人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 14日

本門の戒壇の建立は富士山と断言 【文底秘沈抄第二】本門の戒壇篇


又云く「何ぞ必ずしも富士山を以て(たい)と為し、本山と()さんや」と云云。

今謂わく、嗚呼(ああ)我慢偏執(そもそも)何の益有らんや。富士山を以て本山と仰ぐべき文理明白なり。

一には富士山は是れ広宣流布の根源なるが故に。根源とは何、謂わく、本門戒壇の本尊是れなり、故に本門寺根源と言うなり、弘の一の本十五に云く「像末の四依(しえ)仏化(ぶっけ)()(せん)す。化を受け教を()(すべから)く根源を(たず)ぬべし、若し根源に迷わば則ち増上して真証に(らん)云云。宗祖云く「本門の本尊妙法蓮華経の五字を以て閻浮提に広宣流布せしむ」等云云。(すで)に是れ広布の根源の所住なり、()んぞ本山と仰がざらんや。

二には迹門を以て本門に例するが故に。()わく、迹門弘通の天台宗は天台山を以て既に本寺と為す、本門弘通の日蓮宗、(むし)ろ日蓮山を以て本山とせざらんや。三位(さんみ)日順の詮要抄に云く「天台大師は漢土天台山に(おい)て之を弘通す、富士山(また)日蓮山と名づく、最も此の山に於て本門寺を建立すべし、彼は迹門の本寺、此れは本門の本山疑い無き者なり、是れ深秘(じんぴ)の法門なり」云云。

三には本門大戒壇の霊場なるが故に、(およ)そ富士大日蓮華山は日本第一の名山にして(まさ)しく王城の鬼門(きもん)に当る故に、本門の戒壇応に此の地に建立すべき故なり云云。

四には末法万年の総貫首(そうかんず)所栖(しょせい)なるが故に。所謂血脈抄に云く「日興を付弟と定め(おわ)んぬ、予が入滅の導師として寿量品を始め奉るべし、万年已後(いご)未来(まで)の総貫首の証拠なり」等云云。

五には一閻浮提の座主(ざす)の所住なる故に、謂わく御遺状()に云く「本門寺建立の時は日目を座主と為し、日本乃至一閻浮提の山寺等に於て半分は日目嫡子分(ちゃくしぶん)として(かん)(りょう)せしむべし、残る所の半分は自余の大衆等之を領掌(りょうしょう)すべし」等云云。明文()くの如し、若し本山に非ずんば何ぞ未来までの総貫首及び一閻浮提の座主と称せんや、日饒(にちにょう)如何是五。

学者応に知るべし、独尊の金言(いつわ)り無く三師の相承(むな)しからず。富士山の(もと)に戒壇を建立して本門寺と名く。一閻浮提の諸寺・諸山、本山と仰ぐべきなり。天台の所謂「流れを()んで源を尋ね、香を()いで根を(たず)ぬ」とは是れなり。


本門の題目の深義を明かす  につづく

文底秘沈抄 目次
六巻抄 目次



by johsei1129 | 2014-12-14 20:47 | 日寛上人 六巻抄 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23432066
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 本門の題目の深義を明かす【文底...      本門戒壇への邪難を破す 【文底... >>