人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 18日

八十九、女性信徒への手紙 二 妙法比丘尼・持妙尼・内房御前

f0301354_16492079.jpg

 女性は夫という伴侶があって輝く。日妙のように信心を先として離縁した女性はまれである。日蓮も「女人は男の為に命を()つ」という。

 その愛する夫に先立たれた嘆きは、いかばかりか。たがいの愛情が深ければなおさらである。それは女性の身になってみなければわからない。墨染(すみぞめ)の衣に身をやつし、まどろめば夢に見、さめれば面影に立つ。

日蓮は手紙の中で、女性の心中にわけいり悲愁の思いを同じくしている。大難はものともしない日蓮だが、人々の悲しみは自分のこととして情をよせた。あらゆる悲嘆に無関心ではいられなかった。

尾張の次郎兵衛という人が亡くなった。死因は定かではない。ただ幼い子をのこして亡くなったというから、若死だったようである。

妻のなげきはひとかたでない。

日蓮は妻の心情をくみとり、一書を送った。

是はさておきぬ。彼の女房の御歎きいかゞとをしはかるにあはれなり。たとへばふぢ()はな()のさかんなるが、松にかゝりて思ふ事もなきに、松のには()かに()ふれ、つた()かき()にかゝれるが、かきの破れたるが如くにをぼすらん。内へ入れば主なし。やぶ()れたる家の柱なきが如し。客人(まろうど)来れども外に出でてあひしらうべき人もなし。夜のくらきには、ねや()すさまじく、はか()をみれば、しるしはあれども声もきこへず。又思ひやる死出の山、三途の河をば誰とか越え給ふらん、只(ひと)り歎き給ふらん。とゞめをきし御前たちいかに我をば()とり()るらん。さはちぎ()らざりとや歎かせ給ふらん。かたがた秋のふけゆくまゝに、冬の嵐のをとづるゝ声につけても、弥々(いよいよ)御嘆き(おも)り候らん。南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経。   妙法比丘尼御返事

閨とは寝室。すさまじくとは殺風景で冷ややかという意味である。ひとりのこされた婦人の苦しい心情を、自分のことのようにしるしている。

また持妙尼という未亡人にあてた手紙がある。

彼女は伯耆房日興の叔母で、高橋六郎兵衛の妻であったといわれる。

持妙尼は亡き夫の命日に、供養の金銭を師日蓮に送った。
 日蓮は深い愛情を()でている。

内容は心にしみわたるものがある。日蓮、五十五歳の時の手紙という。
 ここに全文をのせる。

 御そうぜん(僧膳)れう()送り給び候ひ(おわ)んぬ。すでに()入道殿のかくるゝ日にておはしけるか。()かう()まぎれ候ひけるほどに、うちわす(打忘)れて候ひけるなり。よもそれにはわす()れ給はじ。

  ()()ともうせしつわものは、漢王の御使ひに胡国(ここく)と申す国に入りて十九年、めもをと(女夫)こをはなれ、をとこもわするゝ事なし。あまりのこひ()しさに、おとこの衣を秋ごとにき()たのう()にて()ちけるが、おも()ひや()をりてゆきにけん、おとこの()ゝにきこへけり。ちん()()(注)といゝしものは、めをとこ(婦夫)はな()れけるに、()ゞみを()りてひとつづつ()りにけり。わするゝ時はとり()とびさり(飛去)けり。さうし(相思)といゐしものは、おとこを()ひては()にいたりて木となりぬ。相思樹(そうしじゅ)(注)と申すはこの木なり。大唐(だいとう)へわたるにしが(志賀)の明神(注)()と申す神をはす。おとこのも()こしへゆきしをこひて(かみ)となれり。しま()のすがたを()なににたり。まつらさよ(松浦佐与)ひめ()(注)といふ是なり。()にしへよりいまにいたるまで、をやこのわかれ、主従のわかれ、いづれか()らからざる。されどもを()こを()なのわかれほどた()げなかりけるはなし。過去遠々(おんのん)より女の身となりしが、このをとこ娑婆(しゃば)最後のぜん()()しき()(注)なりけり。

  ()りし()なをちしこのみは()きむすぶ いかに()人のかへらざるらむ

  こぞ(去年)()くことしもつらき月日かな おもひはいつも()れぬものゆえ

 法華経の題目となへまいらせて、まいらせ候へ。

  十一月二日          日蓮花押

持妙尼御前御返事

男女の別れほど尊いものはないという。恋愛を経験しなければ、いえない一言ではないだろうか。日蓮は恋愛の経験があったのだろうか。そう思わせるほどこの手紙は男女の情感に迫るものがある。
「散った花、落ちた木の実は(次の年には)再び咲き結ぶのに、なぜ亡くなった人は帰らないのだろうか」
「去年も悲しく、今年もつらい月日なのか、愛する夫を失った思いはいつも晴れないものだから」
 日蓮の消息で書かれることは極めてめずらしいこの二首の和歌は、持妙尼の心中をうたっている。「あなたの思いは日蓮はよくわかっております」という、持妙尼御前に強く共感している内容で、人間日蓮の一面がよく現れている。
 亡くなった夫のことをいつまでも想い続けるのは、仏法の見方からすれば凡夫の煩悩といってよい。しかし失った夫への思いにとらわれている女人に理を説いても通じない。
 法華経を象徴する白蓮華は他の草花・木花と異なり、泥中に大輪の清浄な白い花を咲かせる。これは煩悩即菩提を意味する。法華経は煩悩を滅することなく、その情念を菩提すなわち悟りへと昇華させる。日蓮は持妙尼の夫への思慕心に共感すると同時に「法華経の題目をとなへまいらせて、まいらせ候へ」と持妙尼にその思いを法華経に伝えるよう促し、煩悩の昇華を法華経に委ねるのだった。

内房(うつぶさ)の尼御前は現在の静岡県庵原郡内房に住んでいた。
 尼は日蓮の母親のような高齢であった。信心は純粋なようにみえたが、ある時、神社に参拝したついでに身延の日蓮をたずねようとした。

日蓮は神社に参拝するという謗法を尼御前が犯したことを聞き、謗法を犯したばかりの信徒と直ちに会うことにためらい、会おうとせずに尼御前をかえした。尼御前は理由がわからず、途方にくれた。だが日蓮は会うわけにはいかない。いっぽうでこのことを不審に思う彼女を退転させてもいけなかった。

日蓮は三沢小次郎という信徒に、内房の尼に会わなかった理由を説明して尼御前の気持ちをはらし、信心に疑いをもたないよう説得を依頼している。

日蓮は内房の尼のほかにも、物見遊山で身延の草庵にくる信徒を追いかえしている。

うつぶさ(内房)の御事は御としよ(年寄)らせ給ひて御わたりありし、いた()わしくをも()ひまいらせ候ひしかども、うぢが(氏神)みへまい()りてある()いでと候ひしかば、げざ(見参)んに入るならば定めて()みふかゝるべし。其の故は神は所従なり、法華経は主君なり。所従のついでに主君への()ざん()は世間にもをそれ候。其の上(あま)御身(おんみ)になり給ひてはまづ仏を先とすべし。かたがたの御とが()ありしかば、げざ(見参)せず候。此又尼ごぜん一人にはかぎらず、其の外の人々も、()()のゆのついでと申す者を、あまた()()へして候。尼ごぜんはをや()のごとくの御としなり。御なげきいたわしく候ひしかども、この義をしらせまいらせんためなり。  『三沢抄

     
    九十、 大尼御前への思い につづく


下巻目次


                             注

 ちんし

陳子。中国六朝時代の故事に出てくる人物。陳の国の太子に仕えていた(じょ)(とく)(げん)が妻との離別に際して、鏡を()りその半分を妻に渡した。のち半鏡を探し出した夫は妻の居所を知ったが、その時、妻はすでに他人の妻となっていたという。大平広記にある。また一説には同じく夫婦離別の際、鏡を破って半片を分けあった。後、その妻が人と通じてしまったとき、鏡はカササギと化して飛び夫の前に至ったという。

 相思樹

中国・戦国時代、夫が従軍して久しく帰らないので、その妻が思慕して死んでしまった。その墓の上に木が生じ、枝葉がすべて夫のいる方を向いていたという。相思樹はこの墓上の木をいう。

 しがの明神

福岡県糠屋郡の志賀島にある志賀海神社の祭神。この明神は志賀の(あら)()安曇(あずみ)()の祭る綿津(わたつ)()の三神で、古くから海の守護神として祭られ万葉集にも歌がのこる。

 まつらさよひめ

松浦佐与姫。肥前国(佐賀県)松浦に住んでいたという伝説的な美女。作用姫とも書く。宣化天皇の頃、任那(みまな)に行く大友狭手彦(おおとものさでひこ)と契りを結んだが、夫との別れを惜しんで山に登り、船にむかって()()(肩かけ)を振り続けたという。その山は領布麾(ひれふり)の嶺と名づけられた。古来、夫婦の別れの悲しさの譬えとして万葉集巻五などをはじめ多くの文学・演劇などにうたわれた。

 ぜんちしき

善知識。正直・有徳の友人のこと。悪知識に対する語。仏・菩薩・人・天等を問わず、人を仏道に導き入れる者をいう。
「善知識と申すは、一向師にもあらず、一向弟子にもあらずある事なり」『開目抄上



by johsei1129 | 2017-09-18 21:17 | 小説 日蓮の生涯 下 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23365910
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 九十、大尼御前への思い      八十八、女性信徒への手紙 一 光日房 >>