人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2020年 01月 25日

七十四、疫病、国土を襲う

さて日本の国情は悪化の一途をたどっていた。

不幸には不幸がかさなる。

国中が蒙古の憂いをかかえ、飢餓に見舞われているときに、新たな災難がふりかかった。

疫病である。

発達した医術などなかった時代である。この悲報は諸国に聞こえ、日蓮の山中にもとどいていた。

建治四年、日蓮五十七歳の時に書かれた手紙に、この時の悲惨な状況が記されている。

又去年の春より今年の二月中旬まで疫病(やくびょう)国に充満す。十家に五家・百家に五十家、皆()み死し、(あるい)はやまねども心は大苦に()へり。やむ者よりも(こわ)し。たまたま生き残りたれども、或は影の如く()ゐし子もなく、眼の如く面をならべし夫妻もなく、天地の如く(たの)みし父母もおはせず、生きても何かせん。心あらん人々(いか)でか()(いと)はざらん。三界無安とは仏説き給ひて候へども法に過ぎて見え候。『松野殿御返事

この疫病は建治三年春から大流行し、死者が続出した。翌年も衰えなかった。くわえてこの年、天候不順で大凶作となった。

朝廷はあわてて改元し、建治あらため弘安の世とした。弘安元年五月十八日には興福寺が観音像をつくり疫病の祈願を修した。さらに朝廷は五月二十六日、二十二社を召して祈願させた。

疫病は豊作ならば蔓延しない。日蓮は病のうえに飢饉がおそってくる様子をしるす。おなじく五十七歳の時に書かれた手紙である。

(こぞ)今年(ことし)は大えき()此の国にをこりて、人の死ぬる事大風に木の()うれ、大雪に草の()るゝがごとし。一人(ひとり)のこ()るべしとも()へず候ひき。しかれども又今年の寒温時にしたがひて、五穀は田畠に()ち草木はやさん(野山)()ひふさがりて尭舜(ぎょうしゅん)(注)の代のごとく、成劫(じようこう)のはじめかとみへて候ひしほどに、八月・九月の大雨大風に日本一同に(みの)らず、ゆきてのこれる万民冬を()ごしがたし。()ぬる寛喜(かんぎ)正嘉(しょうか)にも()え、来たらん三災にもおと()らざるか。自界(じかい)叛逆(ほんぎゃく)して盗賊国に充満し、他界きそ()いて合戦に心を()ひやす。民の心不孝にして父母を見ること他人のごとく、僧尼は邪見にして()(けん)(えん)(こう)との()へるがごとし。慈悲なければ天も此の国を()ぼらず、邪見なれば三宝にもすてられたり。又疫病(やくびょう)もしばらくは()みてみえしかども、鬼神かへり入るかのゆえに、北国も東国も西国も南国も、一同に()なげ()くよしきこへ候。  『上野殿御返事

 誹謗正法がつもれば国に小の三災がおこるという。(こつ)()(ひょう)(かく)・疫病である。

穀貴とは飢饉からはじまる穀物価格の上昇、すなわち猛烈なインフレをいう。兵革とは戦争である。これらはすべて人間が生みだす地獄・餓鬼・畜生の三悪道からおこる。

 日蓮はこの悪心が誹謗正法によってひきおこされるという。

 壊劫(えこう)の時は大の三災をこる、いはゆる火災・水災・風災なり。又減劫(げんこう)の時は小の三災をこる、ゆは()ゆる()飢渴(けかち)疫病(えきびょう)合戦(かっせん)なり。飢渴は大貪(だいとん)よりをこり、やく()()うは()()よりをこり、合戦(かっせん)瞋恚(しんに)よりをこる。今日本国の人々四十九億九万四千八百二十八人の男女、人々ことなれども同じく一つの三毒なり。所謂南無妙法蓮華経を(きょう)として()こる三毒なれば、人ごとに釈迦・多宝・十方(じっぽう)の諸仏を一時に()り、()め、流し、う()なうなり。是即ち小の三災の(ついで)なり。 『曾谷殿御返事

 三大悪である飢餓・疫病・戦争は、人間の内からおきる。外からくるものではない。日蓮は天台の法華文句記をひいてくわしく説く。 

  されば文句(もんぐ)の四に()はく「相とは四濁(しじょく)増劇(ぞうぎゃく)にして()の時に(じゅ)(ざい)せり。瞋恚増劇(しんにぞうぎゃく)にして刀兵(とうひょう)起こり、貪欲(とんよく)増劇にして飢餓(きが)起こり、愚癡(ぐち)増劇にして(しつ)(えき)起こり、三災起こるが故に煩悩(ますます)(さか)んにして(しょ)(けん)転熾(うたたさかん)なり」と。経に「如来(にょらい)現在、猶多怨嫉(ゆたおんしつ)況滅度後(きょうめつどご)」と()ふは是なり。法華不信の者を以て五濁(ごじょく)(しょう)(じゅう)の者とす。経に()はく「五濁の悪世には、但諸欲に(らく)(じゃく)せるを以て、是くの如き等の衆生、終に仏道を求めず」云云。仏道とは法華経の別名なり。天台云はく「仏道とは別して今経を指す」と。『御義口伝上 方便品八箇の大事

四濁とは生命のにごりの諸相をいう。煩悩濁・見濁・衆生濁・命濁である。一切衆生が煩悩と誤った思想にとりつかれると、個々の生命や社会全体、衆生の生命自体がにごる。この四濁がつづくと時代のにごりである劫濁を生み五濁が完成する。

聚在とはあつまること。増劇とはいちじるしく増すことである。怒りが増劇して戦争となり、貪欲が増劇して飢饉となり、愚かさが増劇して疫病となる。

飢饉は連続しておきた。また日本国は二月騒動につづく蒙古来襲の恐怖のため疲弊した。さらにまた病害がまきおこった。釈迦の未来記は恐ろしいほど正確である。

日本国の人々はいまだ妙法に帰依しない。日蓮は正法に背をむける人々を不孝の人という。主師親である教主釈尊にそむくからである。この疫病は日本国の不信が元凶という。

 これをもって案ずるに日本国の人は皆不幸の仁ぞかし。涅槃経の文に不孝の者は大地微塵よりも多しと説き給へり。されば天の日月、八万四千の星(おのおの)いか()りをなし、眼をいか()らかして日本国をにらめ給ふ。今の陰陽師(おんみょうじ)の天変(しき)りなりと奏し(そう)申す是なり。地夭(ちよう)日々に起こりて大海の上に小船を()かべたるが如し、今の日本国の小児(しょうに)(たましい)うし()なひ、女人(にょにん)()()く是なり。 『上野殿御返事

 

「小児は魂をうしなひ」とはどういう病であろう。「女人は血をはく」とは結核のことであろうか。

           七十五、病をしめす につづく


下巻目次

                 注

堯舜

唐尭と虞舜のこと。ともに中国上古の理想的帝王とされる伝説上の人物。史記などでは五帝に含まれる。尭は暦を作り、治水のため舜を起用し、ついで位を舜に譲った。舜は信賞必罰を明らかにし、天下を統一して地方を分治せしめ、()に治水を任せた。のち位を禹に譲った。尭舜の時代は孟子によって理想社会とされ、以後長く中国の政治の手本とされた。



by johsei1129 | 2020-01-25 08:04 | 小説 日蓮の生涯 下 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23365675
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< The Proof of th...      Writing to the ... >>