人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 04月 01日

日月の光明の能く諸の幽冥を除くが如く斯の人世間に行じて能く衆生の闇を滅すと説いた【斯人行世間事】

【右衛門太夫殿御返事(斯人行世間事)】
■出筆時期:弘安二年(西暦1279年)十二月三日 五十八歳御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本書は鎌倉武士で強信徒の池上宗仲に宛てた書である。宗仲は幕府作事奉行で極楽寺良観の熱心な信徒であった父康光に、大聖人への帰依を捨てないことで二度にわたり勘当されている。しかし弟宗長を励ましながら、法華経信仰を終生貫き、弘安元年には勘当が解かれ、父も大聖人に帰依することになる。
 本書は非常に短い御書だが、大聖人は上行菩薩の再誕であるとの内証を明かすとともに「貴辺も上行菩薩の化儀(けぎ)をたすくる人なるべし」と、最大限の賞賛をされている。
■ご真筆: 現存していない。

[右衛門太夫殿御返事(斯人行世間事) 本文]   [英語版]

 抑(そもそも)久しく申し承らず候の処に御文到来候い畢んぬ。殊にあを(青)きうら(裏)の小袖一・ぼうし一・をび一すぢ・鵞目一貫文・くり一篭、たしかにうけとり・まいらせ候。
 
 当今は末法の始の五百年に当りて候。かかる時刻に上行菩薩・御出現あつて、南無妙法蓮華経の五字七字を日本国の一切衆生にさづけ給うべきよし、経文分明なり。又流罪死罪に行わるべきよし明かなり。日蓮は上行菩薩の御使にも似たり、此の法門を弘むる故に。

 神力品に云く「日月の光明の能く諸の幽冥を除くが如く斯(こ)の人世間に行じて能く衆生の闇を滅す」等云云。此の経文に斯人行世間の五の文字の中の人の文字をば誰とか思し食す。上行菩薩の再誕の人なるべしと覚えたり。

経に云く「我が滅度の後に於て応に斯の経を受持すべし、是の人仏道に於て決定(けつじょう)して疑(うたがい)有ること無けん」云云。 貴辺も上行菩薩の化儀をたすくる人なるべし。

弘安二年己卯十二月三日         日  蓮  花 押
右衛門太夫殿御返事

by johsei1129 | 2015-04-01 17:34 | 池上兄弟 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23852608
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 立正安国論愚記 十四      立正安国論愚記 十三 >>