人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 22日

六十、 三度の高名(こうみょう)

f0301354_16254774.jpg
      (身延草庵跡)

 鎌倉の日妙の家は質素な作りだった。
 日妙は少年の荷造りを手伝っていた。少年の頭はきれいに剃られている。

そばで娘の(おと)御前が色とりどりの貝殻で遊んでいる。

少年はこれから甲斐身延の日蓮のもとへ所化として修行に行く。一人旅だった。

日妙が母親の目で、あどけない少年につげた。

「さあできましたよ。気をつけていくのですよ。病気がはやっています。気をつけて。生水をのんではいけません。命とりになります。よいですか」

「承知しました。それではいってまいります」

少年が日妙に頭をさげた。

「いままで親がわりになっていただき、ありがとうございました。このことは上人にもお伝えいたします。しばらくのあいだ留守にいたします。日妙さまもお元気で」

少年が旅立つ。

日妙はその後姿に、佐渡へ旅した自分を重ねあわせた。彼女は少年の背中に手をあわせた。

「どうか上人様のところへ無事つきますように。どうか立派な日蓮上人の弟子になりますように。どうか国をひきいる上人になれますように・・」

少年が小さくなっていく。その姿は十二の歳で旅立った日蓮と似ているようだった。

遊んでいた乙御前が心配した。

「お母さま。どうかしましたか」

 日妙がほほえむ。

「なんでもありません。さあお勤めしましょう」

 お勤めとは勤行のことである。

乙御前がふくれた。

「お母さま。わたしはいま遊んでおります」

母が娘と目をあわせた。

「お勤めしたら、いくらでも遊んでよいですよ。さあ祈りましょう。御本尊様に祈って、かなわぬことはないのです。わたしたちの行く末も、国の未来も」

日蓮は佐渡流罪中に、彼女に手紙を送っている。

日妙婦人は千里の海山をこえて罪人の自分をたずねにきた。日蓮の日妙への慈愛は娘の乙御前にもそそがれた。日妙のよろこびはいかばかりであったろう。

をとごぜんがいかにひと(成人)ゝなりて候らん。法華経にみやづ(宮仕)かわせ給ふほうこう(奉公)をば、をとごぜんの御いのちさい()わいになり候はん。いまは法華経をしのばせ給ひて仏にならせ給ふべき女人なり。かへすがへす、ふみ()ものぐ(物臭)さき者なれども、たびたび申す。又御房たちをもふびん(不便)にあたらせ給ふとうけ給わる。申すばかりなし。『乙御前母御書

若い弟子たちを養育する日妙に感謝している。「申すばかりなし」とは最大級の賛辞である。ふるい立つものがあったろう。

日妙親子が手をあわせ、題目を唱えはじめた。見つめるのは命がけの旅でさずかった御本尊だった。

日妙はこのあとも長く鎌倉にいた。そして幼い弟子たちを物心両面で支えていく。

宵の月が幕府被官、宿屋入道光則の館をてらす。

宿屋は縁側に立って月を見ていた。
 彼は物思いにふけった。やがて正座し、月にむかって手をあわせ、弱々しい声で唱えはじめた。

「南無妙法蓮華経」

宿屋は立正安国論を北条時頼に取りついだ人物である。彼は日蓮の強烈な個性に圧倒されていた。

 のちに宿屋は入信し、彼の屋敷は光則寺として今も鎌倉にのこる。

鎌倉では四条金吾が本尊に題目を唱えていた。妻日眼女と子の月満御前が唱和した。

金吾の骨太な声がひびく。彼は唱えながら日蓮の言葉をかみしめた。

苦をば苦とさとり、楽をば楽とひらき、苦楽ともに思ひ合はせて、南無妙法蓮華経とうち()なへ()させ給へ。これあに自受法楽にあらずや。いよいよ強盛の信力をいた()し給へ。 『四条金吾殿御返事

下総の富木常忍邸に勇ましい太鼓の音がひびいた。

富木常忍と太田乗明、そして部屋をうめた信徒が一幅の本尊に題目をあげる。

常忍の子は出家して日蓮の弟子となり、日頂と名のった。その若い日頂が導師をつとめる。

一人一人が本尊を見つめ唱和した。その声が空にひびく。

佐渡ヶ島は雪のまじる波が音をたてていた。南無妙法蓮華経と唱える声が、吹雪の寒々とした音をかき消すかのように聞こえてくる。

館には阿仏房と妻千日尼、国府入道夫妻そのほか島の信徒が、所せましと正座し、日蓮が図現した本尊に向かい題目をあげていた。日蓮がはるか甲斐から阿仏房に送ったのである。

その阿仏房への手紙にしるす。

あまりにありがたく候へば宝塔をかきあらはしまいらせ候ぞ。子にあらずんばゆづ()る事なかれ。信心強盛の者に非ずんば見する事なかれ。出世の本懐とはこれなり。阿仏房さながら北国の導師とも申しつべし。  『阿仏房御書

宝塔とは御本尊のことである。

佐渡は日蓮が去ったあとも法華経の勢いはやまなかった。弾圧をのりこえた信心は、いやがうえにも強固となった。しかし念仏者との確執は今もつづいている。

みな必死の形相で祈る。全員の題目が空にひびきわたった。

いっぽう甲斐山中では、うっそうと茂る森林に沢の音がひびく。

館では日蓮が本尊に力強い題目を唱えていた。日蓮は祈りながら、五十三年の生涯をふりかえった。

やるべきことはやりとげたのだ。とりわけ国主を三たび諌めたことは誇らしかった。三度の諫暁で自分の名を後代にとどめることができた。この満足感はたとえようもない。そしてこれを可能にした法華経の力。日蓮は悦びをおさえきれない。

外典に云はく、未萌(みぼう)をしるを聖人という。内典に云はく、三世を知るを聖人という。余に三度のかう()()うあり。一つには()にし文応元年七月十六日に立正安国論を最明寺殿に(そう)したてまつりし時、宿屋(やどや)の入道に向かって云はく、禅宗と念仏宗とを(うしな)ひ給ふべしと申させ給へ。此の事を御用ひなきならば、此の一門より事をこりて他国にせめられ給ふべし。二つには去にし文永八年九月十二日(さる)の時に平左衛門尉に向かって云はく、日蓮は日本国の棟梁(とうりょう)なり。予を失ふは日本国の柱を倒すなり。只今に自界(じかい)逆難(ほんぎゃくなん)とてどし(同士)()ちして、他国侵逼難(たこくしんぴつなん)とて此の国の人々他国に打ち殺さるゝのみならず、おおくいけどりにせらるべし。建長寺・寿福寺・極楽寺・大仏・長楽寺等の一切の念仏者・禅僧等が寺塔をば()きはらいて彼等が頸を()()はま()にて切らずば、日本国必ず滅ぶべしと申し候ひ(おわ)んぬ。第三には去年(こぞ)文永十一年四月八日左衛門尉に語って云はく、王地に生まれたれば身をば(したが)へられたてまつるやうなりとも、心をば随へられたてまつるべからず。念仏の無間獄、禅の天魔の所為(しょい)なる事は疑ひなし。殊に真言宗が此の国土の大なるわざわひにては候なり。大蒙古国を調伏せん(こと)真言師には仰せ付けらるべからず。()し大事を真言師調伏(じょうぶく)するならば、いよいよ此の国ほろぶべしと申せしかば、(より)(つな)問うて云はく、いつごろかよせ候べき。予言はく、経文にはいつとは()へ候はねども、(てん)御気色(みけしき)いかりすくなからず、()うに見えて候。よも今年はすごし候はじと語りたりき。此の三つの大事は日蓮が申したるにはあらず。(ただ)(ひとえ)に釈迦如来の御神(みたましい)我が身に入りかわせ給ひけるにや。我が身ながらも悦び身にあまる。  『撰時抄
                       

日蓮が唱える。

弟子たちがつづいて唱和していった。

「南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経・・・」

 すべての題目が満月の輝く澄みきった空に響きわたった。



          六十一、弟子たちの布教 につづく


中巻目次



by johsei1129 | 2017-07-22 22:00 | 小説 日蓮の生涯 中 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23362691
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 六十一、 弟子たちの布教      五十九、蒙古襲来 >>