人気ブログランキング |

日蓮大聖人『御書』解説

nichirengs.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 02日

第七に種脱相対して一念三千を明かすことを示すとは 一【三重秘伝抄】

 

 第七に種脱相対して一念三千を明かすことを示すとは、


 今「文底秘沈」と言うは上に論ずる所の三千は(なお)是れ脱益(だっちゃく)にして(いま)だ是れ下種ならず、若し其れ下種の三千は(ただ)文底に在るが故なり。
 問ふ、(いず)れの文底に在りと()んや。答ふ、古抄の中に種々の義あり、
 有るが(いわ)く、如来如実知見等の文底なり、此の文(のう)知見(ちけん)を説くと(いえど)(しか)も文底に(しょ)知見(ちけん)あるが故なり。
 有るが謂く、()好良薬(こうろうやく)の文底なり、是れ即ち良薬の体、妙法の一念三千なるが故なり云云。
 有るが謂く、如来秘密神通(じんつう)之力(しりき)の文底なり、是れ則ち文面に本地相即の三身を説くと雖も文底に即ち法体(ほったい)の一念三千を含む故なり云云。
 有るが謂く、但是れ寿量品の題号の妙法なり、一念三千の珠を(つつ)むが故なり。
 有るが謂く、通じて寿量一品の文を指す、是れ則ち発迹(ほっしゃく)顕本(けんぽん)の上に一念三千を(あら)わす故なり。
 有るが謂く、(ねん)()(じつ)成仏已来(いらい)の文なり、是れ則ち秘法抄に此の文を引きて(まさ)しく一念三千を証す、御義口伝()には事の一念三千に約して此の文を釈する故なり云云。
 有る師の云わく、本因妙を説くに但三妙を明かす、所謂(いわゆる)我本行は是れ行妙なり、菩薩道は是れ位妙なり、所成寿命は是れ智妙なり、故に天台云わく「一句の文三妙を(しょう)(じょう)す」等と云云。然るに妙楽云わく「一句の下は本因の四義を結す」と云云。是れ即ち智には必ず境あるが故なり。故に知んぬ、文面は(ただ)智行位の三妙と雖も文底に境妙を秘沈したまえり、境妙は即ち是れ一念三千の故に(しか)云うなり。


日享上人註解

○古抄とは、朝抄健抄等の如き御書を注釈した古書である。開目抄上の啓蒙に(くわ)てある。の中抄出(しょうしゅつ)である。

○如来如実知見等とは、能知見は果上の仏の知見で、所知見は因位の衆生の知見を指すが、仏知見は文上に(あら)衆生文底方便品十如実相一念三千文上で、寿量品如来如実知見一念三千文底であ相対浅義であ

○是好良薬とは、絶対的の()やうであ(ばく)浅義である。

○如来秘密神通之力とは、其の取りやう上の如来如実知見と酷似(こくじ)ていが、衆生相対め、法体(ほったい)相対る、(しか)であって法体衆生()(むね)である。

○寿量品の題号とは、是又是好良薬と酷似してをる。

○通じて寿量の一品を指すとは、(もっと)漠然(ばくぜん)浅義全文通用狡猾(こうかつ)やうである。

〇然我実成仏等とは、上来の五義(みな)妥当ない日講(つい)自見吐露(とろ)である。練磨実義()(せつ)高尚肯綮(こうけい)(あた)

○秘法抄等とは、三大秘法抄の「寿量品に云わく然るに我実に成仏して已来(いらい)無量無辺等云云世尊久遠(くおん)(じつ)(じょう)当初(そのかみ)一念三千り」であ

○有る師の説に云わく等とは、此の義(ようや)正義()しい(ことば)ぬ。

○智行位等とは、境智行位の四妙は迹門の十妙の中で衆生発智の順序ぢゃから、本門で果上の十妙を明かす時は無用である。故に此の迹門の四妙は十門では本因妙の中に含む四義となるのである。

第七に種脱相対して一念三千を明かすことを示すとは 二 に続く

三重秘伝抄 目次
六巻抄 目次




by johsei1129 | 2014-11-02 22:50 | 日寛上人 六巻抄 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://nichirengs.exblog.jp/tb/23220480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 第七に種脱相対して一念三千を明...      第六に本迹相対して一念三千を明... >>