人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 11月 14日

能く此の経を説き、能く此の経を持つ人は、則ち如来の使なりと説いた【源遠長流御書】

【四条金吾殿御返事(源遠長流御書)】
■出筆時期:弘安二年(西暦1279年)九月十五日 五十八歳 御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本書は四条金吾が主君からの御勘気により所領を召し上げられたもかかわらず、法華経信仰を貫き再び所領を賜ったことについて大聖人は「此れ程の不思議は候はず此れ偏に陰徳あれば陽報ありとは此れなり」と讃えられておられる。
また熱原の法難で寝返った大進阿闍梨、三位房について、金吾が皆に問題がある弟子であることを話していた通り罰を受けたことについて「大進阿闍梨の死去の事、末代のぎば(耆婆)いかでか此れにすぐべきと皆人、舌をふり候なり。さにて候いけるやらん、三位房が事さう四郎が事、此の事は宛も符契符契と申しあひて候」と記し、金吾の洞察力が優れていることに感嘆されている。
さらに法華経法師品第十を引いて「凡夫にて候へども口に南無妙法蓮華経と申せば如来の使に似たり、過去を尋ぬれば不軽菩薩に似たり<中略>これをやしなはせ給う人人は豈浄土に同居するの人にあらずや」と記し、日蓮を供養し助けてくれる金吾とは、かならず浄土で同居つまり再び見えるであろうと金吾に慈愛の言葉をかけられておられる。
■ご真筆: 身延山久遠寺 曽存(明治8年の大火で消失)
[四条金吾殿御返事(源遠長流御書) 本文]

 
銭一貫文給いて頼基がまいらせ候とて法華経の御宝前に申し上げて候。定めて遠くは教主釈尊、並に多宝、十方の諸仏、近くは日月の宮殿にわたらせ給うも御照覧候ぬらん。さては人のよにすぐれんとするをば賢人、聖人とをぼしき人人も皆そねみ、ねたむ事に候。いわうや常の人をや。

 漢皇の王昭君をば三千のきさき(后)是をそねみ、帝釈の九十九億那由佗のきさきは橋尸迦(きょうしか)をねたむ。前(さき)の中書王をば、をの(小野)の宮の大臣(おとど)是をねたむ。北野の天神をば時平のおとど(大臣)是をざんそう(讒奏)して流し奉る。此等をもてをぼしめせ。入道殿の御内は広かりし内なれども、せばくならせ給いきうだち(公達)は多くわたらせ給う。内のとしごろ(年来)の人人、あまたわたらせ給へば、池の水すくなくなれば魚さわがしく、秋風立てば鳥こずえをあらそう様に候事に候へば、いくそばくぞ御内の人人そねみ候らんに、度度の仰せをかへし、よりよりの御心にたがはせ給へばいくそばくのざんげんこそ候らんに、度度の御所領をかへして今又所領給はらせ給うと云云。此れ程の不思議は候はず、此れ偏に陰徳あれば陽報ありとは此れなり。

 我が主に法華経を信じさせまいらせんと、をぼしめす御心のふかき故か。阿闍世王は仏の御怨(おんあだ)なりしが、耆婆大臣の御すすめによつて法華経を御信じありて代(よ)を持ち給う。妙荘厳王は二子(ふたりのみこ)の御すすめによつて邪見をひるがへし給う。此れ又しかるべし、貴辺の御すすめによつて今は御心もやわらがせ給いてや候らん、此れ偏に貴辺の法華経の御信心のふかき故なり。

 根ふかければ枝さかへ、源遠ければ流長しと申して、一切の経は根あさく流ちかく、法華経は根ふかく源とをし。末代・悪世までも、つきず・さかうべしと天台大師あそばし給へり。

 此の法門につきし人あまた候いしかども、をほやけ(公)わたくしの大難・度度重なり候いしかば、一年・二年こそつき候いしが、後後には皆或はをち、或はかへり矢をいる。或は身はをちねども心をち、或は心はをちねども身はをちぬ。

 釈迦仏は浄飯王の嫡子、一閻浮提を知行する事・八万四千二百一十の大王なり。一閻浮提の諸王・頭をかたぶけん上、御内に召しつかいし人十万億人なりしかども、十九の御年・浄飯王宮を出でさせ給いて檀特山に入りて十二年、其の間御とも(伴)の人五人なり。所謂拘鄰(くりん)と頞鞞(あび)と跋提(ばつだい)と十力迦葉と拘利(くり)太子となり。此の五人も六年と申せしに二人は去りぬ、残りの三人も後の六年にすて奉りて去んぬ。但一人残り給うてこそ仏にはならせ給いしか。法華経は又此れにもすぎて人信じがたかるべし、難信難解此れなり。又仏の在世よりも末法は大難かさなるべし。此れをこらへん行者は我が功徳には・すぐれたる事、一劫とこそ説かれて候へ。

 仏滅度後・二千二百三十余年になり候に、月氏一千余年が間・仏法を弘通せる人・伝記にのせて・かくれなし。漢土一千年・日本七百年・又目録にのせて候いしかども、仏のごとく大難に値える人人少し。我も聖人・我も賢人とは申せども、況滅度後の記文に値える人一人も候はず。竜樹菩薩・天台・伝教こそ仏法の大難に値える人人にては候へども、此等も仏説には及ぶ事なし。此れ即代(代)のあが(上)り法華経の時に生れ値はせ給はざる故なり。

 今は時すでに後五百歳・末法の始なり。日には五月十五日・月には八月十五夜に似たり。天台・伝教は先(さき)に生れ給へり、今より後は又のちぐへ(後悔)なり。大陣すでに破れぬ、余党は物のかずならず。今こそ仏の記しをき給いし後五百歳・末法の初・況滅度後の時に当りて候へば、仏語むなしからずば一閻浮提の内に定めて聖人出現して候らん。聖人の出ずるしるしには一閻浮提第一の合戦をこるべしと説かれて候に、すでに合戦も起りて候にすでに聖人や一閻浮提の内に出でさせ給いて候らん。きりん(麒麟)出でしかば孔子を聖人としる、鯉社な(鳴)つて聖人出で給う事疑なし。仏には栴檀の木を(生)ひて聖人としる。老子は二五の文を蹈(ふ)んで聖人としる。

 末代の法華経の聖人をば何を用つてかしるべき。経に云く「能説此経・能持此経の人・則如来の使なり」八巻・一巻・一品・一偈の人乃至題目を唱うる人・如来の使なり。始中終すてずして大難を・とをす人・如来の使なり。
 
日蓮が心は全く如来の使にはあらず、凡夫なる故なり。但し三類の大怨敵にあだまれて二度の流難に値へば如来の御使に似たり。心は三毒ふかく一身凡夫にて候へども、口に南無妙法蓮華経と申せば如来の使に似たり。過去を尋ぬれば不軽菩薩に似たり。現在を・とぶらうに加刀杖瓦石(かとうじょうがしゃく)にたがう事なし。未来は当詣道場疑いなからんか。これをやしな(養)はせ給う人人は、豈浄土に同居するの人にあらずや。事多しと申せどもとどめ候心をもて計らせ給うべし。

 ちごのそらう(所労)よくなりたり悦び候ぞ。又大進阿闍梨の死去の事、末代のぎば(耆婆)いかでか此れにすぐべきと皆人、舌をふり候なり。さにて候いけるやらん、三位房が事さう四郎が事、此の事は宛(あたか)も符契符契と申しあひて候。日蓮が死生をばまかせまいらせて候。全く他のくすしをば用いまじく候なり。

九月十五日                 日 蓮 花押
四条金吾殿


【妙法蓮華経 法師品第十】

我滅度後。能窃為一人。説法華経。乃至一句。当知是人。
則如来使。如来所遣。行如来事。何況於大衆中。広為人説。
(和訳)
我滅度の後、よく窃(ひそ)かに一人の為に、法華経の一句でも説けば、この人は即ち如来の使いにして、如来に遣わされ、如来の事(仕事)を行ずる人である。まして大衆の中において広く説くとするなら、尚更である。

by johsei1129 | 2019-11-14 20:28 | 四条金吾・日眼女 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23882418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 日月の光明の能く諸の幽冥を除く...      日蓮が一類は異体同心なれば人人... >>