人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 15日

法の本尊を説き明かす二【文底秘沈抄第二】第一本門本尊篇


問う、本尊抄の文古義(こぎ)(らん)(きく)たり。所謂(いわゆる)

一には本迹抄の一に云く「国土世間と十如是と(ただ)開合の異なるが故に竹膜を隔つと云うなり」云云。

二には決疑抄の下に曰く「九界の一念三千と仏界の一念三千と(ただ)竹膜を隔つるなり」云云。
 三には又云く「(のう)()の十界、(しょ)()の国土既に一念に具する故に只竹膜を隔つるなり」云云。
 四には幽微録(ゆうびろく)の四に云く「迹化の内証自行の辺と宗門の()(しょう)と只竹膜を隔つるなり」。 
 五には又云く「十界久遠の曼荼羅(まんだら)と一念三千と只竹膜を隔つるなり」。
 六には又云く「法相に約すれば本有の三千、行者に約すれば一念三千、少分の異なるが故に竹膜を隔つと云うなり」云云。 
 七には日朝の抄に云く「迹門は理円、本門は事円、事理の心地只竹膜を隔つるなり」。
 八には又云く「本門の一念三千之を顕わし(おわ)んぬれば自己の一念三千と只竹膜を隔つるなり」云云。
 九には(にち)(きょう)の抄に云く「迹門には未だ国土世間を説かず、本門には之を説く、此の不同の相只竹膜を隔つるなり」云云。
 十には安心録に云く「一念三千、(ぼん)(しょう)同体なり、迷悟之を隔つること猶竹膜の如きなり」云云。
 十一には啓蒙(けいもう)十八に云く「寿量品の因果国の法相と一念三千の本尊と只竹膜を隔つるなり」云云。
 十二には日忠の本尊抄の抄に云く「十界久遠の上に国土世間(すで)に顕わる、一念三千の法門と只竹膜を隔つるなり」云云。
 十三には(にっ)(しん)の抄に云く「一念三千始めの相違は竹膜の如く、終りの相違は天地の如し、謂わく、迹門の妙法を一念三千と名づくると、本門の妙法を一念三千と名づくると(ただ)竹膜を隔つるなり、若し種熟の流通に約して本化迹化の三千の不同を論ぜば天地水火の如くなり」云云。
 十四には日我の抄に云く「一念三千(ほと)んど竹膜を隔つとは()(じょう)()(じょう)と、事の一念三千と理の一念三千となり、雖近而(すいごんに)()(けん)(たぐい)なり、近き処の事の一念三千を知らざるを竹膜を隔つと云うなり」云云。

 其の(ほか)之を略す云云。 

註解

本尊抄の文とは「一念三千殆ど竹膜を隔つ」の文である。本尊抄の文意は、法華経本門からみれば、迹門と大地微塵の経教の違いは竹の膜ほどだが、さらに文底独一本門から見れば、この本迹二門の相違は竹膜の薄さとなり、変わりがないとの意。

〇古義蘭菊とは、文底独一本門を知らないために、本門と迹門ばかりか一念三千にも迷うこと。十四の我見をもって、独一本門の尊さを知るべきである。

         法の本尊を解き明かす三 につづく

文底秘沈抄 目次

六巻抄 目次



by johsei1129 | 2014-11-15 16:14 | 日寛上人 六巻抄 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23286358
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 地獄と仏とは・・・委細にたづね...      法の本尊を説き明かす一【文底秘... >>