人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2014年 12月 14日

本門戒壇の義と事を説き明かす【文底秘沈抄第二】本門の戒壇編


()れ本門の戒壇に()有り、()有り、所謂(いわゆる)義の戒壇とは即ち是れ本門の本尊所住の処、義の戒壇に当たる故なり、例せば文句第十に「仏其の中に住す即ち是れ塔の義と釈するが如し」云云。(まさ)しく事の戒壇とは一閻浮提の人、懴悔(さんげ)滅罪(めつざい)の処なり、(ただ)(しか)るのみに非ず、梵天・帝釈までも来下(らいげ)して踏みたもうべき戒壇なり。秘法抄に云く「王臣一同に三秘密の法を持たん時、勅宣(ちょくせん)並びに御教書(みきょうしょ)を申し下して、霊山(りょうぜん)浄土に似たらん最勝の地を(たず)ねて戒壇を建立すべき者か、時を待つべきのみ事の戒法と申すは是れなり」等云云。宗祖云く「此の(みぎり)に臨まん(やから)は無始の罪障(たちま)ちに消滅し三業の悪転じて三徳を成ぜんのみ」云云。

問う、霊山浄土に似たらん最勝の地とは何処(いずこ)を指すとせんや。

答う、(まさ)に是れ富士山なるべし、故に富士山に於て本門の戒壇之を建立すべきなり、(まさ)に此の義を明かさんとするに(しばら)く三門に約す、所謂(いわゆる)、道理・文証・遮難(しゃなん)なり。

初めに道理とは

一には謂わく、日本第一の名山なるが故に(みやこの)(よし)()の富士山の記に云く「富士山は駿河の国に在り、(みね)削り成すが如く(ただ)(そび)えて天に()けり、其の高きこと測るべからず、()(せき)の記する所を歴覧(れきらん)するに未だ此の山より高きは有らざる者なり、(けだ)し神仙の遊萃(ゆうすい)する所なり」云云。

二には謂わく、(まさ)しく王城の鬼門に当たるが故に、義楚(ぎそ)(じょう)第二十一-五に云く「日本国(また)倭国と名づく、東海の中に在り、都城(とじょう)の東北千里に山あり、富士山と名づく」云云。東北は即ち是れ丑寅(うしとら)なり、丑寅を鬼門と名づくるなり。 (じゅ)(りん)十一-十一・簠記(ほき)第三云云。類聚の一の末五十三に云く「天竺(てんじく)の霊山は王舎(おうしゃ)(じょう)の丑寅なり、(しん)(たん)の天台山は(かん)陽宮(ようきゅう)の丑寅なり、日本の比叡山は平安城の丑寅なり、共に鎮護(ちんご)国家の道場なり」云云。上野抄()五-七に云く「仏法の住処(じゅうしょ)は鬼門の(かた)に三国(とも)に建つるなり、此等は相承の法門なり」云云。

三には謂わく、大日蓮華山と名づくるが故に、神道深秘二十六に云く「駿河国大日蓮華山」云云。今之を案ずるに山の形八葉の蓮華に似たるが故に(しか)名づくるなり。神社考四-二十に云く「富士縁起(えんぎ)に云く、孝安天皇九十二年六月富士山()(しゅつ)す、(すなわ)ち郡名を取って富士山と云う、(かたち)蓮華に似て絶頂に八葉あり」云云。古徳の富士の詩に云く「根は三州に(またが)(えん)(じゅ)(せっ)()云云(すで)に是れ日蓮山なり、最も此の処に於て戒壇を建つべきなり。自余之を略す。

 本門戒壇の文証を引く につづく
  
文底秘沈抄 目次
六巻抄 目次



by johsei1129 | 2014-12-14 11:51 | 日寛上人 六巻抄 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23430384
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 本門戒壇の文証を引く【文底秘沈...      応仏昇進・迹仏化他の本果を破す... >>