人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 10日

法華経は持ち難し若し暫くも持つ者は我即ち歓喜す諸仏も亦然なりと説いた【此経難持御書】

【四条金吾殿御返事(此経難持御書)】
■出筆時期:文永十二年(西暦1275)三月六日 五十四歳御作。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本書は大聖人が、後の六老僧の一人、弁阿闍梨日昭から「四条金吾殿が法華経を持つ者は『現世安穏後生善処』と聞き、言われる通りに信仰してきたが、大難雨の如く来り候」と言っていると聞き、法華経見宝塔品 第十一の偈を引き、厳しく指導されておられるご消息文となっております。
■ご真筆: 現存していない。

[四条金吾殿御返事(此経難持御書) 本文]

此経難持の事、抑弁阿闍梨が申し候は、貴辺のかたらせ給ふ様に持つらん者は現世安穏・後生善処と承つてすでに去年より今日まで、かたの如く信心をいたし申し候処に、さにては無くして大難雨の如く来り候と云云。真にてや候らん又弁公がいつはりにて候やらん。いかさま、よきついでに不審をはらし奉らん。

 法華経の文に難信難解と説き給ふは是なり。此の経をききうくる人は多し、まことに聞き受くる如くに大難来れども憶持不忘の人は希なるなり。受くるはやすく、持つはかたし。さる間・成仏は持つにあり。此の経を持たん人は難に値うべしと心得て持つなり。「則為疾得・無上仏道(注)」は疑なし。三世の諸仏の大事たる南無妙法蓮華経を念ずるを持とは云うなり。

 経に云く「護持仏所属」といへり。天台大師の云く「信力の故に受け念力の故に持つ」云云。又云く「此の経は持ち難し若し暫くも持つ者は我即ち歓喜す諸仏も亦然なり」云云。火にたきぎを加える時はさかんなり、大風吹けば求羅は倍増するなり。松は万年のよはひを持つ故に枝を・まげらる。

 法華経の行者は火と求羅との如し、薪と風とは大難の如し。法華経の行者は久遠長寿の如来なり。修行の枝をきられ、まげられん事疑なかるべし。此れより後は此経難持の四字を暫時もわすれず案じ給うべし。
○恐恐。

文永十二年乙亥三月六日    日 蓮  花押
四条金吾殿

(注) 此経難持~無上佛道の法華経見宝塔品 第十一の該当する偈
   
   此經難持 若暫持者 我即歡喜 諸佛亦然
   如是之人 諸佛所歎 是則勇猛 是則精進
   是名持戒 行頭陀者 則爲疾得 無上佛道
  (和訳) 此の経は持つこと難し 若し暫も持つ者は 我(釈尊)即ち歓喜し 諸仏も然るなり
       是の如き人は 諸仏の歎(ほめる)ずる所なり 是れ即ち勇なり 是れ即ち精進なり
       是れ戒を持ち 頭陀を行ずる者と名づく 即ち是れ疾く  無上道を得るなり
       ※頭陀行(衣食住関わる一切の欲を捨てる修行:乞食(こつじき)
       ちなみに乞食のために、首からお経などをいれてぶら下げた袋を頭陀袋と称した。

by johsei1129 | 2015-03-10 20:12 | 四条金吾・日眼女 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23766516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< Gosho 御義口伝(就註法華...      法華経第七に云く「此の経は則ち... >>