人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 20日

此の曼陀羅は<略>三世の諸仏の御師一切の女人の成仏の印文なり、と説いた【妙法曼陀羅供養事】

【妙法曼陀羅供養事】
■出筆時期:文永十年(西暦1273年) 五十二歳 御作。
■出筆場所:佐渡・一谷、一谷入道の屋敷にて。
■出筆の経緯:本書は佐渡で日蓮大聖人と念仏僧らとの法論「塚原問答」に立ち会い、念仏信仰をその場で捨て、大聖人に帰依した阿仏房の女房、千日尼に送られと書と思われる。阿仏房と千日尼は人目を忍んで、夜間食料などを塚原三昧堂に運んで大聖人を外護された。その志を称え大聖人はご本尊を夫妻に下付したものと思われ、本書で御本尊の意義について「日本国一同に一闡提大謗法の者となる<中略>末代の一切衆生にとって大医、良薬」であると断じておられる。
■ご真筆: 現存していない。


[妙法曼陀羅供養事 本文]

 妙法蓮華経の御本尊供養候いぬ。此の曼陀羅(まんだら)は文字は五字七字にて候へども三世の諸仏の御師一切の女人の成仏の印文なり。冥途(めいど)にはともしびとなり死出(しで)の山にては良馬(りょうめ)となり・天には日月の如し、地には須弥山(しゅみせん)の如し、生死海の船なり、成仏得道の導師なり。、
 此の大曼陀羅は仏滅後・二千二百二十余年の間・一閻浮提(いちえんぶだい)の内には未だひろまらせ給はず、病によりて薬あり軽病には凡薬をほどこし、重病には仙薬をあたうべし。

 仏滅後より今までは二千二百二十余年の間は人の煩悩(ぼんのう)と罪業の病軽かりしかば・智者と申す医師(くすし)たち・つづき出でさせ給いて病に随つて薬をあたえ給いき。所謂倶舎(いわゆる・くしゃ)宗・成実(じょうじつ)宗・律宗・法相(ほっそう)宗・三論宗・真言宗・華厳宗・天台宗・浄土宗・禅宗等なり。彼の宗宗に一一に薬あり。所謂・華厳の六相十玄・三論の八不(はっぷ)中道・法相の唯識観(ゆいしきかん)・律宗の二百五十戒・浄土宗の弥陀の名号・禅宗の見性成仏・真言宗の五輪観・天台宗の一念三千等なり。

 今の世は既に末法にのぞみて諸宗の機(き)にあらざる上、日本国一同に一闡提大謗法(いっせんだい・だいほうぼう)の者となる。又物に譬(たと)うれば父母を殺す罪・謀叛(むほん)ををこせる科(とが)・出仏身血(すいぶつしんけつ)等の重罪等にも過ぎたり。三千大千世界の一切衆生の人の眼をぬける罪よりも深く、十方世界の堂塔を焼きはらへるよりも超えたる大罪を・一人して作れる程の衆生・日本国に充満せり。されば天は日日に眼をいからして日本国をにらめ、地神は忿(いか)りを作して時時に身をふるうなり。然るに我が朝の一切衆生は皆我が身に科(とが)なしと思ひ・必ず往生すべし・成仏をとげんと思へり。赫赫(かくかく)たる日輪をも目無き者は見ず知らず、譬えばたいこ(鼓)の如くなる地震をも・ねぶれる者の心には・おぼえず、日本国の一切衆生も是くの如し、女人よりも男子の科(とが)はををく・男子よりも尼のとがは重し・尼よりも僧の科(とが)はををく・破戒の僧よりも持戒の法師のとがは重し。持戒の僧よりも智者の科はをもかるべし、此等は癩病(らいびょう)の中の白癩病・白癩病の中の大白癩病なり。

 末代の一切衆生はいかなる大医いかなる良薬を以てか治す可きとかんがへ候へば、大日如来の智拳(ちけん)の印並びに大日の真言・阿弥陀如来の四十八願・薬師如来の十二大願・衆病悉除(しゅびょうしつじょ)の誓(ちかい)も此の薬には及ぶべからず、つやつや病・消滅せざる上・いよいよ倍増すべし。

 此等の末法の時のために教主釈尊・多宝如来・十方分身の諸仏を集めさせ給うて一の仙薬をとどめ給へり、所謂(いわゆる)妙法蓮華経の五の文字なり。此の文字をば法慧(ほうえ)・功徳林・金剛薩埵(さった)・普賢(ふげん)・文殊(もんじゅ)・薬王・観音等にもあつらへさせ給はず、何(いか)に況(いわん)や迦葉(かしょう)・舎利弗(しゃりほつ)等をや、上行菩薩(じょうぎょうぼさつ)等と申して四人の大菩薩まします、此の菩薩は釈迦如来・五百塵点劫(ごひゃくじんてんごう)よりこのかた御弟子とならせ給いて一念も仏を・わすれず・まします大菩薩を召し出して授けさせ給へり。されば此の良薬を持たん女人等をば此の四人の大菩薩・前後左右に立(たち)そひて・此の女人たたせ給へば此の大菩薩も立たせ給ふ乃至(ないし)此の女人・道を行く時は此の菩薩も道を行き給ふ。

 譬(たと)へば・かげと身と水と魚と声とひびきと月と光との如し。此の四大菩薩南無妙法蓮華経と唱えたてまつる女人をはな(離)るるならば・釈迦・多宝・十方分身の諸仏の御勘気(ごかんき)を此の菩薩の身に蒙(こうむ)らせ給うべし。提婆(だいば)よりも罪深く瞿迦利(くぎゃり)よりも大妄語のものたるべしと・をぼしめすべし。
 あら悦ばしや・あら悦ばしや、南無妙法蓮華経・南無妙法蓮華経。

                                               日 蓮 花押

by johsei1129 | 2019-10-20 13:15 | 阿仏房・千日尼 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23739555
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 『妙法蓮華経』の体(実体)は、...      はるばる佐渡に見参された乙御前... >>