人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 15日

三十七、流罪地、佐渡への船出

文永八年十月二十一日、一行は降り続く新雪に足あとをつけて越後寺泊の港についた。依智の本間邸を出立してから十二日間の行程となった。竜の口の法難から、はや一か月以上がすぎていた。道中、念仏の信徒などから誹謗されることも度々あり、佐渡で過ごすことの辛苦が容易に想像された。

雪は止むことがなく、港には日本海の荒い波がうちよせる。

佐渡ヶ島は目前にあった。日蓮の一行はこの寺泊で島に渡る順風を待ち、六日間留まることになった。

いよいよ佐渡へ向かう日、日蓮は苦衷にみちて弟子たちに告げる。

「佐渡は島国。食はとぼしいであろう。大勢では共倒れになる」

日蓮は佐渡行きをともにする弟子七人を選んだ。この中に伯耆房がいる。そして鎌倉に帰る弟子にはねぎらいの言葉をかけた。
「道中ご苦労であった。今はただ牢にいる日朗たちだけが心のこりだ。事態に動きがあれば、すぐ伝えてくだされ」

日蓮は相模依智で四条金吾らの信徒と別れ、さらに寺泊で弟子と別れなければならなかった。

佐渡に行く弟子、鎌倉に戻る弟子にはどちらもいばらの道が待っていた。佐渡に行く弟子には困窮する暮らしが、鎌倉に戻る弟子には幕府からの弾圧が待っていた。
 弟子たちは感きわまった。しかし伯耆房らの佐渡組と見送る若僧は、互いに声をかけることもなくただ見つめ合うばかりだった。仏道に入った弟子たちだ。師匠の前で無残な姿を見せることはできない。

彼らは思う。良観との雨乞いに勝利し、日蓮上人に帰依する人々が目に見えて増えてきたのも、ひと時の幻であったかと。

日蓮も佐渡での暮らしが厳しいものであることは十分承知していた。

今末法の始め二百余年なり。況滅度後(きょうめつどご)()しに闘諍(とうじょう)(ついで)となるべきゆへに、非理を(さき)として、濁世(じょくせ)()しに、召し合はせられずして、流罪乃至(ないし)寿(いのち)にもおよばんとするなり。『開目抄上』 

 しかし法華経を身読したという気概に満ちていたことは紛れもない事実であった。

 竜の口で実感した思いは、今も消えてはいない。ひたすら喜悦がこみ上げるだけだった

 日蓮は最後に、法華経を信ぜず誹謗する万人にさけぶ。

 卞和べんか)(注)は足を切られ(きよ)(まろ)(注)は(けがれ)(まろ)と云う名を給うて死罪に及ばんと欲す、時の人之を(わら)う。(しか)りと(いえど)()の人(いま)だ善き名を流さず、(なんじ)()が邪難も(また)(しか)る可し。勧持品に云く「(もろもろ)の無智の人有つて悪口(あっく)罵詈(めり)し」等云云。日蓮()の経文に(あた)れり、汝等何ぞ此の経文に入らざる。「及び(とう)(じょう)を加うる者」等云云、日蓮は()の経文を読めり、汝等何ぞ此の経文を読まざる。「常に大衆の中に在つて我等が(とが)(そし)らんと欲す」等云云、「国王・大臣・()羅門(らもん)居士(こじ)(むか)つて」等云云、「悪口(あっく)して顰蹙(ひんしゅく)数数(しばしば)(ひん)(ずい)せられん」数数とは度度(たびたび)なり日蓮が擯出は衆度(たびたび)流罪は二度なり」『寺泊御書

(それ)釈尊は娑婆(しゃば)に入り、羅什(らじゅう)(注)は(しん)に入り、伝教は戸那(しな)に入り、(だい)()師子(しし)は身をすつ。薬王は(ひじ)をやく。上宮(じょうぐう)(注)は手の皮をはぐ。釈迦菩薩(注)()は肉をうる。楽法(ぎょうぼう)(注)は骨を筆とす。天台の云はく「適時而已(ちゃくじにい)」(注)等云々。仏法は時によるべし。日蓮が流罪(るざい)は今生の小苦なれば、なげかしからず。後生には大楽をうくべければ、おおいに(よろこ)ばし。『開目抄下

教主釈尊は衆生を憐れむが故に、三界皆苦の娑婆世界に出現し、羅什三蔵は流砂をこえて妙法蓮華経を印度から漢土に伝え、持てる叡智のすべてを傾けて釈尊の極説、法華経を漢訳した。さらに伝教は波濤をしのいで法華を唐に求めた。

そして竜の口に魂魄を捨て発迹顕本した日蓮は、いま末法の本仏として万難をかかえ佐渡にゆく。

 日蓮は思う。この大難は今生の小苦である。これをのりこえてこそ未来の大楽がまっている。

船が寺泊の浜をはなれる。

吹雪の中、日本海はどんよりと黒ずんでいた。

船頭は、かなたの佐渡ヶ島へ向かって懸命に()こぐ

 日蓮は雪におおわれた蓑笠をあげ、前方の佐渡ヶ島をするどく見つめた。



                 三八、孤島佐渡での苦境 につづく




 卞和

 中国・周代の楚の人。卞邑(べんゆう)出身の()氏のこと。韓非子()氏篇によると、荊山で玉璞(ぎょくはく)(玉になる原石)を得て(れい)(おう)に献上した。王が玉人に鑑定させたところ、ただの石というので、王を(あざむ)く者として左足を切らせた。厲王の没後、即位した武王にも同様に璞を献上したが、またも石と鑑定されて右足を切られた。その後、文王が即位すると()(ざん)の下で璞を抱いて三日三晩泣き明かした。文王がこれを知り理由を問うて璞を得、磨かせたところ、はたして宝玉であったため、()()(へき)と名づけられた。

 清丸
 和気(わけの)清麻呂のこと。天平五年(七三三)~延暦十八年(七九九)。奈良末期から平安初期の貴族・政治家。神護景雲三年(七六九)に称徳天皇の寵僧・道鏡を天皇に立てよという託宣を勅使として確かめに行ったが、清麻呂は無道の人を除くべしとの神託を報告して道鏡の野心を斥けた。そのため別部(わけの)(けがれ)麻呂(まろ)と名を変えられて大隅(おおすみ)(鹿児島県)へ流され、一族も流罪となった。宝亀元年(七七○)に許されて都に帰り平安京造営に活躍した。()()()()

 得一

 生没年不明。平安初期の法相宗の学僧。徳一・得溢(とくいち)とも書く。伝教と三一権実の論争をした。藤原仲麻呂の子といわれる。出家して興福寺の修円から法相を学び、東大寺で法相を弘めたという。常陸(ひたち)国筑波山に中禅寺を建て、のち奥州の恵日寺に移って没した。弘仁八年(六一七)頃、伝教との間に著書を通じて法華経の権実に関する論争をした。

 羅什

 鳩摩羅什のこと。梵名クマーラジーヴァ。三四四年~弘始十一年(四○九)。中国(よう)(しん)(後秦)代の訳経僧。鳩摩羅耆婆(くまらぎば)鳩摩羅什(くまらじゅう)()とも書き、羅什三蔵とも呼ばれる。童寿と訳す。父はインドの一国の宰相・鳩摩羅炎、母は()()国王の妹・耆婆。七歳の時、母と共に出家し、諸国を遊歴して仏法を学び、国に帰って大乗仏教を弘めた。亀茲を攻略した中国の前秦(ぜんしん)(おう)()(けん)に迎えられ中国へ行く途中、前秦が滅亡したため、前秦の将軍・呂光父子の保護を受けて涼州に(とど)まった。その後、後秦王・姚興に迎えられて弘始三年(四○一)長安に入り、その保護の下に国師の待遇を得て、多くの訳経に従事した。その訳経数は出三蔵記集によると三五部二九四巻(開元釈教録によると七四部三八四巻)にのぼり、代表的なものに「妙法蓮華経」八巻などがある。その訳文は内容の秀抜と文体の簡潔とによって、後世まで重用された。羅什は死に際して、訳経の正しさを証明するため、我が身を焼いて、もし舌が焼けたなら、我が経を捨てよと遺言していた。そこで火葬にしたところ、予言どおり舌だけは焼けなかったと伝えられる。

「羅什三蔵の云はく、我漢土の一切経を見るに皆梵語(ぼんご)のごとくならず。いかでか此の事を顕はすべき。但し一つの大願あり。身を不浄になして妻を(たい)すべし。舌計り清浄になして仏法に妄語せじ。我死せば必ずやくべし。焼かん時、舌焼くるならば我が経をすてよと、常に高座(こうざ)にして()かせ給ひしなり。上一人より下万民にいたるまで願して云はく、願はくは羅什三蔵より後に死せんと。終に死し給ひて後、焼きたてまつりしかば、不浄の身は皆灰となりぬ。御舌計り火中に(しょう)蓮華生(れんげお)ひて其の上にあり。五色の光明を放ちて夜は昼のごとく、昼は日輪の御光をうばい給ひき。さてこそ一切の訳人の経々は軽くなりて羅什三蔵の訳し給へる経々、殊に法華経は漢土にはやすやすとひろまり候ひしか。」 『撰時抄

 上宮

 聖徳太子のこと。敏達天皇三年(五七四)~推古天皇三十年(六二二)。飛鳥時代の政治・宗教・思想家。用明天皇の第二皇子。名は(うまや)(どの)(とよ)(さと)(みみの)皇子(みこ)。推古天皇の皇太子となり、摂政として活躍し、冠位十二階・十七条憲法などを制定。また小野(おのの)妹子(いもこ)(つか)わして隋との国交を開始し、大陸文化の摂取に努めるなど、多くの業績をのこした。厚く仏法を信奉して善政を()き、民衆の崇望を受けた。また仏教興隆に尽力し、法華経などを講義して「三経義疏」を著わし、法隆寺・四天王寺などを建立した。

 釈迦菩薩

 釈迦が過去世に六波羅蜜などの菩薩道を修行した因位(修行位)の総称。例えば、尸毘(しび)王(布施(ふせ)波羅蜜を行じた時の王名)・忍辱(にんにく)仙人(せんにん)(忍辱波羅蜜を行じた時の名)などをいう。

 楽法

 釈迦仏が過去世で菩薩道を修行した時の名。楽法梵(ぎょうぼうぼん)()ともいう。楽法は妙法を(ねが)い求める意、梵志は梵天の法を求める意。大智度論には、楽法が菩薩道を修行中、仏に会えず、四方に法を求めて得られなかった時、バラモンに変じた魔が身の皮を紙とし、骨を筆となし、血をもって墨として書写するならば仏の一偈を教えようといった。楽法は即時に自らの皮を()ぎ、それをさらし乾かしてその偈を書写しようとした。すると、魔はたちまちに消え、この時この楽法の求道の心を知り、下方から現れた仏が深い法門を説き、これを聞いた楽法は無生忍を得ることができたとある。

「適時而已」

「時に(かな)而巳(のみ)」と読む。衆生を教化する方法に摂受と折伏があるが、二門のいずれかを用いるかは時によるべきであるということ。法華玄義巻九上に『法華折伏・破権門理』とあるように、末法は折伏弘通を行ずるのが時に適った修行である。




by johsei1129 | 2017-07-15 12:48 | 小説 日蓮の生涯 中 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23361563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 三十八、 孤島佐渡での苦境      三十六、末法の本仏としての確信 >>