人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 14日

GOSYO 御義口伝下 寿量品14

御義口伝に云く当品流布(るふ)の国土とは日本国なり、(そう)じては南閻浮提(なんえんぶだい)なり、

The Record of the Orally TransmittedTeachings says: The country where the teachings of this chapter are to be propagated is Japan, or in more general terms, the continent of Jambudvīpa.

所化とは日本国の一切衆生なり、修行とは無疑曰信の信心の事なり、

Those who are to be converted are all the living beings of Japan. The religious practice to be employed is the mind of faith, faith meaning “to be without doubt.”

授与の人とは本化地涌の菩薩なり云云。

Those who administer the teachings are the bodhisattvas of the essential teaching, the Bodhisattvas of the Earth.

           つぎのページ next page


解説 Commentary


本文Original Text   目次 Index



by johsei1129 | 2015-03-14 22:06 | WRITING OF NICHIREN | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23781960
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< GOSYO 御義口伝下 寿量品15      Gosho 御義口伝下 寿量品13 >>