人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 10月 13日

若し善比丘法を壊る者を見て置いて呵嘖せずんば(略)是の人は仏法の中の怨なりと説いた【真言諸宗違目】

【真言諸宗違目】
■出筆時期:文永九年(西暦1272年)五月五日 五十一歳 御作。
■出筆場所:佐渡・一の谷、一谷入道の屋敷にて。
■出筆の経緯:大聖人は本書を著した約一ヶ月の四月三日、塚原から一谷入道の屋敷に移居されておられる。この事で佐渡流罪が赦免になるのではと期待し、幕府要人に働きかける信徒の動きがあった。それについて大聖人は、日蓮が難に遭うのは「先業未だ尽きざるなり、日蓮流罪に当れば教主釈尊衣を以て之を覆いたまわんか」と説いて釈尊が必ず守ってくれると諭し、追伸では「赦免の動きをする者は不孝の者で、後生(来世の成仏)を手助けすることはできない。信徒各各は私のこの意図を知りなさい」と厳しく諌めておられる。その意味もあり、本書は信徒の重鎮である富木常忍に宛てられ、この書を門下に触れ回して皆に暗記させ、老人には詳しく読み聞かせなさいとまで指示されておられる。

■ご真筆: 中山法華経寺所蔵(重要文化財)。
f0301354_236448.jpg

[真言諸宗違目 本文]

 真言宗は天竺(てんじく)より之無し開元の始に善無畏(ぜんむい)三蔵・金剛智(こんごうち)三蔵・不空三蔵等・天台大師己証(こしょう)の一念三千の法門を盗んで大日経に入れて之を立て真言宗と号す、華厳(けごん)宗は則天皇后の御宇に之を始む、澄観(ちょうかん)等天台の十乗の観法を盗んで華厳経に入れて之を立て華厳宗と号す、法相(ほっそう)三論は言うに足らず、禅宗は梁(りょう)の世に達磨(だるま)大師楞伽(りょうが)経等を以てす大乗の空の一分なり、其の学者等大慢を成して教外別伝等と称し一切経を蔑如(べつじょ)す天魔の所為なり。浄土宗は善導等・観経等を見て一分の慈悲を起し摂地(じょうち)二論の人師に向つて一向専修の義を立て畢んぬ。日本の法然之を誤(あやま)り、天台真言等を以て雑行に入れ、末代不相応の思いを為して国中を誑惑(おうわく)して長夜に迷(まよ)わしむ。之を明めし導師は但日蓮一人なるのみ。

 涅槃経に云く「若し善比丘法を壊(やぶ)る者を見て置いて呵嘖(かしゃく)し駈遣(くけん)し挙処(こしょ)せずんば当に知るべし是の人は仏法の中の怨なり」等云云。潅頂章安(かんちょうしょうあん)大師云く「仏法を壊乱(えらん)するは仏法の中の怨なり慈無くして詐(いつわ)り親しむは即ち是れ彼が怨なり、彼が為に悪を除くは即ち是れ彼が親なり」等云云。法然が捨閉閣抛(しゃへいかくほう)・禅家等が教外別伝・若し仏意に叶わずんば日蓮は日本国の人の為には賢父なり聖親なり導師なり。之を言わざれば一切衆生の為に「無慈詐親即是彼怨」の重禍脱(じゅうかのが)れ難し、日蓮既に日本国の王臣等の為には「為彼除悪即是彼親」に当れり此の国既に三逆罪を犯す、天豈(あに)之を罰せざらんや。涅槃経に云く「爾(そ)の時に世尊・地の少しの土を取つて之を抓(つめ)の上に置いて迦葉に告げて言(のたま)わく、是の土多きや十方世界の地土多きや、迦葉菩薩(かしょうぼさつ)仏に白(もう)して言(もう)さく、世尊抓(つめ)の上の土は十方所有の土の比ならざるなり○四重禁(じゅうきん)を犯し五逆罪を作つて○一闡提(せんだい)と作(な)つて諸(もろもろ)の善根を断じ是の経を信ぜざるものは十方界所有の地土の如し○五逆罪を作らず○一闡提と作らず善根を断ぜず、是くの如き等の涅槃経典(ねはんきょうてん)を信ずるは抓(つめ)の上の土の如し」等云云。経文の如くんば当世日本国は十方の地土の如く日蓮は抓(つめ)の上の土の如し。
f0301354_00120065.jpg 















[真言諸宗違目 第六紙 真筆]

法華経に云く「諸の無智の人有つて悪口罵詈(めり)」等云云、法滅尽経(ほうめつじんきょう)に云く「吾・般泥洹(はつないおん)の後五逆濁世に魔道興盛(まどうこうじょう)なり、魔沙門と作つて吾が道を壊乱(えらん)す○悪人転(うた)た多くして海中の沙(いさご)の如し、劫尽きんとする時・日月転(うた)た短く善者甚だ少くして若しは一若しは二人」等云云、又云く「衆魔の比丘・命終の後精神当に無択地獄(むじゃくじごく)に堕つべし」等云云、今道隆が一党・良観が一党・聖一が一党・日本国の一切の四衆等は是の経文に当るなり、法華経に云く「仮使(たと)い劫焼(こうしょう)に乾れたる草を担(にな)いて負いて中に入つて焼けざらんも亦未だ難しとせず、我が滅度の後に若し此の経を持つて一人の為にも説かん是れ則ち為れ難し」等云云、日蓮は此の経文に当れり、「諸の無智の人有つて悪口罵詈(めり)等し及び刀杖(とうじょう)を加うる者あらん」等云云、仏陀(ぶつだ)記して云く後の五百歳に法華経の行者有つて諸の無智の者の為に必ず悪口罵詈・刀杖瓦礫(がりゃく)・流罪死罪せられん等云云、日蓮無くば釈迦・多宝・十方の諸仏の未来記は当に大妄語なるべきなり。

 疑つて云く、汝当世の諸人に勝るることは一分爾る可し真言・華厳・三論・法相等の元祖に勝るとは豈(あ)に慢過慢(まんかまん)の者に非ずや過人法(かにんほう)とは是なり汝必ず無間大城に堕つ可し、故に首楞厳経(しゅりょうごんきょう)に説いて云く「譬(たと)えば窮人妄(ぐうにんみだ)りに帝王と号して自ら誅滅(ちゅうめつ)を取るが如し、況んや復(また)法王如何ぞ妄りに竊(ぬす)まん、因地(いんち)直からざれば果紆曲(うきょく)を招かん」等云云、涅槃経に云く「云何(いか)なる比丘か過人法(かにんほう)に堕する○未だ四沙門果を得ず云何んぞ当(まさ)に諸の世間の人をして我は已に得たりと謂わしむべき」等云云、答えて云く法華経に云く「又大梵天(ぼんてん)王の一切衆生の父の如く」又云く「此の経は○諸経の中の王なり最も為(こ)れ第一なり能く是の経典を受持すること有らん者は亦復是くの如し一切衆生の中に於て亦為(こ)れ第一なり」等云云、伝教大師の秀句(しゅうく)に云く「天台法華宗の諸宗に勝れたるは所宗の経に拠(よ)るが故なり自讃毀他(じさんきた)ならず庶(ねがわ)くは有智の君子経を尋ねて宗を定めよ」等云云、星の中に勝れたる月・星月の中に勝れたるは日輪なり、小国の大臣は大国の無官より下る傍例なり、外道の五通を得るより仏弟子の小乗の三賢の者の未だ一通を得ざるは天地猶(なお)勝る、法華経の外の諸経の大菩薩は法華の名字即の凡夫より下れり、何ぞ汝始めて之を驚かんや、教に依つて人の勝劣を定む、先ず経の勝劣を知らずんば何ぞ人の高下を論ぜんや。

 問うて云く汝法華経の行者為らば何ぞ天汝を守護せざるや、答えて云く法華経に云く「悪鬼其の身に入る」等云云、首楞厳経に云く「修羅(しゅら)王有り世界を執持(しゅうじ)して能く梵王及び天の帝釈四天と権を諍う此の阿修羅は変化に因つて有り天趣(てんしゅ)の所摂なり」等云云。
能く大梵天王・帝釈・四天と戦う大阿修羅王有りて禅宗・念仏宗・律宗等の棟梁(とうりょう)の心中に付け入つて次第に国主国中に遷り入つて賢人を失う、是くの如き大悪は梵釈も猶防ぎ難きか、何に況んや日本守護の小神をや但地涌千界の大菩薩・釈迦・多宝・諸仏の御加護に非ざれば叶い難きか、日月は四天の明鏡なり、諸天定めて日蓮を知りたまうか、日月は十方世界の明鏡なり諸仏も定めて日蓮を知りたまうか、一分も之を疑う可からず、但し先業未だ尽きざるなり日蓮流罪に当れば教主釈尊衣を以て之を覆(おお)いたまわんか、去年(こぞ)九月十二日の夜中には虎口を脱れたるか「必ず心の固きに仮りて神の守り即ち強し」等とは是なり、汝等努努(ゆめゆめ)疑うこと勿れ決定して疑い有る可からざる者なり、恐恐謹言。

五月五日                   日 蓮  花押
此の書を以て諸人に触(ふ)れ示して恨を残すこと勿れ。
土木殿

与富木常忍  土木殿等の人人御中  日 蓮
空に読み覚えよ、老人等は具に聞き奉れ、早早に御免を蒙(こうむ)らざる事は之を歎く可からず、定めて天之を抑うるか、藤河入道を以て之を知れ、去年流罪(るざい)有らば今年横死に値う可からざるか、彼を以て之を惟(おも)うに愚者は用いざる事なり、日蓮が御免を蒙らんと欲するの事を色に出す弟子は不孝の者なり、敢て後生を扶く可からず、各各此の旨を知れ。

by johsei1129 | 2019-10-13 11:45 | 富木常忍・尼御前 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23732377
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 観心本尊抄の「(法華経の)一品...      多宝塔中にして二仏並坐の時上行... >>