人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2015年 01月 02日

法華経は女人成仏を手本としてとかれたりと申す。と説いた【千日尼御前御返事】

【千日尼御前御返事】
■出筆時期:弘安元年(西暦1278年)七月二十八日 五十七歳御作
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:大聖人佐渡流罪中の念仏諸僧との法論(塚原問答)に立ち会い、その場で念仏信仰を捨て、夫妻で大聖人を外護された阿仏房が、弘安元年七月に佐渡から大聖人の草庵に三度目の見参をされた。本書は、その時阿仏房より受け取った妻千日尼の手紙に対する返書となっております。
 内容はかなりの長文で、法華経の日本国への伝来の歴史を詳細に記すとともに、「此の経(法華経)は女人成仏を手本としてとかれたりと申す」と断じ、女人が成仏できるのは法華経だけであることを説いておられます。
また千日尼の父十三回忌のご供養に対し、「あまりの御心ざしの切に候へば、ありえて御はしますに随いて法華経十巻をくりまいらせ候」と称え、大聖人がいかに佐渡流罪中の阿仏房夫妻の志を有難い事だと思われていたかがよくわかるご消息文となっております。
■ご真筆: 佐渡市 妙宣寺所蔵(重要文化財)
f0301354_19372060.jpg

[真筆箇所:本文緑字]

[千日尼御前御返事 本文]

 与阿仏房尼 弘安元年太歳戊寅七月六日・佐渡の国より千日尼と申す人、同じく日本国甲州・波木井郷の身延山と申す深山へ同じき夫の阿仏房を使として送り給う御文に云く、女人の罪障は・いかがと存じ候へども御法門に法華経は女人の成仏を・さきとするぞと候いしを万事は・たのみ・まいらせ候いて等云云。

 夫れ法華経と申し候・御経は誰れ仏の説き給いて候ぞとをもひ候へば・此の日本国より西・漢土より又西・流沙・葱嶺と申すよりは又はるか西、月氏と申す国に浄飯王(じょうぼんのう)と申しける大王の太子・十九の年・位をすてさせ給いて檀どく山と申す山に入り御出家・三十にして仏とならせ給い、身は金色と変じ神は三世をかがみさせ給う、すぎにし事・来るべき事・かがみにかけさせ給いておはせし仏の・五十余年が間、一代・一切の経経を説きおかせ給う。此の一切の経経・仏の滅後一千年が間・月氏国に・やうやくひろまり候いしかども、いまだ漢土・日本国等へは来り候はず。仏滅度後・一千十五年と申せしに漢土へ仏法渡りはじめて候いしかども又いまだ法華経はわたり給はず。

 仏法・漢土にわたりて二百余年に及んで月氏と漢土との中間に亀茲国と申す国あり。彼の国の内に鳩摩羅えん三蔵と申せし人の御弟子に鳩摩羅什と申せし人・彼の国より月氏に入り・須利耶蘇磨三蔵と申せし人に此の法華経をさづかり給いき。其の経を授けし時の御語に云く、此の法華経は東北の国に縁ふかしと云云。此の御語を持ちて月氏より東方・漢土へはわたし給いしなり。

 漢土には仏法わたりて二百余年・後秦王の御宇に渡りて候いき。日本国には人王第三十代・欽明天皇の御宇治十三年・壬申(みずのえさる)十月十三日辛酉(かのととり)の日、此れより西・百済国と申す国より聖明皇・日本国に仏法をわたす。此れは漢土に仏法わたりて四百年・仏滅後一千四百余年なり。其の中にも法華経はましまししかども人王第三十二代・用明天皇の太子・聖徳太子と申せし人、漢土へ使を・つかわして法華経を・とりよせ・まいらせて日本国に弘通し給いき。それより・このかた七百余年なり。仏滅度後すでに二千二百三十余年になり候上・月氏・漢土・日本の山山・河河・海海・里里・遠くへだたり人人・心心・国国・各各・別別にして語(ことば)かわり・しなことなれば、いかでか仏法の御心をば我等凡夫は弁え候べき。ただ経経の文字を引き合せてこそ知るべきに、一切経はやうやうに候へども法華経と申す御経は八巻まします、流通に普賢経・序文の無量義経・各一巻已上・此の御経を開き見まいらせ候へば明かなる鏡をもつて我が面を見るが・ごとし。

 日出でて草木の色を弁えるににたり。
序品の無量義経を見みまいらせ候へば「四十余年未だ真実を顕わさず」と申す経文あり。法華経の第一の巻・方便品の始めに「世尊の法は久しき後に要(かな)らず当に真実を説きたもうべし」と申す経文あり。第四の巻の宝塔品には「妙法華経・皆是真実」と申す明文あり、第七の巻には「舌相梵天に至る」と申す経文赫赫たり。其の外は此の経より外のさきのちならべる経経をば星に譬へ・江河に譬へ・小王に譬へ・小山に譬へたり、法華経をば月に譬へ・日に譬へ・大海・大山・大王等に譬へ給へり、此の語は私の言には有らず皆如来の金言なり・十方の諸仏の御評定の御言なり。

 一切の菩薩・二乗・梵天・帝釈・今の天に懸りて明鏡のごとくにまします。日月も見給いき聞き給いき其の日月の御語も此の経にのせられて候。月氏・漢土・日本国のふるき神たちも皆其の座につらなり給いし神神なり。天照太神・八幡大菩薩・熊野・すずか等の日本国の神神もあらそひ給うべからず。

 此の経文は一切経に勝れたり地走る者の王たり師子王のごとし・空飛ぶ者の王たり鷲のごとし、南無阿弥陀仏経等はきじのごとし兎のごとし・鷲につかまれては涙をながし・師子にせめられては腸わたをたつ、念仏者・律僧・禅僧・真言師等又かくのごとし、法華経の行者に値(あ)いぬれば・いろを失い魂をけすなり。かかるいみじき法華経と申す御経は・いかなる法門ぞと申せば、一の巻方便品よりうちはじめて菩薩・二乗・凡夫・皆仏になり給うやうを・とかれて候へどもいまだ其のしるしなし。設えば始めたる客人が相貌(すがた)うるわしくして心も・いさぎよく・よく口もきいて候へば・いう事疑なけれども・さきも見ぬ人なれば・いまだ・あらわれたる事なければ語のみにては信じがたきぞかし。其の時語にまかせて大なる事・度度あひ候へば・さては後の事も・たのもしなんど申すぞかし。一切信じて信ぜられざりしを第五の巻に即身成仏と申す一経第一の肝心あり。譬へばくろき物を白くなす事・漆を雪となし・不浄を清浄になす事・濁水に如意珠を入れたるがごとし。

 竜女と申せし小蛇を現身に仏になしてましましき、此の時こそ一切の男子の仏になる事をば疑う者は候はざりしか。されば此の経は女人成仏を手本としてとかれたりと申す。されば日本国に法華経の正義を弘通し始めましませし叡山の根本伝教大師の此の事を釈し給うには「能化所化倶に歴劫(りゃっこう)無し妙法経力即身成仏す」等。漢土の天台智者大師・法華経の正義をよみはじめ給いしには「他経は但男に記して女に記せず乃至今経は皆記す」等云云。此れは一代聖教の中には法華経第一・法華経の中には女人成仏第一なりと・ことわらせ給うにや。されば日本の一切の女人は法華経より外の一切経には女人成仏せずと嫌うとも・法華経にだにも女人成仏ゆるされなば・なにかくるしかるべき。

 しかるに日蓮は・うけがたくして人身をうけ・値いがたくして仏法に値い奉る。一切の仏法の中に法華経に値いまいらせて候、其の恩徳ををもへば父母の恩・国主の恩・一切衆生の恩なり。父母の恩の中に慈父をば天に譬へ悲母をば大地に譬へたり・いづれも・わけがたし。其の中にも悲母の大恩ことに・ほうじがたし。此れを報ぜんと・をもうに外典の三墳・五典・孝経等によて報ぜんと・をもへば現在を・やしないて後世をたすけがたし。身をやしない魂をたすけず・内典の仏法に入りて五千・七千余巻の小乗・大乗は女人成仏かたければ悲母の恩報じがたし、小乗は女人成仏・一向に許されず。大乗経は或は成仏・或は往生を許たるやうなれども仏の仮言にて実事なし。但法華経計りこそ女人成仏・悲母の恩を報ずる実の報恩経にて候へと見候いしかば、悲母の恩を報ぜんために此の経の題目を一切の女人に唱えさせんと願す。其れに日本国の一切の女人は漢土の善導・日本の慧心・永観・法然等にすかされて詮とすべきに、南無妙法蓮華経をば一国の一切の女・一人も唱うることなし。但南無阿弥陀仏と一日に一返・十返・百千万億反・乃至三万・十万反・一生が間・昼夜十二時に又他事なし。道心堅固なる女人も又悪人なる女人も弥陀念仏を本とせり。わづかに法華経をこととするやうなる女人も、月まつまでのてずさび・をもわしき男のひまに心ならず心ざしなき男にあうがごとし。

 されば日本国の一切の女人・法華経の御心に叶うは一人もなし。我が悲母に詮とすべき法華経をば唱えずして弥陀に心をかけば・法華経は本ならねば・たすけ給うべからず。弥陀念仏は女人たすくるの法にあらず必ず地獄に堕ち給うべし。いかんがせんと・なげきし程に我が悲母をたすけんがために・弥陀念仏は無間地獄の業なり・五逆には・あらざれども五逆にすぎたり。父母を殺す人は其の肉身をば・やぶれども父母を後生に無間地獄には入れず。今日本国の女人は必ず法華経にて仏になるべきを・たぼらかして一向に南無阿弥陀仏になしぬ。悪ならざればすかされぬ、仏になる種ならざれば仏にはならず・弥陀念仏の小善をもつて法華経の大善を失う・小善の念仏は大悪の五逆にすぎたり。譬へば承平の将門は関東八箇国をうたへ・天喜の貞任は奥州をうちとどめし・民を王へ通せざりしかば朝敵となりてついにほろぼされぬ。此等は五逆にすぎたる謀反なり。

 今日本国の仏法も又かくのごとし色かわれる謀反なり。法華経は大王・大日経・観無量寿経・真言宗・浄土宗・禅宗・律僧等は彼れ彼れの小経によて法華経の大怨敵となりぬるを・日本の一切の女人等は我が心のをろかなるをば知らずして我をたすくる日蓮を・かたきと・をもひて大怨敵たる念仏者・禅・律・真言師等を善知識とあやまてり。たすけんとする日蓮かへりて大怨敵と・をもわるるゆへに・女人こぞりて国主に讒言して伊豆の国へながせし上・又佐渡の国へながされぬ。

 ここに日蓮願つて云く日蓮は全く咎なし、設い僻事なりとも日本国の一切の女人を扶けんと願せる志は・すてがたかるべし。何に況や法華経のままに申す。而るを一切の女人等・信ぜずば・さでこそ有るべきに・かへりて日蓮をうたする。日蓮が僻事か釈迦・多宝・十方の諸仏・菩薩・二乗・梵・釈・四天等いかに計らい給うぞ。日蓮僻事ならば其の義を示し給へ。ことには日月天は眼前の境界なり。又仏前にしてきかせ給える上・法華経の行者をあだまんものをば「頭破れて七分と作らん」等と誓わせ給いて候へば、いかんが候べきと・日蓮強盛にせめまいらせ候ゆへに天此の国を罰すゆへに此の疫病出現せり。他国より此の国を天をほせつけて責めらるべきに・両方の人あまた死ぬべきに、天の御計らいとして・まづ民を滅ぼして人の手足を切るがごとくして大事の合戦なくして、此の国の王臣等をせめかたぶけて法華経の御敵を滅ぼして正法を弘通せんとなり。
 而るに日蓮・佐渡の国へ流されたりしかば彼の国の守護等は国主の御計らいに随いて日蓮をあだむ、万民は其の命に随う。念仏者・禅・律・真言師等は鎌倉よりも・いかにもして此れへ・わたらぬやう計ると申しつかわし、極楽寺の良観房等は武蔵の前司殿の私の御教書を申して弟子に持たせて日蓮を・あだみなんと・せしかば、いかにも命たすかるべきやうは・なかりしに・天の御計らいは・さてをきぬ。

地頭・地頭・念仏者・念仏者等・日蓮が庵室に昼夜に立ちそいてかよう人もあるを・まどわさんと・せめしに、阿仏房にひつを・しおわせ夜中に度度・御わたりありし事いつの世にか・わすらむ、只悲母の佐渡の国に生れかわりて有るか。

 漢土に沛公と申せし人・王の相有りとて秦の始皇の勅宣を下して云く沛公打ちて・まいらせん者には不次の賞を行うべし。沛公は里の中には隠れがたくして山に入りて七日・二七日なんど有るなり、其の時命すでに・をわりぬべかりしに、沛公の妻女呂公と申せし人こそ山中を尋ねて時時命をたすけしが彼は妻なればなさけすてがたし。此れは後世ををぼせずば・なにしにか・かくは・おはすべき。又其の故に或は所ををい或はくわれうをひき或は宅を・とられなんどせしに・ついに・とをらせ給いぬ。法華経には過去に十万億の仏を供養せる人こそ今生には退せぬとわ・みへて候へ。されば十万億供養の女人なり。其の上・人は見る眼の前には心ざし有りとも・さしはなれぬれば、心はわすれずとも・さでこそ候に、去ぬる文永十一年より今年弘安元年まではすでに五箇年が間・此の山中に候に佐渡の国より三度まで夫をつかはす。いくらほどの御心ざしぞ大地よりもあつく大海よりもふかき御心ざしぞかし。釈迦如来は我が薩た王子たりし時うへたる虎に身をかいし功徳・尸毘王とありし時・鳩のために身をかへし、功徳をば我が末の代かくのごとく法華経を信ぜん人に・ゆづらむとこそ、多宝・十方の仏の御前にては申させ給いしか。

 其の上御消息に云く尼が父の十三年は来る八月十一日又云くぜに一貫もん等云云。あまりの御心ざしの切に候へば・ありえて御はしますに随いて法華経十巻をくりまいらせ候。日蓮がこいしく・をはせん時は学乗房によませて御ちやうもんあるべし。此の御経を・しるしとして後生には御たづねあるべし。抑去年今年のありさまは・いかにか・ならせ給いぬらむと・をぼつかなさに法華経にねんごろに申し候いつれども・いまだいぶかしく候いつるに、七月二十七日の申の時に阿仏房を見つけて・尼ごぜんは・いかに・こう入道殿はいかにと・まづといて候いつればいまだやまず。こう入道殿は同道にて候いつるが、わせは・すでに・ちかづきぬ・こわなし、いかんがせんとて・かへられ候いつると・かたり候いし時こそ、盲目の者の眼のあきたる・死し給える父母の閻魔宮より御をとづれの・夢の内に有るをゆめにて悦ぶがごとし。あわれあわれふしぎなる事かな。此れもかまくらも此の方の者は此の病にて死ぬる人は・すくなく候。同じ船にて候へば・いづれもたすかるべしとも・をぼへず候いつるに、ふねやぶれて・たすけぶねに値えるか。又竜神のたすけにて事なく岸へつけるかと・こそ不思議がり候へ。

 さわの入道の事なげくよし尼ごぜんへ申しつたへさせ給え。ただし入道の事は申し切り候いしかば・をもい合せ給うらむ。いかに念仏堂ありとも阿弥陀仏は法華経のかたきをば・たすけ給うべからず。かえりて阿弥陀仏の御かたきなり後生悪道に堕ちてくいられ候らむ事あさまし。
 ただし入道の堂のらうにていのちをたびたびたすけられたりし事こそ・いかに・すべしとも・をぼへ候はね。学乗房をもつてはかにつねづね法華経を・よませ給えと・かたらせ給え。それも叶うべしとはをぼえず、さても尼のいかに・たよりなかるらむと・なげくと申しつたへさせ給い候へ、又又申すべし。

七月二十八日 日 蓮 花 押
佐渡国府阿仏房尼御前

by johsei1129 | 2015-01-02 20:13 | 阿仏房・千日尼 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23506304
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 末法は下種の仏を本尊となすべし...      一同に他事を捨てて南無妙法蓮華... >>