人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 14日

本門戒壇の文証を引く【文底秘沈抄第二】本門の戒壇編


次に文証を引くとは、本門寺の額に云く、大日本国富士山、本門寺根源等云云。
 御書外十六に御相承を引いて云く「日蓮
一期(いちご)の弘法白蓮阿闍梨日興に之を付嘱す、本門弘通(ぐつう)の大導師たるべし、国主此の法をたてらるれば富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり、時を待つべきのみ、事の戒法と()うは是れなり」等云云。
 開山上人門徒存知に云く「
(およ)そ勝地を(えら)伽藍(がらん)を建立するは仏法の通例なり、然るに駿河国富士山は日本第一の名山なり、最も是の(みぎり)において本門寺を建つべきなり」云云。

三位(さんみ)日順詮要抄に云く「天台大師は漢土天台山に於て之を()(せん)す、彼の山名を取って天台大師と号す、富士山亦日蓮山と名づく、最も此の山に於て本門寺を建つべし、彼は迹門(しゃくもん)の本寺、此れは本門の本山なり、此に秘伝有り」云云。

況や(また)本門戒壇は本尊所住の処、(あに)戒壇建立の霊地に非ずや。
 経(神力品)に云く「若しは経巻所住の処、若しは園中に
(おい)ても、若しは林中に於ても、乃至是の中皆応(みなまさ)に塔を起てて供養すべし」等云云。


               身延山の謗法を破す につづく

文底秘沈抄 目次
六巻抄 目次



by johsei1129 | 2014-12-14 12:06 | 日寛上人 六巻抄 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23430436
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 身延山の謗法を破す【文底秘沈抄...      本門戒壇の義と事を説き明かす【... >>