人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 28日

Gosho 御義口伝下 Orally Transmitted teachings on the Lotus Sutra Part 2

第六 娑婆(しゃば)()中有仏名(ちゅううぶつみょう)釈迦牟(しゃかむ)尼仏(にぶつ)の事

Point Six, regarding the passage

「此の無量無辺百千万億阿僧祇(あそうぎ)の世界を過ぎて国有り、娑婆(しゃば)と名づく。是の中に仏(いま)す。釈迦牟(しゃかむ)()と名づけたてまつる」

“Beyond these immeasurable, boundless hundreds,thousands, ten thousands, millions of asamkhya worlds there is a land named sahā, and in it a Buddha named Shakyamuni.”

御義口伝に云く、本化(ほんげ)弘通(ぐつう)の妙法蓮華経の大忍辱(にんにく)の力を以て()(つう)するを娑婆と云うなり、

The Record of the Orally Transmitted Teachings says: The bodhisattvas of the essential teaching employing the power of great forbearance to proclaim and propagate Myoho-renge-kyo is known as sahā.

忍辱は寂光土(じゃっこうど)なり、

Forbearance is the Land of Eternally Tranquil Light.

此の忍辱の心を釈迦牟尼仏と云えり、

This mind of forbearance is called Shakyamuni Buddha.

娑婆とは堪忍(かんにん)世界と云うなり云云。

Sahā means a world in which one must exercise forbearance and learn to endure.



解説 Commentary


 

本文 OriginalText  目次 Index



by johsei1129 | 2015-03-28 21:35 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23835964
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Gosho 御義口伝下 Ora...      法華経はよきつるぎなれども使う... >>