人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2019年 11月 14日

法を壊る者を見て責めざる者は仏法の中の怨なりと説いた書【滝泉寺申状】

【滝泉寺申状】
■出筆時期:弘安二年十月(西暦1279年) 五十八歳 御作(代作)。
■出筆場所:身延山中 草庵にて。
■出筆の経緯:本書の題号である滝泉寺は駿河国富士郡の天台宗寺院で、この寺院の僧、日秀・日弁らは日興上人の教化により大聖人に帰依した。これに怒りをなした院主代の行智は彼等を寺から追放するために幕府に訴えにでる。本書は日興上人の反訴状の草案に大聖人が添削加筆し、最終的に日興上人が取りまとめ問註所に訴状として提出している。本草案は全11紙からなり、前半の8紙は大聖人が書き記し、残りは主に日興上人が書き記していると思われる。
■ご真筆: 中山法華経寺所蔵(重要文化財)。
法を壊る者を見て責めざる者は仏法の中の怨なりと説いた書【滝泉寺申状】_f0301354_2242331.jpg

[滝泉寺申状 ご真筆 中山法華経寺所蔵]

[滝泉寺申状 本文]

 駿河の国・富士下方(しもかた)滝泉寺の大衆・越後房日弁・下野房(しもずけぼう)日秀等謹んで弁言す。
 当寺院主代・平左近入道行智・条条の自科を塞(ふさ)ぎ遮(さえぎ)らんが為に不実の濫訴(らんそ)を致す謂れ無き事。
 訴状に云く日秀・日弁・日蓮房の弟子と号し法華経より外の余経或は真言の行人は皆以て今世後世叶う可からざるの由・之を申す云云取意。

 此の条は日弁等の本師日蓮聖人・去る正嘉以来の大彗星大地動等を観見し一切経を勘えて云く当時日本国の体たらく権小に執著し実経を失没せるの故に当に前代未有の二難を起すべし所謂自界叛逆難・他国侵逼難なり、仍(よっ)て治国の故を思い兼日(かねて)彼の大災難を対治せらる可きの由、去る文応年中・一巻の書を上表す立正安国論と号す勘え申す所皆以て符合す既に金口(きんく)の未来記に同じ宛も声と響(ひびき)との如し、外書に云く「未萠を知るは聖人なり」内典に云く「智人は起を知り蛇は自ら蛇を知る」云云、之を以て之を思うに本師は豈聖人なるかな巧匠(きょうしょう)内に在り国宝外に求む可からず、外書に云く「隣国に聖人有るは敵国の憂(うれい)なり」云云、内経に云く「国に聖人有れば天必ず守護す」云云。 外書に云く「世必ず聖智の君有り而して復賢明の臣有り」云云、此の本文を見るに聖人・国に在るは日本国の大喜にして蒙古国の大憂なり諸竜を駆り催して敵舟を海に沈め梵釈に仰せ付けて蒙王を召し取るべし、君既に賢人に在(ましま)さば豈(あに)聖人を用いずして徒(いたずら)に他国の逼(せめ)を憂えん。

 抑(そもそも)大覚世尊・遥(はるか)に末法闘諍堅固の時を鑒み此くの如きの大難を対治す可きの秘術を説き置かせらるるの経文明明たり、然りと雖も如来の滅後二千二百二十余年の間・身毒(しんどく)・尸那・扶桑等・一閻浮提の内に未だ流布せず、随つて四依の大士内に鑒みて説かず天台伝教而も演べず時未だ至らざるの故なり、法華経に云く「後の五百歳の中に閻浮提に広宣流布す」云云、天台大師云く「後五百歳」妙楽云く「五五百歳」伝教大師云く「代を語れば則ち像の終り末の初め地を尋ぬれば唐の東・羯(かつ)の西・人を原(たず)ぬれば則五濁の生・闘諍の時」云云、東勝西負の明文なり。

 法主聖人・時を知り国を知り法を知り機を知り君の為臣の為神の為仏の為災難を対治せらる可きの由・勘え申すと雖も御信用無きの上・剰(あまつ)さえ謗法人等の讒言に依つて聖人・頭(こうべ)に疵(きず)を負い左手を打ち折らるる上・両度まで遠流の責を蒙むり門弟等所所に射殺され切り殺され毒害・刃傷・禁獄・流罪・打擲(ちょうちゃく)・擯出(ひんずい)・罵詈(めり)等の大難勝(あ)げて計(かぞ)う可からず、茲(ここ)に因つて大日本国・皆法華経の大怨敵と成り万民悉く一闡提の人と為るの故に天神・国を捨て地神・所を辞し天下静ならざるの由・粗伝承するの間・其の仁に非ずと雖も愚案を顧みず言上せしむる所なり、外経に云く「奸人朝に在れば賢者進まず」云云、内経に云く「法を壊(やぶ)る者を見て責めざる者は仏法の中の怨なり」云云。

 又風聞の如くんば高僧等を崛請(くっせい)して蒙古国を調伏(じょうぶく)す云云、其の状を見聞するに去る元暦・承久の両帝・叡山の座主・東寺・御室・七大寺・園城寺等検校(けんぎょう)長吏等の諸の真言師を請い向け内裏の紫宸殿にして咒咀し奉る故源右将軍(げんうしょうぐん)並に故平右虎牙(へいうこが)の日記なり、此の法を修するの仁は敬つて之を行えば必ず身を滅し強いて之を持てば定めて主を失うなり、然れば則ち安徳天皇は西海に沈没し叡山の明雲は流矢(ながれや)に当り後鳥羽法皇は夷島(えびすのしま)に放ち捨てられ東寺・御室は自ら高山に死し北嶺の座主は改易の恥辱に値う、現罰・眼に遮(さえぎ)り後賢之を畏る聖人・山中の御悲みは是なり。

 次ぎに阿弥陀経を以て例時の勤(つとめ)と為す可きの由の事。
 夫れ以(おもん)みれば花と月と水と火と時に依つて之を用ゆ必ずしも先例を追う可からず、仏法又是くの如し時に随つて用捨す、其の上・汝等の執する所の四枚の阿弥陀経は四十余年未顕真実の小経なり、一閻浮提第一の智者たる舎利弗尊者は多年の間・此の経を読誦するも終に成仏を遂げず、然る後・彼の経を抛(なげう)ち末に法華経に至つて華光如来と為る、況や末代悪世の愚人・南無阿弥陀仏の題目計りを唱えて順次往生を遂ぐ可しや、故に仏・之を誡(いさ)めて言く法華経に云く「正直に方便を捨て但無上道を説く」と云云教主釈尊正しく阿弥陀経を抛ちたまう云云、又涅槃経に云く「如来は虚妄の言無しと雖も若し衆生の虚妄の説に因るを知れば」と云云、正しく弥陀念仏を以て虚妄と称する文なり、法華経に云く「但楽(ねがっ)て大乗経典を受持し乃至余経の一偈をも受けざれ」云云、妙楽大師云く「況や彼の華厳但以て称比(しょうひ)せん此の経の法を以て之を化するに同じからず故に乃至不受余経一偈と云う」云云。彼の華厳経は寂滅道場の説・法界唯心の法門なり、上本は十三世界微塵品・中品は四十九万八千偈・下本は十万偈四十八品今現に一切経蔵を観るに唯八十・六十・四十等の経なり、其の外の方等・般若・大日経・金剛頂経等の諸の顕密大乗経等を尚・法華経に対当し奉りて仏自ら或は未顕真実と云い或は留難多きが故に或は門を閉じよ或は抛て等云云、何に況や阿弥陀経をや、唯大山と蟻岳(ぎがく)との高下・師子王と狐兎との捔力(すもう)なり。
 今日秀等専ら彼等小経を抛(なげう)ち専ら法華経を読誦し法界に勧進して南無妙法蓮華経と唱え奉る豈殊忠に非ずや、此等の子細御不審を相貽(のこ)さば高僧等を召され是非を決せらる可きか、仏法の優劣を糺明致す事は月氏・漢土・日本の先例なり。今明時に当つて何ぞ三国の旧規に背かんや。

 訴状に云く今月二十一日数多(あまた)の人勢を催し弓箭(きゅうせん)を帯し院主分の御坊内に打ち入り下野坊は乗馬相具(じょうめあいぐ)し熱原の百姓・紀次郎男・点札(たてふだ)を立て作毛を苅り取り日秀の住房に取り入れ畢んぬ云云取意。

 此の条・跡形も無き虚誕(こたん)なり日秀等は損亡せられし行者なり不安堵の上は誰の人か日秀等の点札を叙用せしむ可き、将た又尫弱(おうにゃく)なる土民の族(やから)・日秀等に雇い越されんや、然らば弓箭を帯し悪行を企つるに於ては行智云く近隣の人人争つて弓箭を奪い取り其の身に召し取ると云うが如き子細を申さざるや、矯飾(きょうじき)の至り宜しく賢察に足るべし。
日秀・日弁等は当寺代代の住侶として行法(ぎょうぼう)の薫修(くんじゅう)を積み天長地久の御祈祷を致すの処に行智は乍(たちまち)に当寺霊地の院主代に補し寺家・三河房頼円並に少輔房(しょううぼう)日禅・日秀・日弁等に行智より仰せて、法華経に於ては不信用の法なり速(すみやか)に法華経の読誦を停止(ちょうじ)し一向に阿弥陀経を読み念仏を申す可きの由の起請文を書けば安堵す可きの旨下知せしむるの間、頼円は下知に随つて起請を書いて安堵せしむと雖も日禅等は起請を書かざるに依つて所職の住坊を奪い取るの時・日禅は即ち離散せしめ畢んぬ、日秀・日弁は無頼(むらい)の身たるに依つて所縁を相憑(あいたの)み猶寺中に寄宿せしむるの間此の四箇年の程・日秀等の所職の住坊を奪い取り厳重の御祈祷を打ち止むるの余り悪行猶以て飽き足らず為に法華経行者の跡を削り謀案を構えて種種の不実を申し付くるの条・豈在世の調達(ちょうだつ)に非ずや。

 凡そ行智の所行は、法華三昧の供僧・和泉房蓮海を以て、法華経を柿紙(しぶかみ)に作り紺形に彫るは重科の上謗法なり。仙予国王は閻浮第一の持戒の仁、慈悲喜捨を具足する菩薩の位なり。而も又師範なり。然りと雖も法華経を誹謗するばら(婆羅)門五百人が頭を刎ね、其の功徳に依って妙覚の位に登る。歓喜仏の末、諸の小乗・権大乗の者法華経の行者覚徳比丘を殺害せんとす。有徳国王は諸の小権法師等を、或は射殺し、或は切り殺し、或は打ち殺して迦葉仏等と為る。戒日大王・宣宗皇帝・聖徳太子等は此の先証を追って仏法の怨敵を討罰す。此等の大王は皆持戒の仁にして、善政未来に流る。今行智の重科は□□べからざるか。然りと雖も日本一同に誹謗を為すの上は其の子細御尋ねに随って之を申すべし。

 堂舎修治の為に、日弁に御書下を給い構え置く所の上葺榑(うわぶきくれ)一万二千寸の内八千寸を之を私用(しゆう)せしむ、下方の政所代に勧めて去る四月御神事の最中に法華経信心の行人・四郎男を刄傷せしめ去る八月弥四郎坊男の頚を切らしむ、日秀等に頚を刎ぬる事を擬(ぎ)して此の中に書き入れ無智無才の盗人・兵部房静印(じょういん)より過料を取り器量の仁と称して当寺の供僧に補せしめ、或は寺内の百姓等を催し鶉狩(うずらがり)・狸殺(たぬきころし)・狼落(ししおち)の鹿を取りて別当の坊に於て之を食らい或は毒物を仏前の池に入れ若干(そこばく)の魚類を殺し村里に出して之を売る、見聞の人・耳目を驚かさざるは莫し仏法破滅の基(もとい)悲んで余り有り。此(か)くの如き不善の悪行・日日相積るの間日秀等愁歎(しゅうたん)の余り、依つて上聞を驚かさんと欲す、行智条条の自科を塞(ふさ)がんが為に種種の秘計を廻らし近隣の輩を相語らい遮(さえぎ)つて跡形も無き不実を申し付け日秀等を損亡(そんもう)せしめんと擬するの条言語道断の次第なり、冥に付け顕に付け戒めの御沙汰無からんや、所詮仏法の権実沙汰の真偽・淵底を究めて御尋ね有り且は誠諦(じょうたい)の金言に任せ且は式条の明文に准し禁遏(きんあつ)を加えられば守護の善神は変を消し擁護(おうご)の諸天は咲(えみ)を含まん、然れば則ち不善悪行の院主代・行智を改易せられ将た又本主此の重科を脱れ難からん何ぞ実相寺に例如せん、誤まらざるの道理に任せて日秀・日弁等は安堵の御成敗を蒙むり堂舎を修理せしめ天長地久御祈祷の忠勤を抽(ぬき)んでんと欲す、仍て状を勒し披陳(ひちん)言上件(くだん)の如し。

弘安二年十月 日 沙門 日秀 日弁等上

大体此の状の様有るべきか。但し熱原の沙汰の趣に其の子細出来せるか。

by johsei1129 | 2019-11-14 21:27 | 日興上人 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23267747
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 熱原の三烈士を、鬼に身を投げて...      一閻浮提の内に仏の御言を助けた... >>