。善に()えば善と()り、悪に逢えば悪と為る。心定まらざるを以てなり。『物を逐えば意移る』とは荘子に云く、凡夫の心は限り有るの身を(もっ)て限り無きの物を求め、(こころ)(つね)に定まらず」と文。

一 物の性は(きょう)()って改まる

「物」は即ちこれ人なり。(まさ)に知るべし、心性は本善悪(もとぜんあく)を具す。所以(ゆえ)に外境に随って善悪の念生ず。(たと)えば(すい)(しょう)の日輪の縁に随って火を生じ、月輪の縁に随って水を生ずるが如し。(すで)に境に依って善悪改変す、故に「境に依って改まる」というなり。

一 譬えば(なお)水中の月の波に動き

北本涅槃(ねはん)経十四・十九に云く「(もろもろ)の衆生等、少微(しょうみ)の縁を見て阿耨(あのく)菩提に於て即便(すなわ)ち動転す。水中の月の水動けば則ち動ずるが如し」と云云。

一 陣前の(いくさ)(つるぎ)(なび)く等

                    つづく



by johsei1129 | 2015-04-28 22:44 | 日寛上人 御書文段 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23951909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 立正安国論愚記 目次      立正安国論愚記 二八 >>