人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 21日

一切の法は皆是仏法なりと知る 【当流行事抄】寿量品篇十一


問う、止観一に云わく「名字の中に於て通達(つうだつ)解了(げりょう)して、一切の法は皆是れ仏法なり」云云。今彼の文と同異如何(いかん)

 答う、其の(ことば)異なりと雖も其の(こころ)是れ同じ、今「釈尊凡夫の御時」と云うは即ち「名字の中に(おい)て」等に同じきなり、今「我が身地水火風空と知ろしめす」と云うは即ち「一切の法は皆是仏法と知る」に同じ。
 ()わく、一切の法の(ほか)我が身無く、我が身の外に一切の法無し、故に我が身(まった)く一切の法なり。地水火風空は即ち妙法五字なり、妙法五字の外に仏法無し、故に五大全く皆是れ仏法なり。故に其の(こころ)是れ同じきなり。然れば(すなわ)ち釈尊名字凡夫の御時、一切の法は皆是れ仏法なり、我が身の五大は妙法の五字なりと知ろしめし(すみや)かに自受用報身を成ず、故に「即座に悟りを開く」と云うなり。
 宗祖云わく「一切の法は皆是れ仏法なりと通達解了す、是れを名字即と()す、名字即の位より即身成仏す、故に(えん)(とん)の教には次位の次第無し」等云云。
 授職抄十七に云わく「天台六即を立てて円人の次位を判ずる、(なお)是れ(えん)(きょう)の教門にして証道の実義に非ず、(いか)に況や五十二位は別教に附ける権門の廃立(はいりゅう)なり」云云。 
 止観の六-二十一に云わく「円人は最も利なり、復是れ実説なり、復(ほん)(ちつ)無し」云云。
 相伝に云わく「寿量品の(こころ)は三世諸仏(ことごと)く名字妙覚の成道なり」(本文未見)云云。尼崎流(あまがさきりゅう)之に同じ云云。



          本因本果を弁じて是を当体蓮華と名づくにつづく



当流行事抄 目次  六巻抄 目次


by johsei1129 | 2015-01-21 09:30 | 日寛上人 六巻抄 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23578553
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 本因本果を弁じて是を当体蓮華と...      日蓮大聖人の垂迹化他を説きつく... >>