人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 03日

第九に正像未弘の所以を示さば【三重秘伝抄第一】


第九に正像未弘(みぐ)所以(ゆえん)を示さば

 文に云わく「竜樹・天親は知って(しか)も弘めたまわず、(ただ)我が天台智者のみ之を(いだ)けり」文。文を分かちて二となす、初めに通じて三種を結し、次に「但」の下は別して第三を結するなり。

 初めに通じて結すとは、竜樹・天親内鑒(ないがん)冷然(れいねん)なりと(いえど)(しか)外適(げちゃく)時宜(じぎ)の故に正法千年の間、三種(とも)に之を弘めざるなり。故に本尊抄に云わく「問ふ竜樹・天親は如何(いかん)。答ふ此等の聖人は知りて之を言わず、(あるい)は迹門の一分之を()べて本門と観心とを云わず」云云。竜樹・天親は三種倶に之を弘めず、故に「言わず」と云うなり。(しか)りと雖も若し迹門に(おい)て一念三千を宣べずと雖も、或は自余の法門を宣ぶ故に「一分之を宣ぶ」と云うなり。若し本門と観心とに於ては一向に之を宣べざる故に「云わず」と云うなり。本門と言ふは即ち是れ第二なり、観心と言ふは即ち是れ第三なり、文底(もんてい)(もと)是れ(じき)(たつ)(しょう)(かん)なるが故なり。
 別して結すとは、天台は(ただ)第一第二を宣べて而も第三を宣べず、故に「之を懐く」と云うなり。
 問ふ、天台は即ち是れ迹門の導師なる故に(ただ)迹門理の一念三千を宣ぶ、故に治病抄に云わく「一念三千の観法に二あり、天台・伝教の御時は理なり、今の時は事なり、彼は迹門の一念三千、是れは本門の一念三千、天地(はる)かに異なり」云云。(すで)に彼は「迹門理の一念三千」と云ふ故に知んぬ、但第一を宣べて第二を宣べず、何ぞ第一・第二を宣ぶと云うや。
 答ふ、大師
()お第一・第二を宣ぶるなり、若し第二を宣べざれば(すなわ)ち一念三千其の義を尽くさざる故なり。十章抄に云わく「止観に十章あり。大意より方便までの六重は前の四巻に限る、此れは(みょう)()迹門の意を宣べたり、第七の正観、十境十乗観法は本門の意なり。一念三千の出処は略開三の十如実相なれども義分は本門に限る」略抄。(ただ)像法迹門の導師なるが故に第一を(おもて)となし、第二を裏となすなり。故に本尊抄に云わく「像法の中末に観音・薬王、南岳・天台と示現し、迹門を以って面と為し、本門を以って裏となし、百界千如、一念三千其の義を尽くすと雖も但()()を論じて()(ぎょう)の南無妙法蓮華経の五字七字並びに本門の本尊、未だ広く之を行ぜず」等と云云。若し治病抄の文に今日迹本二門(めん)()異なりと雖も通じて迹門理の一念三千と名づくるなり。故に本因妙抄に云わく「脱益の法華経は本迹(とも)に迹なり」等云云。本尊抄に云わく「迹を以って面となし本を以って裏となし、一念三千()の義を尽くすと(いえど)も但理具を論じて」等云云。「但理具を論じて」の文、「天台・伝教の御時は理なり」の文、之を思い合わすべし。故に知んぬ「彼は迹門の一念三千」と云ふは面裏の迹本(とも)に迹門と名づくるなり云云。若し(しか)ば天台は第一第二を宣ぶること文義分明なり、而も未だ第三を弘めず、故に本尊抄に云わく「()(ぎょう)の南無妙法蓮華経の五字七字並びに本門の本尊未だ広く之を行ぜず」等云云。
 問ふ、天台第三を弘めざる所以(ゆえん)如何(いかん)
 答ふ大田抄に云わく「一には自身
()えざる故に、二には所被(しょひ)の機なき故に、三には仏より(ゆず)り与へられざる故に、四には時来たらざる故なり」云云。

日享上人註解

○三種とは、権実、本迹、種脱の三種の法門である。

○内鑑冷然とは、冷然は明了の義で内鑑は内証の(かん)()である。心には明らかに之を知っているけれど、時の様子を(かえり)みて口に出して云はぬのである。

○自余法門とは、天親菩薩の法華論の種子無上の如き、竜樹菩薩の大論の般若非秘密・法華秘密のやうな渾然(こんぜん)たる法門を云ふのである。

○観心とは、天台の己心の一念三千を観ずるのとは別である。

○迹門の導師とは、天台智者大師は迹化(しゃっけ)の薬王菩薩の後身として支那に出現し、法華経の迹を像法に弘められた大導師である。

○止観十章とは、摩訶止観一部が十章に分たれてある。即ち一大意、二釈名、三体相、四摂法、五偏円、六方便、七正観、八果報、九起教、十指帰である。其の第七の正観の章とは止観の五の巻にあって、始めて一念三千が明かされ、十境と十乗とに約して細説せられて十の巻までに大概終るのである。

 十境とは、陰境・煩悩境・病患境・業相境・魔事境・禅定境・諸見境・慢境・二乗境・菩薩境である。初めの陰境と云ふのは五陰、十二入、十八界を観智の境として其れに向かって妙観を成ずるのである。二の煩悩境以下此れに準じて知られよ。

○十乗とは、一観不思議境、二発真正菩提心、三善巧安心、四破法徧、五識通塞、六道品調適、七対治助開、八知位次、九能安忍、十離法愛である。初めの観不思議境とは十乗観法の根本でありて、先ず現前の一念心を空仮中の三諦と観じ、三千を成ずるが故に上根の人は此れだけで一念三千の観が成るけれども、中下根の人の為に次の九境が必要となるのである。

○理具とは、台家に云ふ所の理具の一念三千及び事変の一念三千は事理共に理上の法であるから、台家の事理は共に今家の理となる道理で、吾が家の事行の三千は台家の事変の三千とは雲泥(うんでい)の相違である。

○面裏迹本とは、台家の迹面本(しゃくめんほん)()である。

○自身堪えずとは、天台大師は迹化(しゃっけ)菩薩であ本化弘通(こら)ないである。(なお)次下第十末法四故対照益々であらう。

○所被の機とは、像法の本已(ほんい)()(ぜん)中根で、末法下根(ほん)未有(みう)(ぜん)

○仏より譲り与へられざるとは、神力品の妙法付属は本化の上行菩薩等であって、天台の本地たる薬王等の迹化の菩薩には止善男子と排斥して本法を与へられぬのである。

○時来らずとは、天台は像法の中にあって本法の弘まるべき悪世末法(ごの)百歳り。

           第十に末法流布の大法を示すとは 一 に続く

三重秘伝抄 目次
六巻抄 目次




by johsei1129 | 2014-11-03 21:04 | 日寛上人 六巻抄 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23224011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第十に末法流布の大法を示すとは...      第八に事理の一念三千を示さば【... >>