人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 03日

造仏讃嘆の真意を説き明かす 【末法相応抄下】三


 三に外難を
(しゃ)すとは、問う、日辰が記に云わく「唱法華題目抄に云わく本尊は法華経八巻一巻(あるい)は題目を書きて本尊と定むべし、又()えたらん人は釈迦・多宝を法華経の左右に書き作り立て奉るべし、又()えたらんは十方(じゅっぽう)の諸仏・普賢菩薩等をも書き造り奉るべし」已上。此の文の(こころ)は両尊四菩薩を法華経の左右に(あるい)は書き、或は作り立て奉るべしと見えたり云云、此の義如何(いかん)

答う、此は是れ佐渡已前、文応元年の所述なり、故に題目を以て(なお)(わく)()と為す、本化(ほんげ)の名目未だ(かつ)て之を出さず、(あに)仏の爾前経に異ならんや。日辰()し此の文に依って本尊を造立(ぞうりゅう)せば(すべから)く本化を除くべし、何ぞ(ほしいまま)に四大菩薩を添加(てんか)するや云云。

問う、又云わく、真間(まま)供養(くよう)三十七に云わく「釈迦御造仏の御事無始(むし)昿劫(こうごう)より已来(いらい)未だ顕われ(ましまさ)ざる己心の一念三千の仏を造り顕わし(ましま)すか、()せ参りて拝み(まい)らせ候わばや、欲令(よくりょう)衆生開仏知見乃至()(じつ)成仏()(らい)は是なり」云云。
 又四条金吾釈迦仏供養抄二十八に云わく「御日記の中に釈迦仏の木像一体云々、乃至此の仏は生身の仏にて御座(おわしまし)候」云云。
 又日眼女釈迦仏供養抄に云わく「三界の
(あるじ)教主釈尊一体三寸の木像之を造立し奉る、檀那(だんな)日眼女、現在には日々月々大小の難を払い、後生には必ず仏と成る可し」云云、此等の文如何(いかん)

答う、古来()して云わく、此は是れ(しばら)く一機一縁の為なり、(なお)継子(けいし)一旦(いったん)寵愛(ちょうあい)の如し、若し(しか)らずば如、何ぞ大黒を供養するや云云。
 真間抄の終りに云わく「
日外(いつぞや)大黒を供養し候」云云。

問う、日辰重ねて難じて云わく「若し一機一縁ならば、何ぞ真間(まま)・金吾・日眼の三人有るや。次ぎに継子一旦の寵愛とは宗祖所持の立像(りゅうぞう)の釈尊なり、何ぞ当宗の本尊に同ずるや」。此の難如何(いかん)

答う、一機一縁の名目何ぞ(すべから)く必ずしも一人に限るべけんや。

一乗要決の下-三十八に云わく「法華は広大、平等、明了の演説なり、余経の所説は則ち()くの如くならず、或は略説し或は一機に(とど)或は明了ならず」云云。既に平等に非ざるを名づけて一機と()す。故に知んぬ、(たと)い三五と雖も(あに)一機と云わざらんや。

梵網(ぼんもう)経の下-初に云わく「爾の時に()遮那(しゃな)(ぶつ)、此の大衆の為に略して百千恒沙(ごうしゃ)の法門の中の心地を開く」云云。 天台文の九-二十一に云わく「梵網は別して一縁の為に此くの如きの説を()す」文。

既に大衆を以て(なお)一縁と名づく、(いか)(いわん)や三五をや。日辰如何ぞ天台を難ぜざる。

開山上人云わく「諸仏の荘厳同じと雖も(いん)(けい)に依って異を弁ず、如来の本迹測り難し、眷属を以て之を知る、一体の形像(ぎょうぞう)頭陀(ずだ)(おう)(じん)に非ずや」云云。

日眼・金吾・真間(とも)に是れ一体仏(いったいぶつ)なり、故に全く立像の釈迦に同じ、(あに)継子一旦の寵愛に非ずや。日辰、実に一機一縁の為に非ずと思わば、(なん)ぞ一体仏を以て本尊と為さざるや。

 今謹んで案じて曰わく、本尊に非ずと雖も而も之を(しょう)(たん)す。略して三意有り。
 一には
(なお)是れ一宗弘通の初めなり、是の故に用捨時宜(じぎ)に随うか。
 二には日本国中一同に阿弥陀仏を以て本尊と為す。
(しか)るに彼の人々(たまたま)釈尊を造立す、(あに)称歎(しょうたん)せざらんや。
 三には吾が祖の
(かん)(けん)の前には一体仏の当体、全く是れ一念三千即自受用(じじゅゆう)の本仏の故なり。学者(よろ)しく善く之を思うべし。


 「生身の仏像」とは日蓮大聖人なり  につづく


by johsei1129 | 2015-01-03 20:18 | 日寛上人 六巻抄 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23509897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「生身の仏像」とは日蓮大聖人な...      絵像・木像をしりぞけ、妙法蓮華... >>